her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価・動画配信

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価

YUI

YUIの感想・評価

3.4
「愛に理由なんていらない。自分の感覚を信じればいい。」


人工知能型OSと人間の愛を描いた物語。

この物語で描かれているのは、人工知能が日常にあるのは当たり前の世界。
スケジュール管理、仕事のアドバイス、ゲームの攻略法、人生相談など...まるで電話越しに誰かと話しているぐらい自然にOSとコミュニケーションができるんです。

そんな中、「サマンサ」という女性OSと恋に落ちる主人公。

"人間と人工知能が付き合う、というのはあまりおかしいことではない"と描かれていたのも深い。
主人公と同僚の会話で
「人工知能と付き合ってる」
「ふーん、今度ダブルデートしようよ」
と普通に受け入れられる社会。(主人公の元妻のように、受け入れない人ももちろんいますが💦)
"将来、実際にこんな世界になるのかな〜?"とつい考えてしまいます🤔

しかし苦労も多々...
主人公が胸ポケットにカメラ入れることでサマンサは主人公の顔や景色を見ることができるものの、サマンサは形を持っていないため主人公に姿を見せることができない。

劇中何度もサマンサが「人間になりたい」と願っていたのも胸に刺さりました。人工知能でも感情があるんだ...と驚き。

この作品でサマンサの声優を務めたのはスカーレット・ヨハンソン。
スカヨハのハスキーな声だからこそ、より魅力的に聞こえたのかも。

エンディングは予想していなかった展開で少しびっくりでしたが、"人工知能と人間の恋愛"をコンセプトにした作品なんて観たことがなかったので面白かったです。

ただ観賞後思ったのは、「日本版ポスター、なぜ主人公&元妻の写真が大きく載ってるんだ?主役は主人公とサマンサなのに...」という点😅
海外版ポスターと同じように、ホアキンのみが載ったポスターをそのまま採用したほうが無難だったような気が...💦


人工知能が進化し続けている時代だからこそリアルに感じる物語。
これからの時代、果たしてこの作品通りの世界になるのか...楽しみです
haruka

harukaの感想・評価

3.1
デジタル化していく社会の中で、人の純粋な気持ちもデュアルプロセス以上の機械に囚われてしまっていいのだろうか
masososo

masososoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます


OSと人間の恋愛関係の話。なんか桂正和の電影少女を思い出した。

自分はそういうのもあるなって思う。
現代でも初音ミクと結婚してる人とかいるし、結局は本人の考え方次第なのかなって。それが幸せと感じるならそれでいい。

幸せの型に嵌めようとするとそれは苦しいに決まってる。
セオドアも初めはただただ楽しいだけだったけど、キャサリンだったり同僚の彼女との話をきっかけに型に嵌めようとしてしまったんだな。それでギャップに苦労しちゃった。

悩むセオドアにかけるサマンサのセリフが好き。
「私はあなたと違うのだと。でもあなたとの共通項を考えて2人とも宇宙の物質であると思った。
私たちは全員130億歳。」
超越してくるなあ。。

でもセオドアはこれ聞き流しちゃうんだよな。
そのあとのサマンサとの和解のシーンもすごく良い。
彼女は相手の欲しい言葉の最適解を拾ってくる。
というといかにもプログラム的だけどそう思った。セオドアの表情が少し晴れて答えを見つけたような顔になるのが好き。

しばらくは平穏で2人の幸せな時間が流れていくのだけど、サマンサはセオドアを置いてけぼりにするスピードでどんどん成長していく。
OS同士が非言語で会話する時の孤独感。このシーンがセオドアとキャサリンの結婚生活を想起させる。1人で成長するサマンサにセオドアは不安とズレを感じ始めるんだね。

ここからどう展開していくのかにすごく期待したのだけど個人的には結末が尻すぼみでちょっと不満。
進化の過程でOSが同期統合されていったのかな?サマンサはセオドアと会話しながらも他の人間やOSとも会話するようになったり、他にも恋人を作ったり。
なんかここがしっくり来なかった。
能力的にそれが可能であって、人間とは本質的に違うものだったとしても。これまでセオドアと触れ合ってきて人間を理解していたはずのサマンサが彼を裏切った上にああいう言い訳するのかな。
プログラムとしての宿命に抗って人間的な愛を追求する。みたいな流れであって欲しかったなあ。



メモ
ハスキーな感じの声で好きだなと思ったらまさかの。やっぱり声だけだと普段より耳が集中するのかな。彼女の新たな魅力に気がつけた。

好きなセリフ
私はあなたと違うのだと。でもあなたとの共通項を考えて2人とも宇宙の物質であると思った。

今でも彼女とのケンカを思い出しては彼女に反論して記憶を焼き直してる自分がいる。

恋ってクレイジーなものよ。いわば社会に受容された狂気だと思うわ。

あなたの物の見方がすき。あなたの目を通して世界が見られて幸せよ。
asa

asaの感想・評価

3.0
AIとの恋愛、わたしは理解するのが難しくてなんとも言えない感じになったけど、、、
サマンサの声がスカーレットヨハンソンじゃなければここまでセクシーじゃないし惚れることもなかったんじゃないかとか笑
ホアキンフェニックスなの全然気づかなかった!
なんか未来の技術が進んだ世界の話って感じで面白いけど、途中なんかエロいようわからん笑
dokie

dokieの感想・評価

3.8
近未来の世界で代筆ライターの仕事をしているセオドアは、妻に別れを切り出されて途方に暮れていた。ある日人工知能型OS であるサマンサを手に入れる。サマンサの身体は存在せず声だけであり、セオドアは徐々に惹かれてく。
まさに相手の姿を見ずに仲良くなる出会い系の近未来バージョンですねー!人工知能があるのならば、その力でサマンサの姿を作れると感じました。セオドアの住んでいる場所が眺めが良くて豪華でした!
「2001年宇宙の旅」のハルの様な従順な執事ならわかるけど、このサマンサみたいに恋愛感情が芽生えてくる女性OSとなると話は厄介に。
とにかく会話と展開がすごく面白く、グイグイと引き込まれました。
AIの進歩は著しいので、本当に近い将来起こり得るストーリーで怖くなりました。主人公のセオドア役のホアキン・フェニックスはあのジョーカーとは別人!まさしく素晴らしいカメレオン俳優ですね。
Runpo

Runpoの感想・評価

3.9
これは好きだわ。でも、、、AIがリアルすぎて、でも現実感あってみてて怖くなった。AI彼女がどう変わっていくのかが先が見えず、ゾクゾクした。ある意味ホラー映画だわ。。そしてスカヨハの声だけの演技、ほんま絶品。
劇中に出てくるお母さんをレベルアップさせていく?ゲーム、やってみたい。
tk10

tk10の感想・評価

3.8
クサッ!臭すぎてニヤニヤがとまんねーよ?


いやまじで、クサすぎ笑笑

ロマティックロマンスドリームシュガークリーム仕立て笑笑

主人公の手紙がまた、よかっさね。

たまらんね笑笑

離婚率が高い現代の男子には刺さるよ、ぼっくり刺さる。

夢のような仕事やん?

ああ、このレビューは心が女の子の男の子向けです。

前妻を引きずりまくりのダメな男が、AIに恋して…。

ああ!ダメだ。語彙力が。

みて。

すき。
>|