焼肉ドラゴンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

焼肉ドラゴン2018年製作の映画)

上映日:2018年06月22日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.6

あらすじ

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑…

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。 “たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。 そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

「焼肉ドラゴン」に投稿された感想・評価

おっと

おっとの感想・評価

4.8
滑り込みギリセーフで映画館に観に行けた。
鄭さん舞台が映画になるのか…と思ってドキドキしながら観に行ったけど最高に素敵だった。
映画だから掛け合いの(漫才みたいな)セリフとかカットされてる部分も多かったけど、映画にするには最適のスッキリさ。
ストーリーは言わずもがなほんとに素敵。

鄭さんの戯曲でよく使う花火の演出大好きなんだけど、映画でもすごく素敵に生きてて嬉しかった。泣いた。

アッパの表情のお芝居がすごく響いた…表情では泣いてないけど心がすごく泣いてるのがめちゃくちゃ伝わった。舞台では伝えるのが難しい表情だし、映画ならではだなってなったし、響いた。

音楽がちょっと微妙だったけどお芝居が良かったからいい!!!!!

みんな見て
まさき

まさきの感想・評価

5.0
大きな声で叫ぶほどオススメしたい。
観るべき映画。
@uplink渋谷
笑いあり涙ありで、観て良かったー。
お父さん役の人が良い味だしてる。
でも焼肉感はほぼない。
Piyong

Piyongの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ガチャガチャした中でキムサンホさんの静かなアボジがいいね〜 ずーっと静かだっからこそラスト近くの慟哭のシーンが心をうつ。真木よう子のセリフのないシーンの演技がいい。
Kaito

Kaitoの感想・評価

4.0
表面的には一番身近な外国籍コミュニティの泣き笑いを描いていますが、日本の現代史で無視されがちなコリアタウンの成立理由や差別、帰国運動や済州島四・三事件が背景にあり、国家と家族について考えさせられる骨太な話でした。
「万引き家族」に続き、タイトルから想像していた内容が、良い意味で裏切られました。
1970年頃の在日韓国人。彼等が感じる不満、彼等から見た日本の理不尽なところを伝えてくれる物語。差別、いじめなど盛りだくさんですが誰にも感情移入できずつらかったです。
Mimi

Mimiの感想・評価

4.2
パワフル。日本の在日差別への認識が足りないなといつも思うからこそもっといろんな人がこういう映画を見るべきなんじゃないかって思う。
misty

mistyの感想・評価

3.5
舞台の映画化とは知らなかった。まあよくしゃべり泣き笑い怒り、一心同体で生きている家族。混み入った生い立ちや人間関係、濃い!2時間だった。男は昼から酒を飲み女は昼からブチ切れツケも払われることなく過ぎていく小さな毎日は大きな時代の流れにあってもたしかに存在していた。

韓国には家族をとても大事にする文化があると聞いたことがあったけど、まさに、何をおいてもまず家族!で、あの国有地エリアに住んでた在日韓国人のご近所さんぐるみでひとつの家族!みたいな器の大きさというか、悲しいことはあるけど基本的に誰も退場しないところが面白かった。結局みんなここにいる。

うわ〜いいシーン来た!とグッと来てる間もなく笑いでひっくり返される(その逆も然り)連続で忙しいといえば忙しいがそれもまた人生圧縮ダイジェスト…と思えばもとが舞台作品だったこともなんとなくわかるような気がしたし、それだけ目まぐるしい時代でもあったってことなんだろうな。焼肉行きたい。

それにしても大泉洋、それはさすがにダメ男すぎむりむり絶対むりこんな男だけはあかんと思うのに「ほんまダメな人やねえ…」て受け入れちゃう真木よう子エエーーーッ?!?!大泉洋マジック炸裂…
人間関係も感情も熱い。濃い。こんな歴史があったのかと初めて知った。何があっても明日へ向かって希望を捨てない強さ。子供達夫婦を新天地に送り出すが、多分幸せな未来が来ないだろうことが予想されるのが悲しい。
hymasumin

hymasuminの感想・評価

3.8
アボジ、オモニが秀逸。韓国と日本の俳優の実力の差を感じるばかりでした。
ラストはアボジとオモニの演技力で引き締められたように思います。
とくに井上真央が全編通して自然じゃなかった
映画はまるで舞台演劇を観ているような感じで、映画ならではの空間の広さを感じられなかったのが残念。