地上最大のショウの作品情報・感想・評価

「地上最大のショウ」に投稿された感想・評価

aqui

aquiの感想・評価

-
古き良き巨大サーカスの様子が見応えある。エンタメとしてかなりレベル高くて素晴らしい。
巨大キャラバンの移動やテントを張る様子とかスケールが大きい裏側を見せるシーンも楽しい。
長いけど見れちゃう
チャールトンヘストンが若くてかっこいい
横転事故シーンがすごい迫力!!
F

Fの感想・評価

4.2
DVDを持ってるので、グレイテスト・ショーマンより前に見てるのだけど、スケール大きいね!サーカスのアクロバットの映像メインで飽きないよ。良い
今の日本では
あまり見なくなってしまった
大規模なサーカス団のお話。

空中ブランコのシーンは
かなりハラハラさせられました…

序盤こそショーのシーンと
団員達の複雑な関係を中心に
描いていますが
後半でまさかの展開に…
サーカスの舞台裏など
一般の人からは普段見えない
ところを取り上げているのも
面白い。

象やキリン、ライオンに虎など
実際の動物達がかなり登場したり
かなり大がかりなサーカスのテントなど
今見るとやや古さも感じますが
当時のど派手な雰囲気が味わえる
見ごたえ抜群の作品でした。

色々なピエロが
ぞろぞろと出てくるのも
個人的には良かったです🤡
犬

犬の感想・評価

3.7
テント

地上最大のサーカスの舞台裏

世界最大のサーカスといわれるリングリング・ブラザース=バーナム・アンド・ベイリーサーカスの協力を得て撮影

華やかで楽しい

ショーの黒字化を目指して
隊員たちの演技合戦

ショーが見応えありました
ゾウさんをはじめ、動物たちが良かった
ディズニーまがいも登場

裏方さんも大変ですね

終盤はすごい展開

やっぱりブランコは見応えあります
ただ、曲芸は危険と隣り合わせ

このレビューはネタバレを含みます

・リングリングブラザーズ=バーナムアンドベイリーサーカス一座の協力のもと世界最大級の曲芸の数々と人間模様を描くエンタメショウ
・名優シェームズスチュアートが素顔を一切出さないクラウン役で出てて、終盤医者であることを明かし活躍する憎い役どころ
・空中ブランコや象のショウなど本当の演目を撮影していてそれだけでも見ごたえたっぷりの価値のあるものだった
・走り回る馬の空中をロープでつられて飛び回る少女の演目がダイナミックで一番驚いた
・沢山の人々でテントを設営するシーンや何台もの列車で動物や荷物を運ぶ様子が印象的
・終盤の大列車事故のスケールがでかくて衝撃
odyssey

odysseyの感想・評価

3.9
前半はただただショーを楽しむ感じ。
後半はホリーがただただカッコいい!
hepcat

hepcatの感想・評価

-
子供の頃サーカスにはよく行っけど最近は全然行ってないな〜
サーカスのあのワクワクする感じ思い出す

今まで観たサーカスの中で1番すごい
像と少女のショウは思わず拍手してしまうほど

恋の展開は全く読めない
最後はまさかの展開だった!

ジェームズスチュワートの使い方が凄すぎる!
pier

pierの感想・評価

4.3
豪華で迫力のあるサーカスの世界を楽しめた。
愛されキャラのジェームズ・スチュワートがすごく好き。
ボブ・ホープとビング・クロスビーが観客席にいるのにもびっくり。
いやパフォーマンスがすごい。
今までにサーカスは生でも映画でも何度も見てきたが、この映画でのサーカスのパフォーマンスが今までで一番凄かった。
観終わってから解説を読んだが、この作品は「世界最大のサーカスといわれるリングリング・ブラザース=バーナム・アンド・ベイリー一座の協力によるもの」なのか…!この映画は1952年のもの。映像ででも当時の世界最大のサーカスを見ることができて嬉しいし、これを映像に残してくれてありがとう皆様という気持ちになった。
赤足

赤足の感想・評価

3.3
バーナム・ベイリー・サーカスの熟練の曲芸師たちによるショウと有名スター達による人間ドラマを織り交ぜたサーカス映画。

グレイテスト・ショーマン繋がりで鑑賞。
グレイテスト・ショーマンはP.T.バーナムを題材にしたミュージカル作品だが、こちらは実話に近いサーカスショーのP.T.バーナムを描いた作品となっている。内容はサーカスショーでの裏側や人間模様、恋愛、そしてメインである空中ブランコなどの出し物など様々な角度から、ドキュメンタリータッチで描かれたいる作品でかなりの人員や物量を駆使し大金を掛け制作された映画となっており、お祭映画と言ってもいい豪華さと見応えであった!地上最大のショウというタイトルはグレイテスト・ショーマンのOPで流れていた曲を思い出させてくれ、ラストも少しだけグレイテスト・ショーマンを思い起こさせる終わりとなっていたのは印象的であった。
>|