からっ風野郎の作品情報・感想・評価

「からっ風野郎」に投稿された感想・評価

三島由紀夫✗若尾文子
三島由紀夫✗船越英二
三島由紀夫✗志村喬
(三島由紀夫✗潮万太郎)

誰とは言わんが、思ったより下手ではなかった。イモかもしれんが、下手ではなかった。

東大法卒の三島由紀夫が小学校卒の臆病で弱虫な二代目ヤクザを、とても楽しそうに演じていてなにより。柳沢慎吾ばりの「あばよ!」

喘息の薬を買っただけで店員に「気味が悪い」と怪しまれる殺し屋(神山繁)は一流とはいえないのではないか。

踏切待ちの車で襲撃とかベビー用品を買った足で殺されるとか、『仁義なき戦い』を彷彿とさせるけど製作年はこっちがずーっと前でした。

ラストのエスカレーターはヤバい。いい意味でも悪い意味でもヤバい。多分当時も相当ヤバかったんだろうけど、今見てもヤバい。とにかく一回死んでみたかったんだろうな。自決の10年前の映画。
三島由紀夫の演技の下手さに閉口しながらの鑑賞だったけれど、独特のエグ味に味が無い訳でもなく、さすがは増村と。だって船越英二との2人の最後の会話、若尾さんの芯の通った頑固な優しさが引き立ってる。
三島由紀夫と若尾文子の共演作!

三島由紀夫が刑務所で服役している場面から始まる。三島の身代わりに、刑務所でほかの服役者が射殺される場面があるが、刑務所でそんなことが起こりうるのか、リアルさに欠けている感じがした。 
そして、出所の日は、対立相手のやくざに見つからぬように、親父の志村喬らもけむに巻く出所方法。しかし、志村喬の上半身じゅうの刺青は全く似合わない(笑)

その後、黒い革ジャンを着てやくざぶりを見せる三島だが、増村保造は「実は、三島の演技が下手で困った」らしい。 

そして、三島の元の女として水谷良重が登場するが、すぐに別れる。 
水谷良重が歌う「バババベビブバナナノミ~♪」という変なというか、面白い唄が耳について仕方がない。 

その後、映画館で働く女=若尾文子と運命の出会い。若尾文子は、やっぱりどんな役をやっても素晴らしい。あの姿・あの顔を見て、あの美しい声を聞くと、気持ち落ち着く。
なお、本作では、若尾文子の兄は、川崎敬三。 

なかなか面白く、拾い物をした気持ちとなる作品であった。
三島由紀夫さんの「憂国」を観て
日本刀のような凛々しいイメージがあったんですが…
すみません、最後を飾る見せ場がゴルゴにしか見えず、、
まぁ、これはこれで
その緩さみたいなものを楽しんでみる事はできましたが
船越英二さんのカッコよさが際立ってた。
三島さんの演技が色々あって馬力がありました
三島由紀夫の死に様以外に観るべき部分が無い。
『人斬り』『憂国』然り、考えてみれば、三島由紀夫は映画に出る度に死に様を磨いている。
革ジャン一枚を羽織ってイキがる三島由紀夫はカッコ良さより、可笑しさが先行しちゃう、ごめんなさい。
そんな三島由紀夫が演じるヤクザ・朝比奈にはイマイチ迫ってくるものがない。恋人・ヨシエにわりと理不尽に暴力を振るっているが、そこに抱える苦悩や葛藤が感じられない。それでも朝比奈のことが好きなヨシエは、きっと惹かれる何かがあるんだろうけど。もう少し感情の機微を滲ませてほしかったな。
〈シネマヴェーラ渋谷的大映男優祭 坪内祐三とシネマヴェーラ渋谷によるセレクション〉 18:00開映(『偽大学生』併鑑)
由紀夫ちゃん〜バブバブ〜みたいな気持ちになった
>|