i-新聞記者ドキュメント-の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「i-新聞記者ドキュメント-」に投稿された感想・評価

知人に薦められて鑑賞。

この作品を見て、良い気持ちにはならないので、エンタメとしてはオススメ出来ません。
正直、私は、見る度に嫌な気分になったり、気持ち悪くなってしまい、見終えるのにかなり時間がかかってしまいました。
(一気見はだいぶしんどい…)

ただ、この作品で描かれていることを"事実"として、知っておくことは大切なことだとは思います。


今まで私は無関心でいたけれど、
マスコミというものをひとまとめに批判したりすることも、政治や政治家をまるっと全部批判しきってしまうことも間違ってることで。


真摯に真実を伝えようとして、苦しみながら戦ってる人がいる、それもマスコミ。
ネットや週刊誌ででっち上げ記事やスキャンダルばかりをあげるのもまたマスコミ。

政府に都合のいいようにしか報道しない(できない)のもマスコミ。

政治家も、私利私欲に塗れて、おざなりな事ばかり、嘘ばかりつく人もいる。
ただ、本当に日本のためを思ってる政治家もいる。

どうすれば、より良い政治をしてもらえるのだろう。

この作品を見る限り、
どれだけ国がおかしなことをしようとも、
押し付けてくる不条理に対しても、
声を上げて意見を唱えるだけ、無駄に体力を使ってるように思えてならない。

全てが揉み消された、圧力で消されてしまう。


この作品を見る限り、日本社会の腐敗っぷりを存分に体験できるわけですが、
それでもこの政府に対しても賛成派と反対派がいる。


本当はこの作品を見て、もっともっと感じること、考えなきゃならないことは沢山あるのだけれど、
どうしても私の手には余る。
あまりにもしんどすぎるし、自分の無力さ、無知さで死にたくなる。

すごくずるいけれど、今の自分の生活に精一杯すぎて、これ以上はストレスで爆発してしまうので、私は政治からは改めて距離を置きたいと思ってしまった。
できるだけニュースも見たくない。


それくらいには食らいましたね。
すごいドキュメント作品であることなのは確かなので、少し気持ち整えて見ることを薦めます。
見て損はないです!
重たい気持ちにはなりましたが笑
自宅で観ましたぁ〜。

報道として伝えることはなんだろう?

外国人記者が、
望月さんにきいていました。

あなたは、
ジャーナリストなのか?
新聞記者なのか?

いま、
この国で、行われてる事。

真。
真実がどこにあるのか?

間違えている事であっても、
いまのそれが最善策ならば、
それを真実にしてはいないだろぅか?

ご都合主義?

一国民にはわからない事はたくさんある。

だからこそ、
自分が正しいと思えること、
その力はつけていかないといけないんだと思う。

やっぱり映画は面白い🤣
カカオ

カカオの感想・評価

2.0
「新聞記者」の鑑賞を機会に本作品も鑑賞。

強烈な質問攻撃。菅官房長官とバトルしていた記者会見を見て、この人かと思った。

新聞社に「御社は右寄りか?左寄りか?」と尋ねれば、どの新聞も「中立です」と答えるであろうと想像する。



でも、どの新聞社も報道が偏っている。同じ事件の記事も扱い方が違うのは明らかだ。

ある程度は仕方無いと思っている。



私の中で、池上彰が番組を進行する時は、これぞ中立と思っている。あんな方に記者会見の仕切り役をやって欲しいものだ。




























選挙活動中の菅官房長官のニアミスはもっと攻めて欲しかった。さりげなく握手して、言葉を交わさなくとも不気味な笑みぐらいは投げ掛けて欲しかった。

すみません。
ドキュメンタリーなので、スコアは低めです。
『FAKE』などの森達也が監督し、東京新聞社会部記者の望月衣塑子氏にカメラを向けたドキュメンタリー。各方面から批判を浴びながらわが道を行く彼女の姿を通して、日本のジャーナリズムの本質をあぶり出す。望月氏が共同原案を務めた映画『新聞記者』に携った河村光庸が、企画・製作・エクゼクティヴプロデューサーを担当した。
フェイクニュースが飛び交い、チェック機能を果たすためのメディアは自主規制に走り、国民や民主主義を守るべき政治家は居丈高な態度を取り、官僚は忖度に忙しい現代の日本。そんな中、記者の望月衣塑子氏は、菅義偉官房長官の記者会見で立て続けに質問をし、普天間飛行場の移設問題や森友学園問題を掘り下げようとする。
2021.01.13
形骸化し歪みきった報道の現場の記録として価値ある作品。可笑しすぎて不思議の国みたいな感覚になる。いつか笑い話にできますように。
Beths

