恐怖の報酬の作品情報・感想・評価

「恐怖の報酬」に投稿された感想・評価

たく

たくの感想・評価

4.2
これは凄いよー。
白黒の映画でこれだけ緊張感があって、かつセンスがいい映像は初めてだった。
学生時代に名作ミニシアターで観て何度も通った記憶があります。
一応は観ておくべきかな、と・・・アンリ・ジョルジュ・クルーゾー「恐怖の報酬」

言わずと知れた名高いクルーゾー+モンタンの代表作ですがこの齢まで観ず過ごしてきました。現在ではサスペンス演出はベタですが当時の観客は手に汗握る思いだったんでしょうね。

ちなみにワタシの父は若い頃長距離トラックやってましてポンコツ大型車でうねるような山道を越えなければならない恐怖をまだ幼かったワタシに語ってくれたものでした。
高速道路という動脈がまだまだ完備されておらず車そのものが廃車寸前というような状態でも平気で割り当てられたそうです。
運送業界自体が今で言うスーパーブラック業界だったそうで・・・
キよ4

キよ4の感想・評価

-
ひとり2000ドルの報酬のため悪路をトラック2台でニトログリセリンを運ぶ4人の男たち
長く危険で困難な道のりに異国のどん底生活からの脱出を夢見て生命を掛ける男たちの物語
ラストの皮肉な終わり方までハラハラドキドキの連続
目的地の油田火災 特にモノクロのせいか夜のシーンの美しさ
じゅんP

じゅんPの感想・評価

3.8
締め付けられるような緊迫感をキリキリと研ぎ澄ませた2時間半。

何でこんな仕事に命を張らなきゃいけないのか、そこに説得力もたせるための前半から、目の前に死をぶら下げられて緊張が加速度的に増していく道程まで、ずっと息苦しかった。
Catman

Catmanの感想・評価

3.0
かなり期待して円盤まで購入して観たのですが…正直に言うと途中で二度、寝落ちしてしまいました。呑みながら観ていたのもその理由ですけど、展開がダルい。それほど緊張感も無い。ようやく辿り着いたラストは…うーむ。
冗長に感じられるのは古い映画だから仕方ないと思いつつ、これをギュッと100分くらいにまとめたらもっとスリリングになるのではなんて考えてしまいました。でもマリオとジョーの関係性に焦点を当てるとやっぱりこう言う展開になるのかなぁ。あと主人公が、ホモなのかな?ってくらい彼女を粗雑に扱うのでフラストレーションが溜まります。美人なうえに健気で胸チラまでしてると言うのに!

このレビューはネタバレを含みます

マリオカート~怒りのニトロ・ロード~

スリリングさと男臭さと無情さが凄まじい。

どんなにキノコを取ってもスーパーマリオが落ちると即死な理由が分かる。

だが、死の瞬間であっても漢は夢を見ているものなのだ!
1953年製作のイタリア、フランス合作映画。

職無しボンクラオヤジちゃん達が高額報酬のため500キロ先の目的地までオンボロトラックでニトログリセリンを運ぶサスペンス映画。

緊張感あり笑いありのこれぞ映画って感じ。

我が心の友よ、わざわざ取り寄せ有難うございます。

センキュ、カオルちゃん👍
pier

pierの感想・評価

3.8
この報酬は恐怖に対して支払われる。
後半シャルル・ヴァネルがどんどん惨めになっていくのが哀れでした。
最後のあっけなさも良かったです。
火災を消すためにニトロをオンボロトラック2台に積み、悪路を走る男達。古典的名作のサスペンス。
出発する迄が意外とかかる印象。男達のどん底生活ぶりをじっくり描いていて説得力がある。でも評価の低いリメイク版の方が好き。
ノーラン監督が『ダンケルク』を制作するにあたって影響を受けた作品11本の中の1本がこの作品である。

これは無職のおじさんたちの戦いである。

油田の火事を消すためのニトログリセリンをトラックの荷台に乗せ、現場まで運ぶ仕事を引き受けた無職おじさんズ。
ニトロの爆風で火事を消すってどういうことやねん!ってのもありーの💥
ほんでおじさんたちニトロを雑に扱い過ぎ。ストローで吸い上げてたし💥

おじさん(私)の想像力が欠如しているからなのか何なのか、ヤバい!爆発しちゃう!っていう緊迫感があまり感じられなかった。

いつも強気で威張り散らしていたジョー
それを盲信していたマリオ
この二人の関係が終盤に逆転するところは良かった。
本当の恐怖の前では人間なんてこんなものよね。っていうのが伝わってきた。

ラストは衝撃過ぎて、えーーーって言ってる間に画面に"Fin"って出てきて急に終わっちゃった。
下手なハッピーエンドよりリアリティがあって良いけどね😉Fin
>|