パルプ・フィクションの作品情報・感想・評価・動画配信

パルプ・フィクション1994年製作の映画)

Pulp Fiction

上映日:1994年10月08日

製作国:

上映時間:154分

4.0

あらすじ

「パルプ・フィクション」に投稿された感想・評価

Naruki

Narukiの感想・評価

4.5
何故かとても惹きこまれた、、!!

1.始まりのシーンのサントラがかっこいい

2.ハラハラドキドキ感!

3.悪いことには手を出さない

4.弱い者を許し、いい方向に導く
Towako

Towakoの感想・評価

-
タランティーノだな
ユマサーマンが主役なのかと思ったらサミュエル主役
あと出てくる人たちどうしようもなく頭悪い
hikaru

hikaruの感想・評価

4.6
タランティーノの作品で面白くなかったものはないがその中でも1番好きな作品。
とりあえずみんなにみてもらいたい。
1

1の感想・評価

3.8
結構しんどい映画だと勝手に思ってたけど、普通にテンポよく小話も面白く印象深いシーンも多くて名作みに溢れてた
あとショートカット似合う女の子がいっぱい出てて最高に可愛いかった(こなみ

また観たい
🎵ディックデイルのミザルーで
踊るトラボルタとユマ・サーマン
このシーンを観るだけでも価値ある映画だと思います。
鉄

鉄の感想・評価

4.1
「今度マックに行ったらドリンクはスプライトにしよう」と思わせてくれる映画。

仕事に向かう途中の廊下で足のマッサージの話をするシーンが「マジでなんの話ししてんの」って感じで好き。でもその後のサミュエル・L・ジャクソンが超怖い。

大して内容がある訳でもないのに2時間半を退屈に感じなかった。
しょーもなーいドタバタ話のオムニバスかと思いきや
時間軸順に並び変えたらちゃんと繋がってたー

それぞれの短編はそれはそれでかっこよくて、
ユマ・サーマン様ーってなるし、ブッチの彼女はやたらかわいいしで、みんなキャラ強めだよね

あれかね、構成ぐちゃぐちゃにして一筋縄ではいかないようにするのがクールってことなのかね
通しで観るとそれほど。ただエピソードごとに観ると面白い。こういった類の映画のややこしさはそこで、流行りでもあった。しかしタランティーノがこれをやる必要があったのかといったら微妙であるが、魅力的には違いない。
そろそろセリフ覚えてきた。トイレ行きがちなジョントラボルタが好きすぎる
喩

喩の感想・評価

-
短編の配置がめちゃくちゃ好き

細かいシーンではミアがヴィンセントと引き合わされてから、かつての台詞にあったくだらないジョークを教えるまでの過程のつながれ方、最後にふたりがこともなさげに出ていくのがとても好き〜!

タランティーノを観るのは二作目で、それで言うのもなんだけれど男ぶりの人なのだとおもった
>|