アクト・オブ・キリングの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

アクト・オブ・キリング2012年製作の映画)

The Act of Killing

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:121分

3.7

あらすじ

「あなたの行った虐殺を、もう一度演じてみませんか?」 男は粋なスーツに身を包み陽気に微笑んでいる。 残虐なシーンのないこの映画が、しかし、私たちを最も慄然とさせる映画になった――― これが“悪の正体”なのか―――。60年代のインドネシアで密かに行われた100万人規模の大虐殺。その実行者たちは、驚くべきことに、いまも“国民的英雄”として楽しげに暮らしている。映画作家ジョシュア・オッペンハイマーは人…

「あなたの行った虐殺を、もう一度演じてみませんか?」 男は粋なスーツに身を包み陽気に微笑んでいる。 残虐なシーンのないこの映画が、しかし、私たちを最も慄然とさせる映画になった――― これが“悪の正体”なのか―――。60年代のインドネシアで密かに行われた100万人規模の大虐殺。その実行者たちは、驚くべきことに、いまも“国民的英雄”として楽しげに暮らしている。映画作家ジョシュア・オッペンハイマーは人権団体の依頼で虐殺の被害者を取材していたが、当局から被害者への接触を禁止され、対象を加害者に変更。彼らが嬉々として過去の行為を再現して見せたのをきっかけに、「では、あなたたち自身で、カメラの前で演じてみませんか」と持ちかけてみた。まるで映画スター気取りで、身振り手振りで殺人の様子を詳細に演じてみせる男たち。しかし、その再演は、彼らにある変化をもたらしていく…。

「アクト・オブ・キリング」に投稿された感想・評価

disco

discoの感想・評価

3.6
1965年にインドネシアで起きた共産主義狩りの主謀者プレマンの実話。100万人の犠牲者が出た悲惨な9.30事件。にも関わらず、主謀者達は今でも英雄として扱われている。この話だけでも相当恐ろしいが、実際にその人たちに事件をもう一度カメラの前で演じてみませんか。と提案する監督もすごい。

共産主義者が美人だったらまずは強姦とかさらっというの怖い
あー胸糞悪りぃ…とか口悪く罵ってしまわないと、なんだかやり切れない内容だった。
イタリアの「ゴモラ」は一応フォーマットはフィクションでもしんどい作品だったけど、これ、ガチだからなぁ……本当にまともじゃ無い。凄い。
目が点、呆然、我が耳を疑うシーンの羅列。
でもまぁ直接手を下してない輩もウジャウジャ丸見え。
終盤にいくに従っておっさんの心情の変化が、これまたしんどい。サイレンスオブ〜の方も観たい。
sawak

sawakの感想・評価

4.5
インドネシアでは、1965年にクーデター未遂事件「9・30事件」が起きており、共産主義者と見られた100万人ともいわれる人々が殺害された。この殺戮にあたっては、治安維持のため「プレマン(地元の“チンピラ”)」が関係しており、またその過去をプレマンたちは隠そうともせず、ひけらかす事すらもある。
そんなプレマンに実際の殺害の様子を再現してもらい、当時の様子やプレマンの戦いぶりを後世に残そうという名目で映画を撮影した過程を追った作品が本作である。

やはりもっとも象徴的なのは、悪びれもしなかったプレマンの一人が見せた、グロテスクなまでの変化を捉えたラストシーンがすごすぎる。ドキュメンタリーって本当にすごい。
is

isの感想・評価

3.6
なんかメモが残っていた
きっと途中だったろうけどそのまま
——
インドネシアで1965年に起きた"共産主義者"の大虐殺の加害者に、当時の殺人を再現する様子を撮ったドキュメンタリー。
当初は、虐殺の被害者を取材していたが、当局により接触が禁じられたことや、映画の中での発言から差別がまだ生きていることを知る。
その反面、行為を行った彼らは"プレマン"と呼ばれ、英雄扱い。

罪の意識があるのか/ないのか。
「仕事」として割り切っていたのか。人間だと、認めないようにしていたのか。

(戦争って、こういうことだよね?)

