町奉行日記 鉄火牡丹の作品情報・感想・評価

町奉行日記 鉄火牡丹1959年製作の映画)

製作国:

上映時間:90分

4.1

「町奉行日記 鉄火牡丹」に投稿された感想・評価

三隅研次特集。
すげー痛快!!勝新の女好きキャラはすごくお馴染みな感じだけど、モテモテ美青年てのは初めて観たかも。ユーモアがとても面白いし、最後の大立ち回りが豪華で凄い!知ってる話だと思ったら、喜八の『着流し奉行』と同じ原作なのですね。沢島忠監督の『暴れん坊兄弟』にも似てる。
勝新の柔らかさが絶品。
クライマックスの大立ち回りは伊藤大輔ばりの移動撮影が素晴らしい。
喜八が仲代達矢で撮ったドラマも良かったが、こちらの方が数段上。