パルプ・フィクションの作品情報・感想・評価

パルプ・フィクション1994年製作の映画)

Pulp Fiction

上映日:1994年10月08日

製作国:

上映時間:154分

4.0

あらすじ

「パルプ・フィクション」に投稿された感想・評価

ヲ

ヲの感想・評価

-
正直退屈ではあった、、けど、おしゃれ映画としては好き。セックスシンボルなユマ・サーマンが最高。
はるか

はるかの感想・評価

4.6
登場人物が魅力的。マーセルスとブッチの会話がカッコいいと思わせて、その後の展開知った上で見返したら本当に面白い。
オープニングのカフェからぶっ飛んでのあの音楽!!音楽最高♪👏ジョン・トラボルタ超チャーミング👍🏻登場人物どの人もくせあり👍🏻パズルの様な時系列がうまくはまって‥血だらけだけどなぜか楽しめた作品でした♪ダンスシーンが好きw
tu

tuの感想・評価

4.0
豪華キャスト
超クール。
登場人物全員主役。タランティーノ初見作品。
ユマ・サーマン=ミアが衝撃しかない。
凡努

凡努の感想・評価

5.0
パルプ・フィクションを初めて観た。大傑作。偶然?いや、神の業?が度重なるのに笑ってしまう。
全てにおいて偶然の重なりがストーリーを展開させていて面白い。
時系列をズラした意味がラストに集約されている。
人が殺されるシーンで何故こんなに笑えてしまうのだろうか…
構成満点。間の使い方満点。
ただのちょっとした会話すらも面白く聞かせてしまうタランティーノは凄い。
タランティーノの作品で個人的ベスト❗

時系列を入れ替えたことで魅力的な作品に昇華されている。この作品以上に、この手法で面白い作品を私は知らない。
もし、時系列通りのストーリーなら面白くなかったと思う。巧みな入れ替えにより『運命』という尊いメッセージを説教臭くなく、オシャレでカッコ良く魅せる事に成功していると思う。

時折、無駄なシーンが多いように感じるが、キャラクターの性格や境遇、立ち位置を表していると思うと納得がいく魅力的なシーンに観える。

やっぱり、サミュエル・L・ジャクソンのキャラクターは何とも魅力的❗

何回観ても面白い❗
若かりし頃のユマサーマンめっちゃエロいしめっちゃ可愛い。なんかわからんけどハンバーガー食いたくなる。
tak

takの感想・評価

4.1
1994年に映画ファンたちを最も騒がせた監督は、クェンティン・タランティーノに違いない。なにせ、重厚な人間ドラマや芸術点高めの作品が強かったはずのカンヌ映画祭を、彼の血みどろの犯罪映画が征してしまったのだ。しかも、その作品は小難しい評論家だけでなく、日頃カンヌ受賞作に見向きもしない偏った嗜好の映画ファンの心をも揺るがした。その作品が「パルプ・フィクション」だった。

僕にとっての初タランティーノ映画はこれだった。世間が騒いでるけど、地元ではメジャー系の映画館では上映してない。なにせカンヌ受賞作だもんね、と地元のミニシアターに出かけた。あれこれ映画を観てくると、既視感はつきものだ。でも「パルプ・フィクション」は記憶にあるどんな映画にも似たものが思いつかなかった。

今にして思えば、映画ヲタクのタランティーノだから、オマージュや引用はたくさんあった。ブルース・ウィリスが日本刀を使うアクションシーン、脚本には"高倉健のように"と書かれていたとか、サミュエル・L・ジャクソンの決め台詞も千葉真一の映画が元ネタ?とも聞いた。それらはあくまでも監督の個人的なオマージュであり、映画全体として作風を真似している訳ではない。ハラハラしながらも、気の利いた台詞やディティール(ハリウッドスターの名前が並ぶレストランのメニューとか)にニヤリとし、ドン引きする程血まみれになって、ハーベイ・カイテルの掃除屋登場、あのディスコ映画スタアのトラボルタが変なダンス踊るのに大笑いして。なんだこれ。こんな映画、今までにあっただろうか。

人の死をこんなに笑い飛ばしていいのか?と、当時の保守的な僕は感想メモに書いている。その94年に僕が年間ベストに選んだのは「シンドラーのリスト」だもの。「車を売ればあと何人か救えた」という映画と、血まみれの車をお掃除してゲラゲラ笑う映画。まさに対局だ。その一方で、「パルプ・フィクション」の、わかる人にはわかる小ネタの数々にニヤリとさせられたのが楽しくて。このディティールに反応できた自分、映画を観続けてきてよかった…とさえ思った。とにかくすげえけど、どう表現していいのかわからなかった。結局、この映画の魅力に抗えなかった。そして僕は、94年のベストテンに「パルプ・フィクション」をきちんと挙げ、"バイオレンス嫌いのタランティーノ好き"となった。そして2003年の年間ベストワンに「キル・ビルvol.1」を選ぶ輩になっていくのだ(汗)。
daradara

daradaraの感想・評価

3.8
タランティーノ監督作、2作目。

まさにパルプ(質の悪い)フィクションの物語。

時系列をバラバラに展開しながらも、通して鑑賞したときに、流れが理解できるような作りになっている。

また、画面とそれに沿うような音楽が気持ち良かった。

終始行われている会話に意味はないが、キャラクター性を表現する上で意味を為していた。

B級感漂う登場人物や物語、容赦のないバイオレンス描写と圧倒的な知識からくる細かな工夫や美しいカメラワークの絶妙なバランスがタランティーノらしさの一つを形作っているように感じた。
ふ

ふの感想・評価

3.9
154分という長さを全く感じないし飽きないしもっと見ていたくなるのはなんでだろう〜
色々考えさせられる映画も好きだけど、こういう娯楽作品も映画としてすごい好き
会話の面白い映画っていいね
パルプフィクション好きって言うと映画通ぶれそうでいい
>|