わからなかった。
混乱。

手を下した人々は、"実行者"の意識はある。だから、"英雄"なんだろう。
実行させた人々や、追いつめた人々が、間にいたことも映る。彼らは、加害者ではないとおもっている。知らんふりをして済むとおもっている。

混乱。

加害者たちは日常を生きているのに、"共産主義者"はいまも怯えて暮らしている。
natsuki

natsukiの感想・評価

4.5
一言でいうと、心苦しい映画。
私が今まで観てきた映画とは一線を画しており、後半の1時間に心を抉ってくる不快感を感じます。
前半はポピュリズムによる民主主義の不完全さを感じる程度です。ここに登場するギャングスターたちは彼らなりの正義があって虐殺を行ない、そこに罪悪感はないようにみえました。
しかし後半、このドキュメンタリーの撮影によって彼らの正義に変化をもたらした事が明らかにみてとれます。

出演者にも鑑賞者にも啓蒙させるこの映画、少しだけ目も当てられないようなシーンもありますが観てよかったと思える映画でした。
Mi

Miの感想・評価

3.7
ずっと見たくて、ようやく見れた。
ドキュメンタリー初視聴。

想像を絶する悪があるわけじゃなくて、むしろ既視感すら覚える。それがどこから由来するものかいえば、まさに映画をはじめとする物語の中だ。違うとすれば、そこに下される罰はないということ。今もなお金をむしり暴力を振るう連中は、何も不自由なく過ごしている。

この映画の一番注目すべき点は、大量虐殺を行った人々が、自分が何故罪悪感を感じぜずに済んだのかを、自覚している点だ。教育やプロパガンダ文化に感覚を麻痺させれていた、という自覚がある。それでもなお残酷になれるのだ。
彼らは遠い国の野蛮人かもしれないが、間違いなく私たちと地続きの人間だ。
がく

がくの感想・評価

3.3
勝者は英雄になると昔から決まっている。
その論点にうまく標準を当てながら、主人公たちをしっかりとバカにしてる映画。

さすがに劇中の映画には笑ってしまった。
一刻も早く映画が終わるように願った。
不快、息苦しい。
ただ、人生で1度は見るべき映画だ。
nicola

nicolaの感想・評価

4.2
耐え難い事実。虐殺をした人々が英雄として自らの役を演じるというとんでもない映画。吐き気がする。けれど、目を瞑らずに沢山の人が観るべき映画だと思う。
chyaori

chyaoriの感想・評価

3.5
断じてGWの朝に観るもんではない…。でも絶対疲れるから今観てしまいたかった。1960年代、インドネシアで100万人超の大虐殺が起こった。その首謀者をインタビューするドキュメント映画。民兵集団というかヤクザの親玉であったジイさんが、嬉々として当時の殺し方や協力者達を紹介する。そして、当時の様子を、本人達出演の再現VTRにして映画を作成しようとする。(大マジで)不気味すぎる…。
「血が出過ぎで掃除が大変だから針金で殺したんだよ〜」とか「通りに出て会ったら刺すって具合で殺したよ」とか「美人の共産主義者だったら絶対レイプしてから殺してたね」とか、なんの悪気も無く当時のことを語る民兵集団の人達。
ナチュラルに商店街で働く華僑からカツアゲして映画の資金集め。
でも、神には祈る。「動物には優しくしなきゃだめだよ」と孫に教える。
なんなのこの国〜〜〜怖すぎだろ、禍々しい…気持ち悪い…
そして、当時の虐殺を再現してやっと、自分達がしてきたことが残忍であったと理解し始めるジイさん。
遅くねー?遅くねー?!なんで人殺しまくってからも普通に健康に生きて、普通に結婚して子供作って、英雄ヅラして生きてこれたのか。人間の多様性を認めるのにも限界があるわ。脳が拒否する。
インドネシアで放送されるテレビ番組でも、堂々と共産主義者を殺しまくったことをニコニコ語る…スタジオは大盛り上がり…怖いよ〜〜なんなのマジで〜〜
罪悪感というものが存在しなくなれば、どこでもこんなことが起こりうるのかもしれないと考えさせられ、勉強になりました。
しかし、散々殺しまくった後に、今更罪悪感が産まれてしまったら……。ジイさん、残りの人生地獄だな。がんばれよ。