マルクス兄弟 オペラは踊るの作品情報・感想・評価

「マルクス兄弟 オペラは踊る」に投稿された感想・評価

もた

もたの感想・評価

4.2
ミュージカルのシーンで歌っている間にもコメディの寸劇が始まる。間の抜けた兄弟が脈絡もなくハープやピアノを弾くシーンの長いことや4階から階段落ちした後にドアから弾き出されるカット割りの素晴らしさ。狭い空間に人を閉じ込める。観覧席からは帽子が落ちる。誓約書の文言のくだり。ヒモのグルーチョ。
こめ

こめの感想・評価

3.5
導入部分があまりにも自然でストレスがない いきなりレストランの真ん中に打ち込まれる 台詞が面白い
960

960の感想・評価

4.0
吾輩はカモであるが面白かったから観ました
面白かったけど吾輩はカモであるのほうが好きです
YUZURAZU

YUZURAZUの感想・評価

3.8
即興演奏シーンだけでも一見の価値あり。
更にアクションシーンもさり気なくとんでもない動きしていてたまげる。

この時代のエンターテイナーは音楽的にも身体的にも人間離れしている。

笑い要素にあまり不変性は無いので笑えるかは人によります。
aka

akaの感想・評価

3.9
詐欺師とオペラ歌手の恋人達や周りの人物たちを含めた騒動を描くコメディ。
マルクス兄弟の即興演奏やセリフの言い回しがすごいしおもしろい。
テンポのいい展開と会話
客室の閉じられた空間の演出がすごい。
アメリカのコメディの感じ。ここまで人を本気で笑わせようとしてくる映画初めてで良いと思った
さとん

さとんの感想・評価

4.3
ウディアレン監督の尊敬する"マルクス兄弟"

ドタバタして笑えるけど、ハープやピアノの即興演奏はメチャメチャかっこいい
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.8
なんとも大胆で強引な立ち回り。言いたい放題やりたい放題のコメディでした。アクションシーンがむちゃくちゃアクロバティックで凄かったです。
ピアノ演奏シーンが結構素敵でした。
ゆこ

ゆこの感想・評価

3.3
「我輩はカモである」よりもテンポが良くて面白かった!
ただ、普通に笑えるし無茶苦茶な展開に度肝を抜かれるんだけど、イマイチマルクス兄弟好き!とはならないなあ... ネタが過激で独善的だからかな 自分たちの自業自得なのに周囲に責任を押し付けて正義のヒーロー然としてるから腑に落ちないのかも
その点チャップリンはいつも巻き込まれる側で、観客の同情や応援を引き出すのが上手かった 嫌味がない

だけど音楽がハチャメチに素晴らしいな
ピアノやハープの演奏披露とか歌声とか、メインの男女はもちろん兄弟たちの才能がここぞとばかりに光ってた 良いものを観たなあ
ducksoup

ducksoupの感想・評価

4.0
マルクス兄弟の最高の作品。「ご冗談でショ」「我輩はカモである」ももちろん最高だが、一番よくまとまって、洗練されたエンタメになっているのは、この作品だろう。ラストのオペラシーンは爆笑だった。あの破壊的な笑いが大好きだ。

このレビューはネタバレを含みます

マルクス兄弟フィルモグラフィNo.6。

グルーチョとチコの契約書ネタ漫才、グルーチョの船室ぎゅうぎゅう詰めからの人間雪崩、ハーポの間抜けな朝食シーンなど盛りだくさん。

特に、飛行士に変装したためにNYの歓迎式典でスピーチするはめになって困ったハーポにグルーチョがかけた一言に爆笑した。

NYオペラの公演初日。
グルーチョの「劇場にオペラあり!」と
チコの「オペラが始まる!レッツゴー!」
からがマルクス兄弟の真骨頂。
支配人ゴットリーブから逃げるチコとハーポが舞台狭しと駆け巡る。
ロープであっちこっちに渡り行き、背景のスクリーンを駆け登るハーポの軽業が凄い⤴
ま、オペラ座の怪人(1925年版)へのオマージュ⤴
>|