「狼たちの午後」に投稿された感想・レビュー

ひろ
ひろの感想・レビュー
1日
4.0
監督シドニー・ルメット、主演アル・パチーノによって製作された1975年のアメリカ映画

第48回アカデミー賞で脚本賞を、第29回英国アカデミー賞で主演男優賞を受賞した

実際に起きた銀行強盗事件を題材にしたこの作品を監督したのは、「十二人の怒れる男」などの骨太な社会派作品で知られるシドニー・ルメット。数々の映画賞で監督賞にノミネートされながら受賞できなかった、無冠の名監督だ。この銀行強盗事件を題材にした作品は、当時のアメリカ社会を映し出している。

銀行強盗の立て籠りなんていう作品は散々観てきたが、ほとんどはこの作品のコピーみたいなものだ。犯人の深層心理を浮き彫りにする描き方は見応え充分だ。原題の「Dog Day Afternoon」は「盛夏の午後」という意味だから、邦題は完全に誤訳なんだけど、なぜか上手いこと作品にフィットしているから不思議だ。

犯人に似ているからとキャスティングされたアル・パチーノ。監督とは「セルピコ」に続いてコンビを組んだ。この時期のアル・パチーノはのりにのっている。この作品はほとんど役者のアドリブで演技をさせているらしいが、アル・パチーノの存在感がすごい。

サル役を演じたジョン・カザールもよかった。饒舌で人当たりのいいソニーに対して、科目で取っつきにくいサルの存在が緊張感を産み出していた。「ゴットファーザー」などの名作だけに出演して、病気で亡くなった隠れた名優だ。

「アッティカ!アッティカ!」という名台詞で盛り上がるシーンがあるが、これは日本人には馴染みのない言葉だろう。アッティカ刑務所暴動を指していて、警官の横暴を批判している。こういう意味を知るのも、映画の楽しみ方のひとつだと思う。

犯人の動機には驚かされるが、実際の犯人はこの映画の収益によりその目的を果たしたらしい。動機を知りたい人は、映画で確かめてもらいたい。社会派作品といっても堅苦しいわけじゃなく、緊張感のあるクライム・サスペンスなので、アル・パチーノにお任せください。
28
28の感想・レビュー
3日
4.0
初っ端から仲間に逃げられるわ、
金は移送されて僅かだわ、
直ぐ警察に包囲されるわ、
もうグダグダな銀行強盗劇(笑)
実話なだけにどんな顛末を迎えるか、気になってしょうがありませんでした。

右往左往してるけどやっぱり超かっこいい(目がギラギラ)アル・パチーノ。
何をしでかすか分からない寡黙な男ジョン・カザール。
この2人の好演に終始釘付けでした。
マ
の感想・レビュー
2017/03/16
4.0
どんどん大ごとになってく現場の緊迫感が伝わって来て目が離せなくなった。
アルパチーノがなんとなくキムタクっぽい。
5884
5884の感想・レビュー
2017/03/16
3.0
シリアス風味のおバカ映画
こっちの言い分を無視して話し続けるやつ嫌い
たろう
たろうの感想・レビュー
2017/03/14
5.0
これと「タクシードライバー」が私的最高ラブ映画
シスコ
シスコの感想・レビュー
2017/03/12
4.0
1976年2月
有楽町 読売ホ-ルにて試写会鑑賞。

セルピコで知ったアル・パチ-ノの
観客を圧倒する存在感が際立つ映画。

とにかく特筆すべきは彼の眼である!
そんな俳優の芝居を堪能できる
シドニ-・ルメット監督作品の1970年代を代表する傑作‼
万太郎
万太郎の感想・レビュー
2017/03/09
-
記録
だおしゃおめん
だおしゃおめんの感想・レビュー
2017/03/09
3.6
記録 のってるねぇ、アル・パチーノ
ヒロシー
ヒロシーの感想・レビュー
2017/03/08
4.4
アル・パチーノとジョン・カザールが最高。
>|