破壊の自然史の作品情報・感想・評価

破壊の自然史2022年製作の映画)

The Natural History of Destruction

上映日:2023年08月12日

製作国:

上映時間:105分

3.9

『破壊の自然史』に投稿された感想・評価

破壊

破壊の感想・評価

3.6

これが平和ボケなのかもしれないけど、映画的なカメラワークや演出も含めてとても現実とは思えなかった。
連合軍側の高揚を感じる表情、見る影もないほど壊れた街と死体の陳列は狂気そのもの。
mihon

mihonの感想・評価

4.7

セルゲイ・ロズニツァの「戦争正義」(「破壊の自然史」と「キエフ裁判」)の日本立てで。
吉見俊哉『空爆論』に思い返しながら観た。破壊(空爆)→製造(武器)→ 破壊(空爆)→製造(武器)→♾️の繰り返し…

>>続きを読む

映像の構成の仕方が上手い。

冷徹な視点は持ちつつ、それでいながら一定のあざとさというか、意味性も持たせつつのバランス感覚に秀でている。

ゲッベルスの演説が印象的。
ここまでやられる様を見れば、い…

>>続きを読む

知識がなくても映画の内容が理解しやすいという意味では今まで見たロズニツァの作品のなかで最も見やすかった
夜間爆撃の美しさが恐ろしい





見ていて日本と空襲に関して思ったところでは連合軍、アメリ…

>>続きを読む
す

すの感想・評価

-
これが平和ボケなのかもしれないけど、映画的なカメラワークや演出も含めてとても現実とは思えなかった

連合軍側の高揚を感じる表情が恐ろしい

見る影もないほど壊れた街と死体の陳列は狂気そのもの

人類のしてきたことにマイナス☆100をつけたい。セルゲイ・ロズニツァ監督が編集した第二次大戦のドイツ対連合軍が互いに都市を空爆するドキュメンタリー。ナレーション無しに淡々と映し出される兵器製造から都…

>>続きを読む
まき

まきの感想・評価

3.5

牧歌的なシーンは最初だけであとはずっと破壊の歴史。平和を維持するのは戦争するより労力を要するし、ニューギアを試したいのもおもちゃならまぁ分からんでもないが、最近のニュース見てると人間もうそろそろ種と…

>>続きを読む
大岸弦

大岸弦の感想・評価

5.0

破壊の自然史
大阪十三「第七芸術劇場」鑑賞

人類史上最大規模の大量破壊を描いている。
第二次世界大戦末期、連合軍が、敵国ナチ・ドイツへ攻撃を行った。その規模が大きかったようで、その後封印されてしま…

>>続きを読む
UCOCO

UCOCOの感想・評価

4.0
ロズニツァの作品には、常に筆舌に尽くし難いものが確実に眠っている。
だから私はいつも見てしまうし、同時に見なければならないと思う。

「戦争正義」もう1本も鑑賞、連合国軍のドイツへの大規模空爆の両側の映像を組み合わせた珍しい?ドキュメンタリーで、最終的に国同士ではなく軍と民衆の対比に落とす感じはこの監督的王道な気がした、タイトルを…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事