パリの調香師 しあわせの香りを探しての作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

「パリの調香師 しあわせの香りを探して」に投稿された感想・評価

キネカ大森にて名画座二本立てのうちの1つ。こちらもなんか良かったなぁ…。
大人の物語って感じかな?

ディオールのジャドール嗅ぎに行こう。笑
erueru

erueruの感想・評価

4.0
人付き合いの苦手な天才調香師のアンヌと、その運転手ギヨームの再生の物語。
どこか憎めないギヨームに、少しずつ心を開くアンヌが良い。
再起を図るシーンと、ラストの教室のシーン、
ギヨームのイキイキとした表情が印象的。

このレビューはネタバレを含みます

珍しいお仕事映画&立場の違うふたりのバディものとして楽しくみれた。
香りにまつわるシーンがどれも印象的。
アンヌはワガママ中年女性なんだけど浮世離れゆえのワガママだからか、そんなにイラつかず可愛らしくも見える。
崖っぷち中年ギヨームだがアンヌにも物怖じしないし娘との生活のために奔走してるのが健気だね。
ふたりが恋愛関係にならないのもよい。
アンヌが「香りの世界」から少しずつ人間に目を向けるようになっているのも素敵。
ジャンヌと仲直りして欲しいな、打ち解けられずともアンヌをビジネス面で支えてくれたのは彼女なので。
Masumi

Masumiの感想・評価

3.8
トラウマを抱える元ディオールの調香師と、交通違反溜まってるがけっぷち運転手。
運転手が調香師の仕事を手伝いながら、徐々に過去のトラウマからも解放される。
どこか、【グリーンブック】にも似た雰囲気。

調香師の仕事が珍しい題材なので興味深く観れて、ラストもじんわりとあたたかい余韻で素敵でした。
横浜のディープな映画館で見たよ 調香師ってすてきなしごと。フランス映画って意外といいかも
ディオールなどトップブランドの香水を作ってきた天才調香師アンヌ。
離婚して親権まで元妻に奪われそうになっている上に仕事までクビに
なりかけいるギョーム。
華やかな世界で生きてきたけれど、いつも競争を強いられ、
そのプレッシャーで嗅覚を失ってしまったアンヌ。
心を閉ざし、人との関わり方が下手くそなアンヌ。
人当たりはいいけれど、何処か不器用なギョーム。
全く反対の2人が、一緒に仕事を続けるうちに、
お互いを認め合うようになっていく過程が、面白いです。

人間やっぱり、自分らしく生きることがベストなんだなって
思えましたね。
無理して富や名声を得たり、人に合わせて生きて行くよりも、
自分にあった生き方で過ごせるならそれがベストだなって思えました。
そして、気の合ったパートナーがいればそれだけでハッピーなのでは?
男女の関係にならずに、お互い助け合える存在っていいですよね。

また、ギョームの娘への思いが伝わってきてほろっとしました。
海岸で娘と戯れるシーンはとっても良かったです。

フランス映画らしいウィットに飛んだセリフがおしゃれです。
よくありがち展開ですが、それぞれの思いのぶつかり合い、どこかで折り合いをつけていくプロセスが、まさに調香するプロセスそのものに見えた。最終的にそれぞれの香りがコラボしていい具合に生きていくと。爽快な気持ちになり、さりげなく前向きにさせてくれます。
MALPASO

MALPASOの感想・評価

3.7
映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』

『最強のふたり』の世界的ヒット以降、フランスで増えたバディもの。

離婚で娘の親権職を妻に取られそうドライバーと、彼を雇った調香師の女性。ディオールの香水を作り、あらゆる匂いに精通する調香師は、突然の嗅覚障害で失敗し、何年も香水を作っていない。社交的な男と人見知りな女の化学反応が、二人を変えていくというお話。

ありがちな展開だけど、テンポもよく、よくできた作品だった。調香師の仕事も知れて、面白かった。
oyasu

oyasuの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

仏語が、キレイでいいな。

香水の調合に限らず
そういうお仕事もされるんや。

最後は、みんなで
コーラ〰️‼️
私の自慢のパパになる。 
み

みの感想・評価

4.0
離婚調停中のギヨームは娘と暮らす権利を得るための職を探しており、調香師アンヌの運転手という仕事を引き受ける。。

全くタイプの異なる2人が掛け合わされてお互いにいい影響を与え、アンヌが人間らしくなっていき、ギヨームが垢抜けていく様子は観ていて気持ちがいい。

洗練されていてすてきな映画。ジャドールが欲しくなっちゃう。

前日嫌なことがあって心がやられていたので、回復しにギンレイホールにて。。
穏やかで前向きで、おかげさまで心が落ち着きました。

あなたにおすすめの記事