栗の森のものがたりの作品情報・感想・評価

『栗の森のものがたり』に投稿された感想・評価

あや

あやの感想・評価

-

無情に流れていく栗…
すごい虚無感に襲われる…笑

画はおとぎ話の絵本みたいで美しい

芸術に浸かっている気分だったが、劇場で観たにも関わらず暗すぎてよくわからないシーンがそれなりにあったのが残念だ。

実に絵画的で音楽もショットも幻想的で夢心地な気分だったが、ビジュアルに全振りすぎる…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

ユーゴスラビアとイタリア国境にある栗の森に囲まれた小さな村。大戦終結後、政情不安は残り多くの人々は村を離れていったが、老大工のマリオは家を出たままの一人息子を、また栗売りのマルタは戦争から戻らない夫…

>>続きを読む

老大工のマリオと栗を売る女マルタ。世界から見放されたような村で繰り広げられるものがたり。のんびりしていながら錯綜した時系列と絵画の様な美しい映像と不思議なユーモア。その独自性に一瞬で引き込まれた。初…

>>続きを読む
ミチ

ミチの感想・評価

4.1

舞い落ちた枯葉が朽ちていくように、静かにひっそりと形を失っていく村。

そこに残された人々の生と死を、夢と現実の間をたゆたうように紡がれる物語。


ポスターや予告の雰囲気から、自分が好きなタイプの…

>>続きを読む

Zgodbe iz kostanjevih gozdov
/ Stories from the Chestnut Woods
ほぼイタリア語? 絵のバージョンのポスターが好き。
渡る大洋。
シネヌー…

>>続きを読む
HiromiA

HiromiAの感想・評価

3.3

死にゆくマリオの夢のお話だったのだろうか。マルタとの遭遇は本当に現実だったのだろうか。妻への罪悪感がもたらした幻影だったんじゃなかろうか。マルタの夫はなぜオーストリアに留まっていたのだろう。だったら…

>>続きを読む
taia

taiaの感想・評価

3.5

昨年観れず悔しい思いをしていたので劇場で観れて嬉しい!
静かでしっとりした、良い映画初めになりました。

WWⅡ後のユーゴスラヴィアと聞いて『アンダーグラウンド』が脳裏を過ぎる。本作はそんな旧ユーゴ…

>>続きを読む
三条狼

三条狼の感想・評価

3.6

映! 像! 美!

「オオカミの家」を見に行ったときに出会ったポスターと予告編の、あまりの美しさにフラフラ導かれて鑑賞。普段なかなか会えない友人とデートもできて良かったな。

棺桶職人の老人と栗拾い…

>>続きを読む
映像の明るさが良くも悪くも
眠たくなってしまうが写し方はとても良い。
>|

あなたにおすすめの記事