日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価 - 134ページ目

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

起こってることの割りに映画自体は淡々としていてなんだか面白くない映画だなと思って観てました。
役者たちに助けられた映画と言ってもいいかもしれない。

本木さんの演技が良すぎた。
昭和天皇の雰囲気とかすごい伝わってきた。

内容としてはポツダム宣言を受け入れるか受け入れないかの会議シーンが何回も続きます。
本当にあった出来事って事もあり少し難しい内容かも。

また歴史上あまり表にはでていませんが宮城事件も描けれています。

戦後から70年たち戦争を知る人たちも少なってきた今だからこそ若い人たちが観た方がいい映画だと思う。
何が何でも昭和天皇をA級戦犯にしようとする演出がこっそり見える左翼映画
kanappe

kanappeの感想・評価

3.2
原田眞人版「日本のいちばん長い日」
旧作がとても良かったので鑑賞。旧作に勝てるのかどうか気になっていたがやはり難しいところ。

本作も良い点はあるがやはり旧作と比較してしまう。
まず尺が足りないにもかかわらず無駄なシーンが多いなぁ、と感じた。八月までが長い長い…。正直その時間があれば宮城事件の描写に使って欲しかった。
二つ目は尺の配分がおかしいため、宮城事件への経緯、畑中の人物描写が足りないと感じた。旧作と本作、史実に基づいているのがどちらかわからないが端折りすぎているしインパクトに欠ける。事件終結まであっさりしていた。

もちろん良かった点もある。
一番良かったのは本木雅弘の昭和天皇。本当によかった。彼を見に行くだけでも価値がある!昭和天皇がどのような方かは良く知らないが、私の中の堅実で御心優しいイメージにぴったりだった。元木さん自身演じるに当たってとても苦労したと思う。
次に青年将校の中のひとり、井田中佐を演じた大場泰正さん。将校の中でも気迫が段違いだった。重要な役柄ながらあまり焦点を当てられていなかったのが非常に残念。

単品で見ても良い作品といえば良いし監督の努力も伝わるのだが…旧作と比べると役者も描写も劣るといったところ。今作を楽しめた方は是非旧作も鑑賞して欲しい。
15 8/8 劇場
YokoGoto

YokoGotoの感想・評価

4.7
原田眞人監督の最新作で、『日本のいちばん長い日』という戦争映画ということで、(終戦の日前の)公開初日に劇場で鑑賞。原作は半藤一利作のノンフィクション『日本のいちばん長い日 決定版』に、同著者の『聖断』、『一死、大罪を謝す』、『昭和天皇実録』を取り入れた、原田眞人監督脚本作品。
1967年の作品『日本のいちばん長い日』は未見なのでなんともいえないが、原田監督の独自のテイストが大きいのではないかと思うので、別物と考えたほうが良いのではないか?と思う。


134分。
映画冒頭のシーンから、『やはり原田眞人監督作品ならではのクオリティだな』と思った。最初から最後まで、丁寧な迫力のある画づくりは、やはり日本人監督の中でも、世界に誇れる実力派監督だと言わざるをえない。


とくに、俳優の活かし方がすばらしかった。

最も良かったのが、昭和天皇役の本木雅弘さん。監督の描く昭和天皇像を的確に、そしてリアリティ溢れる人物像に演じさせたのは、監督の力量以外のなにものでもないと思う。
その他、役所広司さん、堤真一さん、山崎努さんなど、主役級の実力派俳優を主要なポジションに配置することで、その役柄の重厚感と役割をきちんと演じこなせていることろはぐうの音も出ない。
東條英機役の役者さんなんて、そのまま本人が生き帰ったのではないかと思うくらいに、雰囲気がぴったりで恐れおののいた。


さらにいえば、メインキャスト以外にも、その役作りの細やかさは秀逸である。

軍人(若手将校)役の俳優さん、全員が素晴らしかった。
出来る限り作り物に見せない、演じさせない、自然でありながらも、時代を越えて再現する日本兵の息遣いは、リアルそのもので素晴らしい。思わず、時代を逆戻りさせられたような絶妙な感情移入をさせられた。

よって、134分集中を切らすこと無く、一気に画面に引き込まれてしまった。

原田眞人監督がインタビューで、『できるだけニュートラルな軍人の姿を描きたかった』とおっしゃっていた。まさに、そのとおりだ。

よく世の中は、右とか左とかラベルを貼りたがる。
正直、そんなラベリングはどうでもよく、事実として残されている歴史をそのままうけとめ、私たちの未来を考える必要だけがあるのに、いつも違う論争になってしまう。なぜ、そういうラベリングだけがひとり歩きするのか、極めて残念でならない。


私たちが見つめるのは未来。
そのために、過去をそのまま受け止め、その時代の価値観を『理解』する。
そして、価値観の変わった現代で、同じ過ちを繰り返さないために未来を考える。
ただ、それだけでいいのではないか?と思う。

誰もが「戦争」は嫌に決っているし、起こしてはならないことは重々わかっている。本作で描かれているのは、なにもよりも、戦争を始めるのも辛いが、戦争を終わらせる事のほうが、その何倍も難しく辛い決断に見舞われる事だ。それだけは、事実として残されているのだから、学ばないわけにはいかないのである。

これらのことから、非常に秀逸な作品だと思うので、ぜひ劇場で観てもらいたいと思う。
そして、原田眞人監督には、これからも、もっともっと、こういう映画をとってもらいたい。
Fairstar

Fairstarの感想・評価

3.3
史実にどの程度則っているのかは知る由もないか、映画としてはじゅうぶんみごたえのあるものでした。もっくん演じる昭和天皇がとても思慮深く理想的な人間として描かれていたところ、判断のしようはないけれどもそのような天皇であれば亡くなった方たちも救われるのではないか❓何れにしても情報の未熟な時代だったのだろう。
意外と笑える描写があって、いわゆる戦争物が苦手な自分でも楽しんで観れた
監督も言っていたが、井田中佐役の大場泰正さん(調べないと出てこないほど無名...)がスゴくて、圧倒された
1人だけ熱量が違ったもん
あっこ

あっこの感想・評価

4.2
ポツダム宣言から玉音放送までの数日間を舞台に、政府、皇室、軍部の緊迫した内情を描いてます。内容が濃く、見応えがあって時間を忘れてしまいました。あまり語られることのない歴史の裏側を見せてくれます。登場人物の人間味も存分に描いていて、この夏必見です。
見てよかったと思える。特に今年。
日本史好きでもあるし。
役所さんはもちろんモッくんがよかった。