戦場のメリークリスマスの作品情報・感想・評価・動画配信

戦場のメリークリスマス1983年製作の映画)

Merry Christmas Mr. Lawrence

上映日:1983年05月28日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.7

「戦場のメリークリスマス」に投稿された感想・評価

クリスマスに見よ🎶と思ってたんだけど見れなくて後日見たんですが普通にクリスマスにコレ見てたら情緒爆発して死んでたのでクリスマス見なくてよかった、見てたら多分クリスマスの夜寝れんかった
戦場のホモソーシャルを日本人とイギリス人を出して両方の言葉を交えて撮るって、今見ても新しい。しかも坂本龍一の音楽がやたらと耳に残ってそれだけで十分。
点呼係

点呼係の感想・評価

4.0
やっと観れた。坂本龍一の音楽が印象的。

戦場にもあったんだな、メリークリスマス。
kiy

kiyの感想・評価

3.0
戦場のメリークリスマスと言えば
坂本龍一の曲
ずっと観るのを遅らせてた映画だな

捕虜と収容所管理側との関係
なんか撃ち合い殺し合いをしてる
最前線とは違う戦争の背景だったな

自分を殺そうとしてくる人って
本能的に敵でしかなくなるけど
収容所での敵味方って難しいね

ヨノイ大尉の気持ち
頬にキスされたとき辛すぎた
最高の敬礼をするしかないし
髪の毛を持ち帰ることしかできない

お互いを尊敬しあえる関係になった今
こんな時代もあったんだよなと
思わせられた映画でした
敵と一言で言い切れない憎しみや執着が汗ばむ気候とあいまってこちらまでムワッとした気分になる。
この監督の作品得意じゃないので音楽を噛み締めることしかできず、演技下手なたけしはかわいかった
画面に映る人間が、ほんとに目の前で生きているような感覚をおぼえた。リアルな肌感、汗、脂、アップになるたびに引き込まれて、美しいと思った。
戦争や軍国主義、根性論とかを肯定するわけでは全くないけど、人間の熱量というかエネルギーというか、そんなものは今と比べ物にならなかったんだろうなって思う。

最後の北野武がロレンスに言葉をかける場面、ほんとにその笑顔と目が綺麗で、セリアズの言葉が腑に落ちたって感じ。
WW2下🛩💥のジャワ島🌴の
日本軍捕虜収容所🎌👮における
兵士と捕虜の衝突💥、
そして友情👬・・・


史実📖からして当たり前の
設定なんだろうけど⚙️、
南の島🌴で日本人とイギリス人が
共に暮らしていて🇯🇵🇬🇧、
しかも日本人の方が
偉そうに💪してる感じ、
なんか不思議な感じだなー🤔。
リュウイチ・サカモトの
ミスティック🔮なテーマ曲🎼も
相まって、
とにかく独特な空気の漂う1本!😳
ヨノイ大尉👮が戦場で
ガッツリお化粧💄してるのも
不思議だけど、
アレはどうとらえれば
良いんだろう?🤔笑

ハラとローレンスの再会🤝、
わずか2,3分⏳の
短いシーン🎬だったけど、
あそこが真髄❇だよね!
メリー・クリスマス🎅、
Mrローレンス! つッてね~😳
未だに爆笑問題の太田さんが
クリスマス特番📡の幕開けで
連発してたな。🤣🤣
   
2021.6.12
K

Kの感想・評価

3.8
原作は南アフリカの作家、ローレンス・ヴァン・デル・ポストの短編集『影の獄にて』収録の「影さす牢格子」「種子と蒔く者」に基づいている。 作者自身のインドネシアのジャワ島での、日本軍俘虜収容所体験を描いたものである。
1942年、ジャワ島にある日本統治下の日本軍俘虜所にて。東洋と西洋の宗教観、道徳観、組織論が違う、孤島という閉鎖的空間内での戦争における敵と味方とでの異文化交流。互いにそれぞれの正義と信念があって、それはそういうお国柄であるという観念に固定されている。では、その考え方は変わらないのか。否、それぞれが歩み寄る姿勢さえあれば、新たな道を切り拓く事が出来る。ロレンスとハラの様に。
坂本龍一演じるヨノイ大尉とデヴィッド・ボウイ演じるセリアズの恋を第二次世界大戦下の俘虜所を隠れ蓑として描くのは、鑑賞前から事前に頭に入れておきました。俘虜所が舞台ですし、何か事件が起こってそれを発端に好意を抱くのかなと思っていたら、ヨノイ大尉まさかの序盤も序盤に一目惚れという展開に「早ッ!」とツッコミを入れながら笑ってしまいました。セリアズの事がもっと知りたいからと部下に調査を依頼したり、セリアズにキスされて卒倒したりと完全に乙女な部分が出てくるのがまた可愛らしい。
坂本龍一さんのピアノと演技を見るために、視聴致しました。

まず、ピアノ。
やはりとても素敵でした。
そして大尉として出演してましたが、演技も見事でした。

大御所のデビッド・ボウイなども出演されていて、凄い力を入れた作品だと感じます。

私は個人的に日本語と英語(日本語字幕付き)で繰り広げられるこの作品がとても面白く、見始めた時は今の日本との価値基準の違いにびっくりしながら見ていた、というのが本音です。
ですが日本軍とその捕虜でありながら
人間として友達?のような関係を送っている描写や会話もあり、
その度にニコニコしながら観ていました。

音楽も好きなので、始まりの音楽と
大尉(坂本龍一)とジャック・セリアズ(デビッド・ボウイ)が夜向き合うシーンのBGMの流れ方が素敵でお洒落でテンションが上がりました

内容が理解出来たのが終盤(私の理解力不足のせい)ですが、内容が理解出来た途端にあの時のあれはこういうことか!など納得いって、スッキリした感覚でした。
ただ123分、飽きずに見入るかと言われたら違うのでこの評価です。
>|