父、帰るのネタバレレビュー・内容・結末

「父、帰る」に投稿されたネタバレ・内容・結末


『父、帰る』

2003年公開のロシア映画

.
海辺の貧しい田舎町で
近所の悪ガキ共と
度胸試しをしている兄弟の元へ
父親が帰ってきた

12年ぶりに帰って来た父は
家族を困惑させる

あまりにも幼い頃に
出て行った父親だったため

屋根裏部屋の箱から
古い写真を探し出し
確認する兄弟

家族の困惑も顧みず
翌朝から旅に出ると言い出す父親


期待と不安が入り混じった気持ちで
父と子の旅が始まる

行き先も目的も知らされない兄弟

まだ幼い息子達と
うまくコミュケーションが取れない父

ギクシャクしながら
辿り着いたのは
無人島だったが…


という話


登場人物の兄弟同様
観る者達にも
父の目的が知らされる
コトが無いまま
衝撃の結末を迎えるという

なんともトリッキーな作品


12年ぶりに帰ってきて
お互いに距離感が掴めず
ぶつかり合う父子

事勿れ主義で
問題を先送りにしてしまいがちな兄と

気が弱く、臆病だけど
異常に頑固な弟

不在だった期間の出来事を
全く話さず
自分の目的を果たすついでに
親子関係を
手短に構築しようとした父

横暴とも言える行動に
持てる限りの反抗をする兄弟だが

父の、時折見せる
頼れる大人の男の一面で
激しく心揺さぶられる

思いも寄らない出来事に
直面した兄弟が
僅かな時間で
青年へと成長するという

兄弟の成長譚だったんだと
気付かされる訳だが

あまりにも説明が無さすぎて
鑑賞直後は
唖然としてしまうコト請け合いだ




#父帰る
#静かな映画しばり
#休日映画鑑賞
#歴史好き
タルコフスキーを彷彿とさせる神々しいショットの数々……映像作品の醍醐味

偉大なる父から息子
愛と魂は連鎖する、、やはり愛!
そこじゃないんだよ、と言わんばかりに明かされないまま終わる謎
終盤、まるで父親のように振る舞う長男の姿が本作の答えなのかと思っていた
しかし、写真を見るうちにおかしな気持ちになった
しばし考えた後、少しゾッとした
とても楽しそうな兄弟、あれは、いつ?

こういう乗り越え方もあるのか
長年家を空けていた父がイワン達の元に帰ってくる。イワンと兄のアンドレイと車で旅に出かけるが・・。サスペンスタッチで、父に対する態度が正反対の兄弟が口数の少ない横暴な父と旅を続ける。旅をつづけ、父を亡くしたことで成長する兄弟が見もの。見ごたえのある映画だったが、父の電話先とか未解決の部分が残り、消化不良気味。父がベットで寝てるシーンは絵画のオマージュだね。
128
初めてのロシア映画
美しい 料理の青い 黄色
いい映画だが
悲しいすぎだ
悲しみも静かに語う

あおい
雨 青 
明るい青、暗い青
海 空

悲しい
私と似た同士の弟をみるの辛い 
意地を張るね、そっくり

悲しい物語たくさんみて意地を張りなくなった。

人との感情はやはりちゃんと一緒に日々いないと深めていけないよね。
血の繋ぐ親子も一緒に過ごすのが大事だね

写真のレイアウト 雰囲気
やはりフィルムがいい
めっちゃおもろい。ズビャギンツェフ好きかもしれん、これから新作要チェックだ。

突然帰ってきた父vs兄と弟。特に弟が超絶反抗的で、強権的な父親に歯向かうは口答えするわ。これ私の弟やん!!笑 と思って大爆笑だった。私はこのお兄ちゃんと同じような感じで場を丸く収めようと親に逆らわないタイプだったけどうちの弟はまぁ何やかにやと親と衝突していて、呆れる半分羨ましかった。こんなに自分の不満をストレートに表現できるのすごい。恐れより感情の爆発が先走るの。とにかく、そういう弟あるある親あるある兄弟あるあるみたいな楽しさがまず一点!

