祇園の姉妹の作品情報・感想・評価・動画配信

祇園の姉妹1936年製作の映画)

上映日:1936年10月15日

製作国:

上映時間:69分

ジャンル:

3.9

あらすじ

『祇園の姉妹』に投稿された感想・評価

たぬき

たぬきの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます


検閲がどのように入り、なぜ17分ものフィルムが喪失しているのかの考察は、木下千花著の研究論文がわかりやすく、ネットにPDFが転がってる。

おもちゃ、という可愛い名前のあざとい女性が、世の理不尽に…

>>続きを読む
木

木の感想・評価

-

「内務省の検閲は、義理堅いとはいっても「世話になる」ことを職業上の必要として受け止めている現実主義者から、元旦那への恩と情愛にこだわる貞女へと、まさに最小限のカットによって梅吉のキャラクターを一変さ…

>>続きを読む
auchan

auchanの感想・評価

5.0
笑いと鬱の同居する物語世界を立ち上げておいて、最後の移動撮影で地の底へと引き摺り込む。端正な形式で纏まってるのがキモい
ノノ

ノノの感想・評価

3.8

芸妓の名前がおもちゃと梅吉って今の感覚だと面白い。人情を大切にする姉と現実的で勘定高い妹が金の工面と男の嫉妬に苦しみながら生きる。
おもちゃは男を手玉に取るのがうまい。ちょっとずつ距離を詰めて少し愚…

>>続きを読む
悔しいね、全く。男が憎いけど、男がいないと商売にもならない、歯がゆいジレンマ。
Sari

Sariの感想・評価

3.9

京都・祇園の芸者姉妹の物語。 
馴染みの男に尽くす姉梅吉と、勝ち気な妹おもちゃ。姉のために、次々と男たちを籠絡するおもちゃだが、いつしか恨みも買ってしまう。

物語は京都祇園の町。威勢の良い男たちの…

>>続きを読む
ルモ

ルモの感想・評価

2.4

世界に誇る溝口監督ですから機会を作って観てはいるのですが、いつも女性が不幸な映画であまり好きではない。西鶴一代女は途中で観るの止めました。近松物語と雨月物語は良かった。
今回はというと大概胸糞悪い映…

>>続きを読む
tacky

tackyの感想・評価

3.8

男を手玉に取って生きようとする妹と、男に縋って生きる姉の姉妹の生き方の対比を、京都の祇園の乙部を舞台に描いた(甲部で無い所がミソである)戦前の溝口の傑作。

どちらも、結局男に裏切られ、悲惨な結末を…

>>続きを読む
yuuuk

yuuukの感想・評価

4.3

なんかもうすごい!
溝口すごい!ってなった。
溝口37歳の映画だそうです。
(脚本家の依田さんは26歳くらい)

おもちゃが悪い話を持ちかけるときに一回だけ映った暗闇の鴨川とか。

終盤の格子戸の外…

>>続きを読む
SN

SNの感想・評価

4.6
溝口的リアリズムの極北とも言える作品。山田五十鈴が鬘を被り、芸妓になる瞬間のクローズアップの凄味。祇園の路地裏や長屋の効果的な撮り方。簡にして要を得た名作。

あなたにおすすめの記事