釣りバカ日誌7の作品情報・感想・評価・動画配信

釣りバカ日誌71994年製作の映画)

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.3

あらすじ

「釣りバカ日誌7」に投稿された感想・評価

みち子さん変わっちゃったー。石田えりが良かったなぁ。内容はまさに"釣りバカ"だった。
hoteltokyo

hoteltokyoの感想・評価

3.8
西田敏行演じる出世よりも釣りを優先するサラリーマン浜ちゃんと、三國連太郎演じるその企業の取締役代表鈴木社長ことスーさんによるドタバタコメディ。スーさんがたまたま出会った歯科医師が以前釣りを教えてあげたべっぴんさんだった。彼女と釣りにいくスーさんだったが約束していた期日は浜ちゃんと約束があった・・・どうするスーさん!?・・的な物語。

浜ちゃんに嘘ついて美女と釣りにいくスーさん。船に乗り目の前で釣りをしていると、向かいの船には浜ちゃんが・・・。嘘をついてまで美女と釣りに行ってしまったスーさんに劇オコプンプン丸の浜ちゃん。それが原因ついに勃発する大喧嘩。ついに鈴木建設に辞表が叩きつけられる。

なんとゲストは羽賀研二、名取裕子、寺尾聰、そして・・・・松崎しげるが登場するという神回。・・のはずだったが残念なことが一つ。みち子さん役が石田えりから浅田美代子に変更されるという事態に。何が合ったかわからないが浅田美代子も十分素敵だが、みよ子さん=石田えり脳になっていた自分はどうにも慣れない・・。それほどまでに石田えりが演じた太陽のようなみち子さんが観れないことに対して寂しさを覚えた人は多いはず。

コメディに拍車がかかってきた釣りバカの真価が問われる!
2021.6.23
いや~この頃の名取裕子の色気というか気品漂う感じは今の女優さんには無いですよね。スーさんが惑わされちゃうのも納得。
特茶

特茶の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

釣りバカの歴史の変革期です。

今作では多くのマイナーチェンジが行われます。

まずは浜ちゃんの奥さん、みち子さん役の石田えりさんが変わります。
長年にわたり釣りバカの癒しとして君臨していた石田えりさんの降板はかなりの衝撃です。
前半は奔放な浜ちゃんを笑顔で支える健気でかわいい奥さん。
後半になるにつれて大人になっていき、ちょっと浜ちゃんに疲れを感じつつも(笑)家庭を守るしっかりした奥さんへと成長していきます。

そんな“石田“みち子さんからバトンを受け取ったのは浅田美代子さん。
新生みち子さんも笑顔がかわいい奥さんで、浜ちゃんの扱いに慣れた“石田“みち子にはない『暖かさ』があります。
(まぁ、まだ浜ちゃんのグータラぶりを知らない世界軸から来たみち子さんなので(笑))

さらに、陰ながら浜ちゃん属する営業3課のヒロインを務めてきた恵ちゃんこと戸川純さんも卒業です。
物語のメインとなることはあまりないのですが、もう1人のヒロイン?佐々木課長と共に釣りバカシリーズを守ってきた功労者だったのですごく寂しかったです。
その後は3課のOLたちはコロコロ役者さんが変わってしまうのでこれもまた寂しいですね…。

しかし、最新アプデではナーフや調整だけではありません。
新キャラ人事部長原口くんとして竜雷太さんが参戦します!笑
竜雷太さんは本当にコメディキャラもお上手なのでナンバリングタイトル初登場にも関わらずキャラが立ってておもしろいです。

色々変わりましたが、釣りバカの面白さは普遍なのでシン・釣りバカを楽しみましょう。

ストーリーの方ですが、今作も大好きな話の一つです。

メインとなるのは、浜ちゃんとスーさんの喧嘩です。
スーさんが浜ちゃんとの釣りの誘いを嘘の理由で断り、今作ゲストの田上先生との釣りを優先してしまったことが火種となりました。
浜ちゃんのショックは大きく、お酒の勢いもあり絶交をスーさんに言い渡します。

最初はお互いにムキになっていましたが、同時に寂しさも感じる2人。
浜ちゃんはスーさんと釣りをすることが好きだったのだと気づかされます。

スーさんのいない釣りに楽しみを感じなくなった浜ちゃんは仕事も手に付かなくなり(いつもですが笑)、遂に辞表を提出します。(FAXで笑)
突然の辞表に驚いたスーさんに、泣きながらスーさんとの釣りが好きだったことを伝えた浜ちゃん。

すると、今度は浜ちゃんの部署に謎のFAXが…。
“弟子を名乗る者“から許して!許して!と大量のメッセージが届きます(笑)。
浜ちゃんは『FAXで詫びを入れるかね…』と呆れますが、その顔には笑顔と涙が溢れるのでした。

2人の友人が上下関係を超えたものであったことを再認識できてファンとして嬉しかったです。
何よりスーさんの許して!許して!FAXが可愛くてもう…笑。

思わずホロリと来る良作です。
この回からミチコさんは浅田美代子に。石田えりのほうがハマってるよね。
釣り先で出会った女性をめぐり、スーさんがついてしまった嘘がきっかけでハマちゃんと大ゲンカしてしまう話。

色々要素を盛り込まずシンプルなストーリーで楽しめた。
おもしろい!
FAXのくだり、スーさんかわいい!
いつからか遊びが出てきて 本作もザ釣りバカで、ほんとGOOD‼️
今回すごく豪快ラインナップですw
kthk1914

kthk1914の感想・評価

5.0
2021年75本目。さいのこー。このシリーズに関しては、ディスるやつは、連太郎がぶっ殺す
Yagi

Yagiの感想・評価

3.5
・福井へ出張のスーさん、多忙なスケジュールの合間を縫ってハマちゃんと合流しクロダイ釣り。そこで出会い釣りに興味を持った歯科医彩子がきっかけで二人の師弟関係に亀裂が…。
・いくつになっても“おじさん”より“おにいさん”と呼ばれたいハマちゃん&スーさん
・FAX退職願 & FAX謝罪文
・社長にも軽口で接する戸川さんが演じる恵、結婚で退職は残念
・男はつらいよに続いて浮気夫役の寺尾さん
・自転車こぐ中野浩一さん&ギター弾く松崎しげるさんが友情出演
・ENEOS統合前のJOMOブランド健在な時代、サンドーム福井が竣工間近な時代、セクハラへの目が厳しくなってきた時代
最近気づいたんだけど、みちこさんも浜ちゃーんって呼ぶの変だよな
でんちゃーんならわかるんだけど

んで、このシリーズから浜ちゃんはターミネーター化する
嘘、みちこさんかわる

甘鯛釣り、スーさんは香港に行くと嘘

合不能体

ファックスで辞表笑
人事部長めんどくせー、社長に直接届くようにという名案なのに笑

バスでの窓開け、いい天気だなー がきっかけみんな笑ったらしい❤️

釣竿🎣釣った
>|

あなたにおすすめの記事