ミス・マルクスのネタバレレビュー・内容・結末

「ミス・マルクス」に投稿されたネタバレ・内容・結末

 題材は面白いが、料理の仕方が余りにも稚拙で、観劇中何度も溜息が出た。
 衣装が素晴らしいので、☆を0.5プラス。

 主人公の来歴に詳しいわけでは無いが、映画を観るとなるほど、偉大なカール・マルクスの娘として労働問題やフェミニズムといった社会政治運動に取り組んだ活動家、思想家という闘士しての面と、ハチャメチャな父親に苦労した上にダメ男に惚れてしまって疲弊する中産階級の一人の女性という相矛盾し波瀾万丈の人生を・・・約一時間半の映画に全部盛りしたら、焦点のぼやけた中途半端な物語になるのは当たり前。

 そこにあの手この手の演出・・・パンクロックを流したり、それに合わせて踊らせてみたり、第四の壁を壊してみたり、当時の米国やパリ・コミューンの写真を差し込んでみたと思ったら、20世紀のデモの写真を潜り込ませてみたり・・・をぶち込んで、映画の流れをズタズタにするのはいかがなものか?
 ようやく感情移入して物語に没入し始めたな・・・という頃になると、突如パンクロックが流れてリセットするのは勘弁してくれ・・・。
 まだ普通に演出してくれれば、地味だけど、まぁまぁかな・・・ってな作品で終わったのに。

 社会運動を主軸に描いたならともかく、父親に死んだ後も苦労させられ、ダメな恋人にもつぶされていったラストで「前へ!」なんてメッセージと共に終わらせちゃダメだろ・・・。

 それにしても、こんなにも気合いの抜けた「インターナショナル」は初めて聴いた。最後に流れるやっつけ感も凄くって・・・。
 19世紀の社会主義者たちへのネガティヴ・キャンペーンなのか?とすら思ったよ・・・。
めちゃくちゃ良かった。Rebel girlっぽい音楽もそうだけど、労働者のきつい現状となかなかうまくいかない人生が重なって、フェミニズムに行くんだ!と唸る。

自身の活動と言葉で自身を救えなかったという形があまりにも辛い。「まるで罪人みたい」の台詞は現代でも多くの人が口にするのでは。作中のアヘンが何かになってるだけなんじゃねえかとか思うよ。

映画の展開が爽やかで19世紀末なのに音楽がアンプラグドじゃないのがなかなかない感じ。文芸映画とかのジャンルに入れられてたまるかという映画自体の闘争みたいなとこがある気がする。

イプセンやフロベールなど、やっぱフランスから来た文芸的な影響がコミュニズム的に解釈されてそれでウケるって描写とか超興味深いです。

あとショパンがめっちゃ沁みる。すげえ。ここでショパン。ここでロックっていうのもわかってんなー監督みたいなこと感じながら見てた。
「『ボヴァリー夫人』のように、妻が自殺したらロマンチック」伏線回収、、!?演じた時の服だったし。
現代の音楽と史実の組み合わせ、映画じゃないとできないことで好き。
左翼女の恋愛はねぇ、、、いろいろ大変なのよ、とか思いつつ、そこまでツボらず涙
[Screen] #1
ポスターrビジュアルのようなロック・MISS MARXを期待していましたが、終盤あたりに少しだけでした。カール・マルクスの末娘のお話しです。時代的な部分もあるのでしょうが"メアリーの総て"や"ストーリー・オブ・マイライフ
”と被る部分も多かったように感じました。 女性人権の向上運動をした半面、自分は自他ともに認めるクズ男にぞっこんと、アンビバレンツが観賞中付きまといました。

