恐怖の報酬の作品情報・感想・評価 - 15ページ目

「恐怖の報酬」に投稿された感想・評価

 ひとシーンひとシーンの緊張感が凄い映画。ニトログリセリンを運んでいるために車が速度を出せなかったり、何をするにも慎重にやら無ければならないというジリジリとした緊張感がよく、設定を最大限に生かしていると思った。
 ジョーとマリオの関係は、昔は凄かったジョーも今は年をとり恐怖に耐えられなくなる。その対比としてマリオはまだまだ若く勇ましい。そういう関係を狙っていたのだろうか?
 この映画ではニトロを運ぶという危険な仕事を貧困層の人が多額の報酬でやる事になるけれど、日本でも原発事故の後処理をお金がない人が多額の報酬でやっているように、いつの時代も危険な仕事は貧困層のひとが請け負うのだなと思った。
 
この作品はリメイク版とこのオリジナル版で評価が分かれてますが、あれはアレ。これはコレ。60年前の作品、白黒、フランス語、140分とゆう四重苦を吹き飛ばす仕上がりです。リメイク版に比べると前半部分は正直眠い。それぞれの人物像がよくわからない。しかし、ニトログリセリンを運び出すところからの緊張感はこっちが上かもしれませんね。女性や年寄りに厳しい、最悪野郎イヴ・モンタン!!今更逃げるんじゃねえ!この老いぼれめ!と、極限の状態でのおっさん同士の最悪の小競り合い!白黒の映像で、もう油まみれなのか、血だらけなのかわからないド迫力。そしてオリジナル版はサイレンの鳴り響くTHE END!よくぞやってくれました!
Pluvia

Pluviaの感想・評価

4.5
簡単にあらすじを説明するとただトラックを運転してるだけの映画です。ただ主人公が運転しているトラックには、少しの揺れで爆発するニトログリセンが荷台にたくさんあり、それを目的地まで運ばなけばない。しかし目的地までの道のりは長く、色々な試練が主人公を待ち受けている。彼は成功した時の高額な報酬のため、彼女のためにトラックを運転する。

ここまで観てる側がドキドキする映画は初めて観ました!
フランス語は読めないけど、邦題がピッタリ。まさに恐怖と引き換えの報酬です!
これぞまさに名作!
ラストは衝撃です。
ふつ

ふつの感想・評価

4.0
午前十時の映画祭で鑑賞。
映画全体を貫いている緊張感がたまらない。
途中で人間関係が崩れていくところなんか見ていられないんだけど、、
ai

aiの感想・評価

3.8
ぜひ観るべし。

ただトラックを運転しているだけの映画。しかし積み荷は一滴でもこぼれたら大惨事のニトログリセリン。これでもかという悪路が続き、無駄に長いと思われる2時間の緊張感がハンパない。

様々な言語が飛び交う荒廃した町のカオス感が、暑苦しい南米と、高額報酬と引き換えの命(恐怖感)、全体の男臭い映画の前菜となっている。
メインは、CGじゃなくともこれだけの緊張感、緊迫感を出せた運搬シーン。
デザートは、フランス映画ならではの救いようのないラスト。

映画のお手本といえるフルコース作品だった。
余談だが、マリオブラザーズの元になっているのはホントなのだろうか!?
これは名作です!
ハラハラドキドキの展開に眼は釘付け。
そして…全く考えられなかった皮肉なラスト!!
終わってから、しばらく身体を動かせませんでした。
午前十時の映画祭で鑑賞。
冒頭から会話がフランス語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語などが入り乱れていて困惑気味。
男達がそこで何をしていて、なぜそこに留まっているのかが
説明されてくると、複数原語なのも理解できる。

女が殆ど絡まず、ひたすら男臭い。

自分勝手な奴や、死に際まで美学を追う男など、
極限状態になると人はどうなるかが描かれている。

イブ・モンタンが男前だった。

そして、ラストがもう・・・いかにも仏映画だった。
非情すぎるわ。
swansong

swansongの感想・評価

4.5

南米の油田で火災が発生。

鎮火するには、大量のニトログリセリンを麓の村からありあわせのトラックで運んでくるしかない。

しかも油田までの500キロの道のりは未舗装の悪路。

高額の報酬を条件にこの危険極まりない仕事を引き受けた命知らずの男たちを、想像を絶する恐怖が待っていた…

映画が動き出すまでの数十分をひたすら耐えてください。

そこから先は、ハラハラドキドキを通り越して、もはや拷問に近い緊迫感が2時間持続するオッソロシイ映画です!
映画技術で恐怖感の最大化に成功

 モノクロだが、常に登場人物やトラック等の効果的なカメラワークで終始ハラハラしっぱなし。これ以上無いという程に恐怖感を画面から感じさせてくれるお手本の様な作品です。
はるな

はるなの感想・評価

4.0
ハラハラドキドキどころか、ヒーヒーハーハーが2時間続きっぱなし、おかげで観終わった時には全身筋肉痛、腹筋とふくらはぎはつりそうになった。
はじめて「JAWS]を観た時に襲った緊張感を思い出したけど、その23年も前の作品だという事にもビックリ!血圧いくら上がっただろう?