そして、物語が終始謎に包まれている。なぜ?の答えが一切与えられない。なぜ父は突然帰ってきたのか?どこから帰ってきたのか?父の言う用事とはなんだったのか?誰に電話をかけていたのか?そして最後、なぜ写真から父は消えた…?
考え始めるとキリがないくらい質問が浮かんでくる。さらに最初に父の写真が挟まれていた本の挿絵の意味とは?最初と終わりで父は同じポーズ、仰向けに寝ている、をとるのはなぜなのか…気になる、気になる!みんなでズビャギンツェフの映画について話し合いたい!!!

ママやたら美人。
父が島で掘り出してたのは何なの?
気になって仕方ないんだが。

う〜ん、嫌いじゃないけど個人的にはイマイチだったかな。
なんかみんな変で感情移入できなかった。

父が何故いなくなり急にまた戻ったのかを説明しないまま戻った次の日いきなり息子と旅に送り出す母親が変。
言葉で語ろうとしない父親も変。
突っかかってばかり反抗してばかりの次男も変。

「喋れよ!」

家族といえど会話は大事。
全ては説明から始めよ。

風景はとても綺麗で印象的だった。
近年の映画によくあるこった伏線はない。ただ兄弟の表情の豊かさと自然の美しさの描写が光る。

しかし、気になる点がいくつかある。これが伏線といえば伏線かもしれない。
まず、この物語は月曜日から土曜日までの時間を切り取っている。月曜に父が帰ってきて、金曜に死ぬ。そして土曜日は悲しみと罪を抱えて兄弟は帰郷する。もしこれが仮にキリスト教とオーバーラップしているなら、キリストは金曜日の午後に死に、土曜日は死者のために祈られ、日曜に復活する。この物語も日曜に何食わぬ顔で父が現れることを期待したが、物語が土曜日で終わってしまう(が、そこまでのストーリーは重なっている)。
次に、写真のモチーフが何を指すか。最後、写真はどんどんと時代を遡る。途中、父親がいない集合写真が現れるので、父親がいない世界になったのかと思ったが、最後に父親の写真が現れ、たしかにこの世界に父がいたことが明確になる。
キリスト教の父は愛の神であるが信じないものには非常に厳格である。そして、人間の目には見えないが必ずそこここにいる(と考えられている)。従って、この辺りもかなりキリスト教的に読み取れるような気がする。
またロシアで12使徒のアンドレ(ロシア語でアンドレイ)は非常に重要視されており、元々漁師である。
ずっと昔に観たのを何かの拍子に思い出して観賞。最近U-NEXTで配信された様。

今観ると、親子関係とキリスト教的宗教観に被せて、資本主義への戸惑いがテーマになっているのでは、と感じた。

車・金・時間はどれも資本主義の構成要素。
タスクを与え、結果を評価することや、設備投資によって前進することもわかりやすく資本家的な振る舞いだ。

ソ連が崩壊し、資本主義の波に飲まれたロシア。特に生まれながらに共産主義(母性)の中に育った世代には戸惑いが大きかっただろう。
しかし好むと好まざるとにかかわらず、もはや後戻りは出来ない。置き去りにされた橋の上で、立ち止まっても物事は解決しない。冷凍トラックが追い越していく。きっと市場で売り買いされる大量の魚が運ばれているのだろう。
資本主義の世界では資本家が神様だが、彼らは忙しく色々な事(事業)に手を出し、食事を与え、状況変化によって計画を変更し、その殆どが自ら予想もし得ない結末(成功であれ、失敗であれ)を迎える。

資本家でない者に、車に乗る以外の選択肢は与えられない。それでも振り返った時に楽しかっと思えるほどの思い出を作る自由はある。
自業自得っすよ、父。
旅行中、父が子供にやってた事はまあ、教育だろう。
けど、それこそ12年かけて教えてやるべきことだ。
あんな自分勝手な父親、反抗して当然だろう。
どー見ても堅気の親父ではないよねw
けれど、最後、パパー!と二人で叫ぶ、、、やっぱり父親なんだよな。

兄弟の絆が強まったのか、、ただただかわいそうな出来事として思えないね。

反抗するのが弟なのが意外だった。
大概、年上の子が懐かないってパターン多くない?
まあ、兄の場合、懐くと言うより年の功で多少の計算もあったとは思うけど。
>|

あなたにおすすめの記事