Bethsの感想・評価

-
“無関心”こそが、民主主義の破滅に繋がるのではないだろうか。
emi

emiの感想・評価

3.5
日本の政治とジャーナリズムの異常さを浮き彫りにする価値あるドキュメンタリー。記者会見で記者の質問に答えない傲慢さはそのまま国民に対する傲慢さであり、我々を馬鹿にしているということだ。権力を監視する報道が機能し透明性を重視する民主主義国家か、政府が国民を監視し管理する独裁国家か、選ぶのは私達である。
K

Kの感想・評価

4.5
官邸前での報道の自由についてのデモ音頭の中にいる望月記者の顔、その後デモ音頭は残したまま望月記者が歩く後ろ姿
森達也が言ってることはずっと変わんないけど、被写体というよりは映画の登場人物に主義主張を託したのは初めてなんじゃないか
これまでと比べ被写体に対する森達也の暴力が薄いように見えて一番暴力的
やっぱり森達也は被写体に興味がないことに誠実で良い
第32回(2019)東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞した森達也監督によるドキュメンタリー作品。

冒頭から母親が子供に言いつけを守らせるような物言いでガンガン責め立てる望月衣塑子。このパワフルな行動力と、そんじょそこらの反撃にはへこたれない強い精神力からは、Notorious RBG(悪名高いRBG)の後継者にさえ感じる。

逃げ回るだけしか能のない沖縄防衛局調達部長の井上主勇。こういう姿勢を良しとしてしまった悪い見本は、当時の政権のトップに君臨していた安倍晋三に責任があるのではないか?安倍晋三自身が逃げ回ることしかしてなかったから、まぁ真似するよね。

ほんとに情けない…こんな阿呆たればかりが当選してしまう国だなんて…政策うんぬんより、こういう質問の答え方の端々に、その政治化の資質が見て取れる。

これを見て支持者は何とも思わないのか?支持者も同様の人間だから、意に介さず?どう見ても、頭おかしいとしか思わない。こんな奴らを自由に野放しにさせてしまった有権者の責任ではあるのだが…

どうにも民意を変えることができない。
多くの若人は、とっくのとうに興味を失くしてしまっているから…

Fuck Tha Police!
Fuck Tha Police!
Fuck Tha Police!
官邸から出てきた望月衣塑子と森達也監督を、警官が通せんぼ!他の人は普通に通れるのに、なぜか二人を通さない!
「車が通りますので…お願いします」
の一点張り。
見ているだけで、胸クソ悪い!
なんなの?Fuck Tha Police!
お前らはどこで何から何を守ってるんだよ!
権力に猫なで声を出すクソどもが…

おっとここで怒ってはいけない。
RBGの言うことを守らなくては…

RBG
「怒りなどの不毛な感情に支配されないようにしなさい」


○脅迫電話
関西弁のオッサンの声
「社会部ですか?電話しましたのはね、連日連夜もう何ヶ月前から今日まで、毎晩のようにネットニュースでね、あなたの会社の望月衣塑子という女が毎日出てますわ。望月衣塑子の名前知っとるやろが!あんなもん殺されるぞ!殺したるからな!あんなデタラメな女あらへんやないか、朝鮮人!北朝鮮から来た女やないかい!政府から規制されておって分からんのか?!あんな記者会見の内容で菅官房長官の…これだけ毎日毎日出ておってわからんのか?!わかってへんのかあんた?!あんなもん殺しといたる!」

こんな阿呆の電話で怒るなという方が無理があるような…こんな阿呆でも怒りを沈めて歩み寄るべきなのか?あ〰イライラする!


あることないことをいい加減に書く週刊誌の記事を、素直に信じてしまうのはなぜ?週刊誌の記事を鵜呑みにする素直な気持ちがあるのに、なぜ望月衣塑子のことは素直に見れないのか?それは…おかしいやろ?