また、プロイセンからイギリスに出てきたので、本編ほぼ英語は何となく腑に落ちますが、過去回想シーンは、もう少しドイツ語で表現してほしかったです。
カール・マルクスの末娘のトゥッシーことエリノア・マルクス。幼い時から偉大な父の薫陶を受け、欧米の男女平等、教育機会均等、児童労働の制限等の政治活動に尽力していきます。その一方でイプセンの人形の家を演じたり演劇人との親交も深めて行きます。そんな中知り合った劇作家エイヴリングと恋に落ち内縁関係になります。しかし彼の不実さに悩まされ遂に悲しい最期を遂げます。
彼女はある意味父の跡を次いだ偉大な政治活動家でしたが、一方で父と内縁の夫の女性関係に悩まれた一女性という側面もありました。
劇中のパンクロックが静かなシーンを突然破るのはエリノアの心の叫び声といった意味なのだと理解しましたが、私個人にはあまりしっくりきませんでした。むしろエンディングの「インターナショナル」が耳に残りました。
偉大すぎる父への敬愛と呪縛、活動家としての自分と一人の女性としての自分、様々な葛藤があり、「前へ進め」からの自殺…
人物や時代背景をちゃんと勉強してから観たらもう少し理解できたと思うから後悔。それでもエンドロールでパンクロックなDancing in the Darkが流れた時は感情が揺さぶられた。
なぜエリノアがエドワードと付き合って、しかも別れないのかは謎だけど、当時にしてみればかなり先進的な思想を持った彼女を許容してくれる男性はいなかったのかもしれない。そんなエドワードですら、彼女の話を全然聞いてなかったけど。

残念ながら、社会における女性の立場がこの120年くらい前からあまり改善されてない。労働者の権利は良くなっても。

私たちも前へ進まねば。
音楽がとてもよかったです。
シネマカフェ様の試写。

雰囲気とにかく良い映画。
最後の踊り出すシーンほんと好きで爆笑しながら半泣きの複雑な気持ちだった。でもほんと最後好き。予告に「愛か、信念か」ってあったけど、結局二択からは選ばず亡くなったのほんと鬱になる。薬で殺すのは自分じゃなくて夫だよ……。
ちょっと人間関係分かりにくいシーンが多かった。まだ喉の腫瘍の人が「カール」って書いて泣いた意味が分かんない。というかカールとエリノア以外の人間関係が多過ぎて薄ぼんやりしてる。でもエリノアが複雑な家庭だったってのだけ主張出来たら良かったのかなあ。あと、カール・マルクスの圧倒的な求心力とエリノアの対比?
人形の家の劇シーン、劇だって分かるまで「ようやくエリノア本心話してくれた……!」って喜んでたのに、夫のための劇だったのほんとエリノアぶち殺したくなった。でもそのイライラは製作者の意図通りにハマった感じ。悪趣味だけど、そういうハメ方嫌いじゃない笑笑
エリノアが労働者の権利の向上や子供の労働禁止に注力してたの、ほんと空回りしてるようにしか見えなかった。労働者の希望でもないように見えるし。背広組の言う事は違うなあ〜くらいに見える。多分製作者の意図的には、ここはエリノアの必死さを描く場面のはず。なのにこの描き方はどこから見ても間違ったとこ切り取ってるよな〜って感じ。
他人にオススメは絶対出来ない。けど最後のアヘン良かったからそれだけで割と満足ではある。
男女平等を訴えた主人公も個人的生活においては男性に従属する立場に甘んじていたということがリアルだった。
エレノアの友人であり作家でもあるオリーブの「静かな場所さえ見つかって、執筆ができれば…」という台詞は『自分ひとりの部屋』を想起させた。ウルフがエレノアの次の世代に当たることや、両者ともに自殺しているの、色々考えさせられる…。『人形の家』の劇はモロに女の交換をテーマにしていたり、全編に渡るエドワードの傍若無人さだったり、とにかく当時の女性が置かれていた位置がじわじわとした痛みを伴って描かれていた。
ブルジョア対プロレタリアートの構図も僅かながら描かれていて、エレノアの描く理想と労働者層の現実の乖離も、どちらも間違っていないからこそ辛い(とは言っても当時の歴史についてほぼ知識がないので「高校の頃勉強してれば!」となった)。
反抗の音楽としてのパンクミュージックの使用など、脚色も多いので好き嫌いも分かれるとは思うけど私は結構好きでした!
あとは先日読んだ『才女の運命』も丁度いい予習になった。衣装と小道具もかわいくてよい〜
>|

あなたにおすすめの記事