野火の作品情報・感想・評価・動画配信

野火2014年製作の映画)

Fires on the plain

上映日:2015年07月25日

製作国:

上映時間:87分

ジャンル:

3.7

あらすじ

『野火』に投稿された感想・評価

koko

kokoの感想・評価

2.5
だいぶ精神的にくる
真正面からみるのはきつい
ちょいちょいポケモンやりながらじゃないと精神保てなかったと思う。

セリフが聞き取りずらかった
たか

たかの感想・評価

5.0

観なければ良かったかも!?人間不信になりそうです。人肉を食らう等、戦場の容赦ない生々しさは置いておいて、戦場で精神的な障害を負う怖さは深刻です。無事生還しても、妄想で戦場と同じ行動を取る可能性もあり…

>>続きを読む
koyamax

koyamaxの感想・評価

-

再鑑賞。

前回見た時は市川版を観ていなかったのですが、改めて見比べると構造が根本的に変わることはないですね。
原作にある「ある要素」がどちらもなく、そこに変わる何か、あと「良心の呵責」の向き合い方…

>>続きを読む
トラオ

トラオの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

久々に戦争映画をみました。

綺麗な映像に聞き取りにくい声。
それにグロに非人道。

これは白旗あげちゃいますわ
あげても撃ち殺されるけど

このレビューはネタバレを含みます

昔カニバリズムについて調べている時に行き当たった作品(多分オリジナル版の方)。当時はなかなか観る手段がなく、こうしてリメイク&サブスクにより視聴までのハードルが下がったのは良い時代だが、本編内容はな…

>>続きを読む

極限を生きる人々の様子に息が詰まる。人が石ころみたいに横たわり、命が放り出されている。希望のかけらさえない状況。戦争とは、こんなにも歪んでいる。フィクションではない。たしかに僕らの上の世代はこの地獄…

>>続きを読む

原作を読んで「私はその痰に含まれた日本の結核菌が、熱帯の陽にあぶられて死に絶えて行く様を、小気味よく思い浮べた。」という情景描写が凄く印象的な一文に感じていたけれど、それが台詞はなくとも映像として観…

>>続きを読む

【金子光晴の詩集『鮫(1937)』より「泡(あぶく)」:仲良く会話する死体たち】

「辛子(からし)のやうに痛い、ぶつぶつたぎつた戦争にむかつて、やつらは、むやみに引金をひいた。

いきるためにうま…

>>続きを読む
飢えに苦しみジャングルをさまよう。
これが本当の戦争のリアルかもしれない。
ひょんなことから、たまたま試写会を見に行ったが、極限状態に置かれた際こ人間の怖さをしった作品。
>|

あなたにおすすめの記事