【日本会議】
新宗教・神道系団体を中心にして、1997年に結成された日本最大規模の保守団体。
現在は全国会議員の半分近くが「日本会議国会議員懇談会」に所属しており、特に安倍政権との親和性は高い。

何これ?知らなかった…

○日本会議の場での声明
自民党(元法務大臣)
長勢甚遠
「国民主権、基本的人権、平和主義、この3つを無くさなければですね、本当の自主憲法にならないんですよ」

安倍晋三
「領土を守るためには軍事力」

なにこの宗教…まぁ宗教の自由だから、とやかく言いたくもないが…


籠池泰典の学校

子供たちの大合唱
「日本を悪者として扱っている中国・韓国(このあとの一語が聞き取れない)〰安倍首相頑張れ!エイエイオー!」

物凄い小さい子に、こんなことをご唱和させている。周りの先生も、親御さんたちも同意見なんだろうか?お、お、恐ろしいな…

マジで戦時中と何ら変わらない光景やないの…
この映像を白黒にしたら、戦時中と言っても気づかないやないだろか…

おいおいおい戦争から何を学んだんだよ…


加計学園「総理のご意向」文書について…
元文部科学省次官
前川喜平
「国家戦略特区における今治市の獣医学部新設についてですね、私は文部科学省側の事務方トップとして、その経緯に関わっていたと…平成30年4月の開学を大前提に逆算して最短のスケジュールを作成し、共有して頂きたい。これは官邸の最高レベルが言っていること…。と、こういうフェーズがございますけども、これらの文書については、私が実際に在職中に共有していた文書でございますから、これは確実に存在していた。あったものをなかったことにはできないと!」

よく言った!んならはじめから、そんな仕事を受けないで突き返して欲しかったけど…でも、代わりならいくらでもいるだろうからね、どうせホイホイ言うこと聞くやつが次のポストにつくだけだもんなぁ…それなら、認めて明るみにしてくれただけでも、いい仕事したといえる。

出会い系バー通いの記事と引き換えに、交渉に持ち込むとはホントに汚え世界だこと。
ハウス・オブ・カードのお陰で、それくらいなら軽い取り引きに思えてしまう。
表に出てこないだけで、真っ黒の取り引きも間違いないやってるだろうけどな!


○談話室
前川喜平
「私は安倍政権は基本的に国民が馬鹿だと思ってると思います。理解力がない、忘れっぽい、嘘を信じる、と。耳目をひくような別の出来事があれば、そっちにみんなバァっ行って、森加計も詩織さんの話も忘れてくれるみたいなね…そういう…高を括っているところがあると思いますね」

この文部科学省の事務方トップをやっていた男の言うことには、説得力がある。そして事務方トップまで登りつめただけあって頭が良い。

安倍晋三にしても、麻生太郎にしても、菅義偉にしても、常に上から目線で人を小馬鹿にしたような物言いを見てれば明らかに前川氏の指摘の通りだと思う。

これは…これは…有権者として、これでいいのか…自分の住む国のトップがこんなクソみたいな男が安住してていいのか?



○沖縄県民投票の結果
白髪の外国人の男
「今回の県民投票に関しての報道で妙だと思ったことがあります。例えば NHK では"72%が埋め立てに反対"ではなく、"投票に行かなかった有権者を含めて37%が反対"という報道でした。読売新聞に関しては県民投票のことは見出しにもなっていません。ここにいるメディアのみなさんへの質問になってしまいますが、今の報道のあり方は公平で民主主義を体現していて、日本を前に進めることに貢献しているとお考えですか?」

ここでも外国のジャーナリズムからは大きく遅れているとしか思えない。こういう記者会見の場でズバッと簡潔に言いたいことを伝える能力は物凄い高い。そして外国の真似が大好きなはずな日本が、あろうことか政権にひざまずき、公正公平な報道を忘れてしまっている。



○FCCJ(公益社団法人 日本外国特派員協会)
スカイTG24 極東特派員
FCCJ元理事
Pio d'Emilia
「あなた東京新聞の人?それともジャーナリスト?」

望月衣塑子
「東京新聞である前にジャーナリストでありたいっていうのは、かなりありますよね…。ただ、私ひとりで、記者クラブという制度がこれだけある中で、官邸とか各省庁とかで、例えばひとりになって取材しようとしても、もう入れなくなっちゃうんですね。やっぱりその記者クラブに入ってるところに入らないと…」

Pio d'Emilia
「日本では、そういう記者クラブのシステムがあるんですけど、海外はそういうのない。僕たちの場合はギルドがあるんですよ。だから会社がなくても、ジャーナリストの活動が100%できる。僕たち持ってるプレスカードは、会社から出ないんですよ、組合から!他の会社に行きますとかそういうことはできる」


