不安の作品情報・感想・評価

「不安」に投稿された感想・評価

kiyonaga

kiyonagaの感想・評価

3.8
〈イタリア映画月間〉
「孤独」や「内省」に挙げられる夫婦間の生々しいほろ苦さは、いつかトリュフォーの作品で感じたことがあった。研究者という激務な設定と緻密な復讐劇がイマイチ現実味に欠けていた

途中まで面白かったけど、最後死のうとするバーグマン演ずる妻が長い時間使って苦悩したわりに陳腐な終わり方で驚き。

人間の感情を描いたようで描ききれていない。
2018.08.07
伊語版(「私は愛を信じない」)と独語版(「不安」)併せて見てみたけど後者の方が断然良いです。
イタリア時代のイングリッド・バーグマンの不倫映画

昨日(8月28日)、渋谷の映画館で『イングリッド・バーグマン~愛に生きた女優』を観たばかりだが、今日(8月29日)は「バーグマンの生まれた日、そして亡くなった日」なので、バーグマンの映画を観ることにした。


イタリア時代のイングリッド・バーグマンの不倫もの。
当然、監督はロベルト・ロッセリーニ。


製薬会社の社長夫人イレーネ(イングリッド・バーグマン)は、エンリコなる男と不倫している。
夫が入院などしている間にデキてしまって、切れない仲になっているのだった。
そのエンリコの元彼女なる女が、イレーネに「夫にバラされたくなかったら、金をくれ」とゆすられる。

しかし、ここからが驚愕の展開なのだが、イレーネをゆする女は、イレーネの夫から指示されて彼女をゆすっていたのだ。
この「夫の卑劣な行動」を知ったイレーネは自殺しようとするが、子供達のことを思い出して、子供のいる家に行く。
そして、「愛なんか信じない」とつぶやく……。


ロッセリーニ監督がバーグマン主演で、不倫ものを撮っていたとは、少し驚いた。
ぞしま

ぞしまの感想・評価

3.6
終盤に話は加速するが、追いつめられるほどにイングリッド・バーグマンが美しさを増すように思われた。自死に逡巡する際、オフィスの電話に改めて愛着を覚えるところは、そういうものかもしれない、と印象に残った。ビーカーが割れて我に帰る……人の心理とは分かり得ないものだ。

原作はツヴァイクの「忘れじの面影」とのこと。筋はギュッとしぼられており、凡庸なのかもしれないが、美しいショットがちらほらあって良かった。

"Non credo piu' alla' amore"は最後にイングリッド・バーグマンが吐く台詞。「もう愛を信じない」……本作はロッセリーニとバーグマンのコンビ最終作らしい。穿った見方かもしれないが何か暗喩を感じさせる。
ほしの

ほしのの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

やましいことをバレないように隠しつつの応対とか、本当にしんどいだろうなぁと。不安→絶望→子供(の未然性と不確実性)は真理なのか⁈

子供を叱りつけるシーンはあとから振り返ると、夫は子供を利用していて、そのために子供は執拗に叱られていて、こういったとこらに絶望を感じる。
堂ノ本

堂ノ本の感想・評価

3.3
不安というタイトル通り、普遍的なこの厄介な感情を上手くフィルムに収めていると思う。

イングリッド・バーグマン演じる主人公は、不安に苛まれ、絶望し、最後には別の愛へ移るわけやけど、それがロッセリーニと彼女自身の関係と関連があるかのように感じられた笑。

この作品自体にはそこまですごい!って感じはないけど、また他の作品を見たい。イタリアを代表するロッセリーニならもっとすごい作品を作ってるはず。
Aki

Akiの感想・評価

4.3
終盤の懺悔とバーグマンを収めたショットがファウストにも見えたり、そこからシームレスに移行する夫へのショット、その後の職場の電灯が次々点いていくフィックスの見事さ。
美まさ

美まさの感想・評価

3.3
うーん。なんか結局最後のしょっぱいナレーションのための映画なのか。
ただその分上映時間70分ちょっとってのは妥当かと。
不倫をしていることに罪悪感を覚えるイングリットバーグマン。ある時、不倫相手の元彼女にその事実をバラすとゆすられ始める。
後半の大どんでん返しはストーリーとして面白いけれど、イングリットがこそっとする様子や、全く関係のない他人の言葉に被害妄想に陥る様子が面白く目を離せなかった。
テンポはちょっとユルっとしている。
>|