焼肉ドラゴンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

焼肉ドラゴン2018年製作の映画)

上映日:2018年06月22日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

あらすじ

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑…

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。 “たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。 そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

「焼肉ドラゴン」に投稿された感想・評価

高度成長期の波が押し寄せる中、別空間に在日韓国人が暮らし、焼肉屋を営む夫婦と家族、そしてそこに集まる人達の物語。
お母ちゃん(韓国の女優さん)の存在感がハンパない(^^)
この人、好きだわ~。

第二次世界大戦のとばっちりで韓国に帰りたくても帰りそびれた人達!
今はコリヤンタウンとして有名になった新大久保もそんな場所だったのかな~とふと考えてしまいました。

観ていて複雑な思いでした。
今はだいぶ差別的な事は減ってきているのかも知れない。
でも、忘れてはいけない日本の人間として恥ずかしい歴史。
また、周りでは涙している方もいらっしゃいましたが、私は全く泣けませんでした。
oka

okaの感想・評価

3.8
日本の演劇賞を総なめにした、舞台『焼肉ドラゴン』の作・演出を手がけた鄭義信が自ら脚本と監督を務めて映画化。

そんな情報すらも知らずに鑑賞。

高度成長期と言われている昭和45年の関西で焼き肉屋(ホルモン屋)を営む在日コリアン家族の話。

メインは6人の家族、美人3姉妹の婚約者、数人の男性客、、殆どの出演者はコリアンの設定。

コメディー映画かと思ったらシリアスな話題もあり 面白かった。

ふと日本人との違いを考えてみた。
男女とも愛情表現を相手に伝えている。
さらに女性陣の感情表現が激アツ。
日本人に比べて 怒り、悲しみの時 全身で表現している。
これって今も変わらないような気がするので 国民性なんだろうなぁと思う。

日本で生きる在日コリアンの話を1つの家族を通して映画で観ることにより、韓国、日本 両方の立場の気持ちが(少なからず)理解でき 観てよかったと思った。
映画のラストもリアルでいろいろ考えさせられた。
大泉さん、、、
試写会で観て参りました。
限りなく満点に近い濃密な人間ドラマ。汗と涙と笑顔が溢れた家族愛の物語。

私は絶賛よりの人間ですが、全く合わない方もいらっしゃるかな?とは感じます。

理由としては、描写が生々しいというか人間臭さ過ぎるんですよね。特に大泉洋。
決してフィクションだけで片付けられる問題ではない。様々な想いが交錯する人間関係、各々が抱える大きな問題。

一見平和そうな家族に見えても、その内情は家族にしか分からない痛みで満たされていた。後悔や焦燥感、他人が理解出来る痛みではないのかもしれない。

でも、この家族は前を向いていた。
素直な気持ちをぶつけ合い、一時は傷つけ合ったかもしれない。その痛みを乗り越えて強くなった。家族皆で強くなった。

一緒に泣いたり笑ったりした想い出は決してなくならない。例え離れ離れになったり場所がなくなったとしても。

それに対比するかの様に描かれた時生の存在も良かった。時生の存在がなければここまで魅力的な作品にならなかっただろう、と思うほどに。

減点対象としては、酒の飲み合いのシーンが長過ぎました笑
それ以外は完璧な作品。
えり

えりの感想・評価

3.5
試写会にて。伊丹空港がまだ米軍の飛行場だったころのお話。

実際のところ予想よりもはるかにシリアスなストーリーに、井上真央や桜庭ななみの好演、そしてなによりアボジとオモニを演じたお二人の演技力に脱帽。
ただし感情の起伏が激しすぎて見ていて取り残された気分も少々。

しかしながら新天地を求めた哲ちゃん(大泉洋)の葛藤など、踏み込んで描けばどこまでも深い物語に、これが歴史であることを思い知らされる。

協力企業の中にグランシャトーの名前を見つけて思わず笑いました。なるほど。
apininini

apinininiの感想・評価

2.9
男も女もくそで、勝手に盛り上がってて、取り残されてる感。
お父さんお母さんが素晴らしすぎて。あと井上真央。
お父さん,素晴らしい雰囲気の役者さんです。
故郷と国籍、還りたい人,帰れない人
当事者の気持ちが理解できない自分に気づいた作品でした(乂・ω・)
びー

びーの感想・評価

3.0
試写会見ました。前情報はなしで見たので思ってた内容とまるで違いました。
重い映画でしたね。
クスッと笑えるところもあったけど、ひとつひとつのシーンが長くて辛かったなぁ
お父さんとお母さんの演技は引き込まれました
オピ

オピの感想・評価

4.0
クセの強い映画なのは確か!
ただ、描こうとしてる内容は、日本映画としては、全国ロードショー映画としては賞賛すべき題材だと思った。
キャストは皆良かったし、このキャストでもっと大衆的に迎合した映画も撮れただろうに…そこの意味合いを感じられる、いい意味で、裏切られる映画であったら、最高の結果となるだろうなと、。

繰り返しますが、クセは強いので、賛否は別れるのかなー

でも最後のシーンではきっと、ぐっとくるはずです!
夫婦って、家族っていいなって、感じる作品でした。
ラストシーンで笑ってほんわかした気分で劇場を出れます❗
試写会。

最初から中間までは、演技が大げさ過ぎてかうますぎてなのか、そこにしか気が回らず、、ストーリー的になかなか大きな展開がないと思って観ていた。けど、だんだんと過去のことが明らかになったりと、変化が現れて観やすくなった。最後の別れのシーンで、初めて家族みんなが笑顔でいる姿を見て、やっとひとつになれたのかな〜って気もした。泣きながら笑える映画。