ベル・カント とらわれのアリアの作品情報・感想・評価・動画配信

「ベル・カント とらわれのアリア」に投稿された感想・評価

odyss

odyssの感想・評価

3.0
【テロリストの運命】

アメリカ映画ですが、渡辺謙が日本の実業家役で主役をやっています。
舞台は南米の某国。仕事上の訪問という口実で彼はその某国を訪れるのですが、実は世界的なソプラノ歌手の歌を聴くのが本当の目的。この歌手の役がジュリアン・ムーア。

ところが、某邸宅で歌手が歌っている最中にテロリストが襲ってきて、その場に居合わせた面々は人質にとられてしまう。

しかし、警官隊に囲まれた邸宅でテロリストと人質が一緒に暮らしている間に・・・という筋書。

いわゆるストックホルム症候群をテーマとした映画。恐ろしげなテロリストだって人間だし・・・ということ。

悪くはない。でも、決定的なインパクトを持つ映画にはなり得ていないような。

ラストが甘くないのが、いいところかも。

私が思い出したのは、昔、日本の飛行機と西ドイツの飛行機が、ほぼ同時期にテロリストに飛行機をハイジャックされるという事件が起こっていることです。

1977年、日航機が日本赤軍にハイジャックされ、バングラディシュの首都ダッカに着陸させられました。犯人側から、日本の刑務所につながれている仲間を釈放しろという要求が。当時の首相・福田赳夫は、超法規的措置と称して要求を受け入れました。

同じ頃、西ドイツの飛行機もテロリストに乗っ取られました。やはり同様の要求が出されたのですが、西ドイツ政府がとった対応は日本と正反対。夜、秘密部隊をその飛行機に潜入させ、犯人グループと銃撃戦の末、犯人たちを射殺しました。さいわい乗客は全員無事だったのですが、機長が銃弾に当たって亡くなっています。

言うまでもなく、西ドイツの方法が国際標準なのです。(もっとも、欧米が例外なくこういう方法をとっているとも言えませんが。)
言い換えれば、戦後日本は保守政治家ですら平和ボケになっていたということでしょう。
ROY

ROYの感想・評価

3.5
南米であるパーティーが開かれるが、そこで世界的オペラ歌手の歌が始まるって時に、突如テロリストに占拠されてしまう。政府はテロリストの要望をなかなか通さぬ間、少しずつテロリストと人質の間に変な絆が生まれていく。

実話ベースの話。
実際は1990年代にペルーの日本大使館で起きたことらしい。
テロリストが何をしてきたかは知らないが、残忍なただの人殺しではなくきっと根はいい人たちなのかな。
でないと一緒に食卓を囲んだり、歌を教えたりなどできないよね。
結末は分かってはいたけど、不思議と悲しくなった。
加瀬亮がいい味出してたな。
ジュリアン・ムーア縛りラストは、日本人の活躍が光る作品でした。

20220901.0351.1230
在ペルー日本大使公邸占拠事件。。。うっすら記憶にあるなぁ。

長期に渡る占拠の中でテロリストが人質に親近感を覚えるというリマ症候群なる状況が描かれている。

事件現場の外の世界から見ると滑稽であっても内から見るとさもありなん。情が湧く過程に違和感なく引き込まれて、突然の幕引きには切ない想いしかなかった。辛いね。
Rio

Rioの感想・評価

3.5
実際に南米で起きたという日本大使館人質事件をベースにした作品。まだ子供だったから事件のことは知らず…
犯人グループと人質の関係性の変化が丁寧に表現されていたから、見ていて感情移入しちゃう💦
加瀬亮の素朴な存在感が良かった!
悲しい終わりかた。
切ない。
人質にとらわれた狭い空間のなかで新しい生活ができていた。
加瀬亮の存在感が大きい。
主役はよくわからない。政治犯罪が主。
音楽が好き。
1996年、政情不安に揺れる南米のとある小国。
まだまだ発展途上のこの国で、商談のために訪れた大手企業の幹部ホソカワは、その夜、副大統領官邸で開かれたパーティーへと胸を高鳴らせながら出席した。
何故なら、昔から大ファンであるオペラ歌手のロクサーヌ・コスも招かれ、彼女の奇跡のような歌声が聴けるからだ。
宴も佳境に入り、舞台に立った彼女の美しい旋律に聞き惚れていた矢先、思いもよらぬ事態が巻き起こる――。
なんと大統領の政策に反発する左翼ゲリラが密かに官邸へと侵入し、瞬く間に館を占拠してしまったのだ。
多くの人質の命と引き換えに仲間の釈放を要求する犯人グループ。だが、政府は簡単には要求に応じる気配を見せない。
事態は膠着状態に陥り、ホソカワやロクサーヌ・コスをはじめとする人質たちは、長い拘留生活を余儀なくされることに。
すると、犯人や人質たちの心境に思いもよらぬ変化が訪れて……。

多くの日本人にとっては今だ記憶に新しいペルーでの大使館占拠事件。
左翼ゲリラによって、多数の民間人が何か月にもわたり監禁状態に置かれた挙句、軍による強行突入によって多数の犠牲者を出したというこの悲劇をモデルにした本作、日本人としてはいたく興味を惹かれ今回鑑賞してみました。

まあやりたいことは分かるんですよ、これ。
犯人グループと人質が長らく生活を共にすることによって、いつしか友情に近い関係を育んでしまうという、いわゆる「ストックホルム症候群」。
ただ、物語の見せ方と言うか演出があまりにお粗末で、非常に残念な出来になってしまってます。
まず、犯人グループがこの建物を占拠する冒頭部。観客の心を摑むためのとても重要なシーンなのに、あっさりと何のとっかかりもないまま終わっちゃいます。
その後人質たちと犯人グループもけっこう簡単に打ち解けちゃって、気付いたらもう和気藹々。
いやいや、ここらへんもっと丁寧に描くべきでしょう。
おかげで渡辺謙演じる主人公とジュリアン・ムーア演じるオペラ歌手の恋愛要素がなんとも薄っぺらく、加瀬亮演じる通訳とゲリラの少女の恋愛に至っては取って付けたようでさっぱり心に響かない。
いくらでも面白くなりそうな題材で、しかもこんなにも魅力的な俳優陣を揃えておきながら、この体たらく。
監督には猛省を促したいところ。
最後の強行突入によって次々と射殺されてゆくゲリラたちにはなかなか悲愴感が漂っていて、彼らにいつしかシンパシーを感じていた人質たちの複雑な思いもうまく表せていただけに、なんとも勿体ない出来の作品でありました。
2018年 アメリカ ドラマ/スリラー

今回はまともなDVDです🤷

ah ~~渡辺謙が~~とびっくりするシ~ンもあったけど

なんだか切ない映画。
(ジュリアンって歌ってる??口モグモグだけだよね?)
エメ

エメの感想・評価

3.0
ひょえー加瀬さん。
まさかの、ラブ…
存在感バツグンで、やっぱり好きでした
つよ

つよの感想・評価

3.5
南米の大使館でオペラ歌手ライブの最中、テロリストに襲われる。
人質とテロリストの生活。
日米有名俳優の共演は見所。通訳カッコいい。
ペルー大使館の事件を基にした映画。実話として作らなかったのは地味だからか?と穿った見方。
tamita3

tamita3の感想・評価

3.5
1996年にペルーで起きた日本大使公邸占拠事件に着想を得た映画。

ジュリアン・ムーア X 渡辺謙。
>|

あなたにおすすめの記事