続・忍びの者の作品情報・感想・評価

「続・忍びの者」に投稿された感想・評価

白黒にだって鮮血は飛ぶ! 山本薩夫「続 忍びの者」

小林正樹の『切腹』では切れる筈のない木刀で切腹を強要させる正視に耐えぬシーンがあります。
サラッとかわして後は観るものの認識処理に任せてくれたらよいのですが小林正樹監督は真性ドSらしく悶々と苦しむ切腹武士の姿を見せてくれました。
で山本薩夫監督もなかなか負けておりません。
捕らえた忍者の耳は斬り落され、生首は無数に晒され、赤ん坊は炎に投げ込まれ、信長(若山富三郎)の手足がズバズバ夥しい流血と共に落ちていくなど結構やりたい放題。
けど悪趣味グロ感が意外と低いのは白黒映像の画力と山本薩夫監督の演出力の所以なんでしょうね。
ところで盗作の天才タランティーノ監督は『キル・ビル』の製作においてどこかでこの『忍びの者』に言及してましたか?どなたか詳しい方、教えて下さい。
あの盗っとがこの作品を観逃しているわけないのですから
赤子を焼き殺すシーンだけ良い。
オチも続編を考えなければわりと好き。
左翼のサッちゃん、思想性が鬱陶しい。傑作なのは「牡丹灯籠」ぐらいか。