The Economist 特派員
David McNeill
「以前、菅官房長官がFCCJで会見をした時、質問を事前に渡さなければいけなかった。"は?"って感じだよ!そんなのありえない!」

Pio d'Emilia
「今の日本のメディアは誠実さにおいて、かなり後退した。安倍総理や他の大臣たちに質問するのは、ほぼ無理だ。なぜなら(記者たちは)もろい関係を壊したくないし、それに多くの日本人は外交政策に無関心だから…」

はぁ…情けない。まともなことを指摘され続けて。これが自分の住む国だと思うと嫌んなっちゃうね。



総理大臣官邸 報道室長
上村秀紀
「質問に入ってください」
「質問に移ってください」
質問中に何度も何度も挟んでくる。ほんとくだらねえことばかりすんな…やることなすこと幼稚。意地の汚さが顔によく出てるよ。


上村
「望月記者の申し入れですけども、だからといって会見に参加できないようにしてほしいとか、そういうことを申し上げているつもりはないので、あくまで事実に基づく質問をしてくださいね、という主旨ですので、まったく排除ような意図はありません」

事実に基づく質問をしてくださいね?はぁ?どの口が言ってんだよ?お前が守ってる政権は事実に基づく答えをしてんのかよ?それをツッコめよ記者もよー!なんで簡単に逃がすのよ?


○国会
菅官房長官
「官房長官の記者会見の主旨というのは、質問に対して政府の見解、立場、これをですね記者の皆さんに答えることであると思ってます」

え?ウソでしょ?答えたことありましたっけ?
そもそも事前通告させてる時点で、誠意をもって答える気持ちがないよね?

菅官房長官
「その場で、事実に基づかない質問が行われ、これにきんする(関する?)やり取りが行われる場合はですね、内外の幅広い視聴者に誤った事実認識を拡散をされる恐れがあると思ってます」

ドヤ顔でいいやがったな…質問に答えてないくせに偉そうに…しかも安倍の桜の前夜祭問題ではウソをついたのは明確だろうよ!なにが事実に基づく質問だよ!オマエらが先に事実に基づく誠実な答えをしてから言えっつうの!



RKB毎日放送
神戸金史
「仮に左翼政権ができて、それでも僕らは同じ仕事をするじゃないですか?この政権が好きだからやってる嫌いだからやってるじゃなくて、いまある権力がどうあるかを見るというのが、僕らの仕事だから。活動家だとか左翼だとか言われてるの見ると、う~ん記者の仕事をなんだと思ってるんだろうと…強く思ってます」

そうなんだよ!それそれ!
ネトウヨは極端にリベラルを排除しようとするけど、違うのよね。神戸氏の言う通り、リベラル政権が誕生しても、間違った方向に傾けば同じようにケチをつけるんだよ!そうやって少しずつ少しずつ良くしていかないと!



字幕
【近代司法国家の裁判は公開が前提。だからこそ一般傍聴席がある。法廷の撮影や録音を禁じる日本の司法は矛盾している】森達也 談

確かアメリカなんかは随時ネットで見れるはずだけど…



ビデオジャーナリスト
ビデオニュース・ドットコム代表
神保哲生
「僕は、この壁はもう大方25〜30年、闘ってきてる壁なので、ちょっとずつ破れてはきましたけど、相当厚いと思います。まず、出れるようになるまでに15年。質問ができないけど出れますと…記者クラブって前時代的な団体だから、代表者会議を開いて全会一致なんですよ、常に。ひとりでも反対したらダメなんですよ」

森達也
「例えば僕が入りたいって言った時に幹事者はそれを受け取って全員に聞くわけ?で、一社でも反対したら僕らは入れない?」

神保哲生
「だめです」


字幕
【2012年 第2次安倍内閣以降、新規で官邸記者会見に参加を認められたフリーランス記者は一人もいない】

どこで変わったのか?
こんな無茶苦茶がなぜ大手を振ってふんぞり返っているのか…


ラストの自民党支持者と反安倍の対立も…
いい気持ちがしないなぁ…
お互い怒鳴りあって、罵り合って…

RBGの孫娘
「祖母は議論に勝つためには怒鳴ってはいけないと教えてくれました。相手が歩み寄ろうとしなくなるからです」

ん〰ぅぅぅ…
考えさせられる作品


事前質問はおかしいよな

彼女は異端ではない
真のジャーナリストだ
>|