柔らかい肌の作品情報・感想・評価・動画配信

「柔らかい肌」に投稿された感想・評価

みっこ

みっこの感想・評価

3.5

結末が読めてもなお、
見入ってしまうトリュフォーの世界観

男も女もどうしようもない

不倫なんて、いかなる状況でも
褒められたものではないけれど

惚れた代償
愛すか、愛さずか、

曖昧な優しさなんて、許されない
このラストでちょうどいい
ヒッチコック的恋愛映画という感じ。
モンタージュが素晴らしいが、話はあまり好きではない。なぜみんなあんなに自分勝手なのかわからない。全てのキャラクターの身から出たサビが絡み合い、自業自得が連鎖する。

ただ、あの無駄のないモンタージュ、効果的な音楽、長回しは流石巨匠である。

勉強にはなりました。
全てのキャラクターが嫌いだけど。
tomoka

tomokaの感想・評価

3.4
フランソワーズ・ドルレアックの数少ない出演作品ということで鑑賞。
男が不倫する話だが、ほんとどうしようもない男。笑
そして女の恨みって怖いな…と思った笑

フランソワーズ圧倒的美人すぎる!
みんと

みんとの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

仕事や結婚など、全てにおいて成功し手に入れていても、美女に現を抜かし、そのくせちょいちょい計算が甘かったり、優柔不断だったりするピエール。
最後は不倫に溺れることなく、いけ好かない男から目覚め自立したニコル。
片や正妻・フランカは、愚かな男に依存しきり、殺すことで彼を自分だけのものにしたかのような狂った愛情を持ってしまった。(殺した後のどこか満足げな狂った表情が最高だった(笑))

男性の欲望や不徳を描いた男性目線の映画、というか、トリュフォーの女性観そのものを映した映画なのだろう。題名的にも。しかし、女性目線から見れば、愚かな男性、そして彼を取り巻く対照的な女二人を描いた本作は、トリュフォー版「男性・女性」という印象だった。

ドロドロな不倫映画ではあるが、どうしようもなく危険な色気を終始感じてしまったのが不思議…(笑)
名女優二人の美しさや、ドロドロに相反するトリュフォーらしいカメラワークやショットがいちいちお洒落だったからか…。
くろえ

くろえの感想・評価

3.5
間の悪い男と美人CAが繰り広げるオシャレな不倫映画。トリュフォーの脚フェチ炸裂。最後はスッキリ。

筋を言っていくとどうってことないのに、流れるように、見つめるように、絵を堪能してるうちに気づけば終わってしまう。

しかし、恋愛、結婚、不倫、離婚、男と女、諸行無常というか。いつの世もままならないものですね。

殺す人生、殺される人生。
どれもが紙一重なのかもしれない。
取り急ぎ、若く美しいものが残ってくれてよかった。
去り際について考えさせられることでした。
Chloe

Chloeの感想・評価

3.5
アホなおっさんやなあ。ちょっと有名になったからって良い気になって浮気して奥さんにバレて離婚告げられて。最後めちゃくちゃスッキリしたわ。でも浮気相手が綺麗すぎて、私が男なら惚れてしまう。おっさんのスカート派で脚フェチなところちょっと気持ち悪いって思ったけどフランソワーズの脚に私もドキドキしてしもた〜。
菩薩

菩薩の感想・評価

3.4
たまたま同じエレベーターに乗り合わせたからって部屋までお送りされる方がキモいと思うのだが、おフランスではそれが失礼に当たるのですか?ドルレアックの顔面の強さと毛量が異常で観ていられるが話だけ取り出せばしょーもない不倫の話。トリュフォー自身が主人公を嘲笑の的として捉え距離を取っているって言ってんだからめちゃくちゃ性格悪い。優柔不断なおっさんの15年来の我慢も一瞬でパーになる、俺が某ジェダイ・マスターなら「素晴らしい、全てが間違っている」って言ってるとこ。ガソリンスタンドでおっさんがスカートの方が好き(ってか脚フェチなだけだろ)って言うから素直に着替えるドルレアックが可愛すぎるのだが、あの一瞬張り詰めた生地の震えるケツよ、もめちゃくちゃ良いと思うのだが、俺のハイオクも満タンに…言うとる場合でない。彼女の部屋に雪崩れ込んでいく際の「ええんのか?」「ええねんで」の心の声がダダ漏れな感じが非常にエッチ。灯りを灯す愛人、消す妻、最後だけ異常にサスペンス、シャブ&ヒッチ。先走るのは先っちょだけにしとけ、と言わずにいられない俺は今年年男である、モウだめだ…。
りほこ

りほこの感想・評価

4.3
ヒロインのフランソワーズドレルアックは、カトリーヌドヌーヴと姉妹。"ロシュフォールの恋人たち"最高に可愛かった!!!
この方の、不倫をしている大人な妖艶な姿が覗き見出来ちゃう素敵な映画でした。フランスでは流行らなかったが、日本だけで流行ったそう。不倫物が好きな国民性なのかな。

学者の男性と不倫をするフランソワーズドレルアック。出会いは飛行機。そしてホテルにて微妙な間と、目線の配り方で、
出会ってしまう。

職業が異なりすれ違う2人。
機嫌を取るためにホテルに連れていくものの、安っぽくて不機嫌になってしまうのリアルだなぁ(笑)
極め付けは片田舎への公演に彼女を連れていくシーン。放って置かれて、怒るのもリアルだなぁ(笑)そして可愛い!
その後の一軒家のような部屋での2人は恋人そのもので素敵だった。そしてやっぱり可愛い!
ラストシーンは突然のシリアスかつシュールだけど、妻の立場に立ったら情緒が不安定になるような彼の態度への報復であると考えられるな。フランソワーズドレルアックは、"全く結婚する気なんてないよ"と言ってしまう奔放さ。
恋人関係のすれ違いストーリーは、どの国でも共通だなぁ
tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.4
トリュフォー不倫映画。
どうしようもなく男だから女だからの結末。バカみたいに惚れ惚れられ嫉妬して。確実に大切な人を鋭角に傷つけて、奥から出血させてたんだよ。 
これ実話がベースなのか。おふらんす的なラブストーリーかと思いきや、ラスト驚きの展開。わー。やっちまったなー。
こういう驚き方した映画前もみたけど誰の作品だったか思い出せないと思って探したらそれもトリュフォーだった!
>|