セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズの作品情報・感想・評価

「セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ」に投稿された感想・評価

しゅん

しゅんの感想・評価

3.9
ジョン・ウォーターズがハリウッドをぶった切る!

くたばれハリウッド!!
シネコンをぶっ潰せー!!
金儲け主義の大衆映画に鉄槌を!!!
うぉぉぉーーーー!!!!
ってな具合

一癖も二癖もあるクルーを引き連れた映画テロリストが 女優を拉致して映画撮って革命起こすぞー!ってお話。疾走感たっぷり

私自身シネコン育ちでいつもお世話になってるけどアンチが暴走していくのは楽しかった。

車椅子の少年が燃える劇場で大笑いするシーンが好き。
木金

木金の感想・評価

3.6
.本やネットの情報にかなり期待してみたがそれほどでもなかった。
.しかし全体を貫くスピード感はかなりの速さ
.化粧の濃いメラニーグリフィスは美しくない。
.売れる前の有名俳優が数人出ている。
.このタイプの映画よりもシリアルママのようなカチッとした映画の方が自分好みだと改めて感じた。
大作至上主義のハリウッドに反旗を翻しているアングラ撮影隊が、拉致したスター女優を自作に出演させようとする。漂白された商業映画の乱造を風刺しながら、アングラ映画に愛の手を差し伸べている、コメディ映画。

ヘンテコな邦題が付いているが、原題を直訳すると「発狂したセシル・B」(映画創世記に活躍したセシル・B・デミル監督のこと)という意味合い。マイノリティで編成されている過激なゲリラ撮影隊を主人公に据えて、「打倒金儲け映画」を痛烈に描写している。

ジョン・ウォーターズ自身が「自分の映画に出演するのを拒む、お高くとまったハリウッド女優」をシミュレーションしているような内容。サブカル(アングラ映画)を基礎にしながら、その上にメインカルチャー(メジャー映画)が成り立っていることを、女優に諭しているように感じられる。

撮影隊のメンバーでは、悪魔崇拝者の女の子がサイコでサイコー。主人公チームを70年代の東映に登場した「ピラニア軍団」に置き換えてみるのもまた一興。現在の日本映画の「感動のバーゲンセール」にうんざりしている諸兄は、本作を迷わず観るべし。
色々と気を使ってる。
けどフォレストガンプは出てくる。
それはオーケーなんや。

分かりやすい設定ではあるけど、
なかなかに好きな感じ。

アレ撮った人の作品とのことです。
sein

seinの感想・評価

4.0
最高。
最後はサンセット大通りのオマージュかな。
フォレストガンプとの心理的距離が遠くなった。
がい

がいの感想・評価

3.8
ちょっと最近気になり始めたマイケルシャノン
出演作品見てみたら今作⁉︎ってなりDVDを引っ張り出してきた
居た居た‼︎長髪&ゲイの役柄ピーティ役‼︎こいつか〜〜‼︎って驚きを隠せない今。
公開当時は映画館まで観に行った たまに見たくなるスティーヴンドーフのために
ゲリラ撮影して映画を作るむちゃくちゃな奴らの映画なんだけどなんか好き
やはり今観ても相当むちゃくちゃだけどなんか好き
そして特典映像では監督インタビューやらドーフのピアノ弾き語りも有り
osaka

osakaの感想・評価

5.0
最高。マジで最高。すばらしい
こんな映画を求めてました
すばらしい。マジで最高。最高
最高。下品で過激な映画の鑑賞意欲に火が点いた。ジョンウォーターズ一生ついてくぜ。
ぶっ飛びすぎた男が仲間を集めて軽ーくカルト教団を結成し、勝手にハリウッド映画に制裁を加えようと大暴れするカルト映画

それは反骨精神、バイタリティ
それは自滅をもたらすバイオレンス、ストイシズム
それは怠惰なクリシェとの決別、そして、クリエイティヴに生きる全ての映画人へのアプローズ
フィルム・テロリストのインディーズ映画監督、セシル・B・ディメンテッド一味が、堕落したハリウッド映画を破壊する!ショッピングモールのシネコンでパッチアダムス2に涙する観客をぶっ飛ばし、フォレスト・ガンプ2の撮影現場に命懸けのテロ攻撃をしかける!ボンクラの魂を激しく揺さぶる快作。創作ストーリーを通して90年代のハリウッド映画の環境を鋭く描いており、正に登場人物が腕にその名を入れ墨したサミュエル・フラーを意識した作品になっている。
2018.1.6 DVD(字幕)
>|