万引き家族の作品情報・感想・評価・動画配信

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

タンス

タンスの感想・評価

5.0
正論を言っている人が、何も分かっていない、とてもバカな人達に見える。
褒められはしない人達の集まり、家族(仮)みたいな関係なのに、微笑ましく羨ましく感じる、素敵。
1方向からだけじゃ物事は全然わからないんだなぁという感じ。
とても面白かった。
める

めるの感想・評価

4.5
みんなの演技がすごい。
おとな。

頑張って生きてる姿がいい、
Kotoeniida

Kotoeniidaの感想・評価

4.0
観終わってからこのジャケ写というか、家族写真を見て涙腺が崩壊した。
tvku

tvkuの感想・評価

3.8
服燃やす場面とおばあちゃんの海からの流れ良い。日本中にあるあーいう家を再現したセットすごい。
みんながこれ観てやさしい世界になれば良い
とにかく演技が神がかってる
子役も含め全員演技うまかった
最後は暗くて、自分に考察はお手上げ
この先どうなっていくんやろーっていうモヤモヤが残ったけど、それはそれで是枝監督の特徴?
BeSi

BeSiの感想・評価

4.8
またしても是枝裕和監督の世界に魅了された。東京にそびえる高層マンションの谷間にひっそりと建つ家で暮らす5人家族。彼らは「万引き」をすることで生計を立てていた。しかし冬のある日、近所の団地の廊下に寒さに堪えている女の子ゆりを見かねた治が引き取ったことでこの家族の真実が明らかになっていく。是枝裕和監督の作る映画でやっぱり感心するのは、極限までリアリティを引き出す為に駆使する撮影方法や出演陣の演技の秀逸さだ。リリー・フランキーはもちろんのこと、安藤サクラや樹木希林の鳥肌が立つほどに自然な演技に衝撃を受けた。城桧吏くんや佐々木みゆちゃんも驚異の新人と言っても過言ではないほどだ。松岡茉優演じる亜紀が祖母の初枝に色々と物事を教えるような細かい場面にも是枝監督のこだわりが見える。そして、この今までに無いようなストーリー。本当は血縁の無い人々が、ひとつの「家族」として生きる事の苦悩が痛々しく描かれていて、治と祥太がバス停で別れるシーンは胸が張り裂けそうだった。「家族」とはなんだろう。「愛」とはなんだろう。そんなことを考えさせられる映画。パルム・ドール受賞も納得のいく是枝裕和監督の最高傑作。
西

西の感想・評価

3.9
全員の演技がすごくリアルで、本当に辛くて胸が締め付けられる思いになった。
bluejuice

bluejuiceの感想・評価

3.3
たまに、親をみていると本当に血がつながっているのか、出産時に間違えてこの親に引き取られた可能性とかいろいろ考えることがある。だけど、『家族』という言葉は血がつながっていることで成立する言葉じゃくて、一緒にご飯を食べたり、話を共有したり、相談したり今の自分につながる過程を『家族』っていうんだなってこの映画をみて強く強く再認識した。血が繋がっていないから、母親じゃないとか、血なんてどうでもいい。自分が思う親が本当の親なんだよ。私は親に産んでくれたことより、育ててくれたことに感謝したい。
みんな普通に暮らしているように見えて、どこか破綻を抱えてる。それでその破綻が露わになった瞬間に今まで通りではいられなくなってしまう。でもバレなきゃそのまま。バレなきゃ。
mommy

mommyの感想・評価

3.0
あの涙は、
どんな感情をあらわしているだろう。


この人たちの生き方はきっと肯定できるものではないけれど、
この人たちにとっては必死だったのだろうか。


樹木希林さんの海でのシーンが、
あぁ、なんだかもうこのときすでに意識されていたのかな。。。というカットに感じた。
>|