アイヒマン・ショー/歴史を写した男たちの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち2015年製作の映画)

The Eichmann Show

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:96分

3.6

あらすじ

1961年、元ナチス親衛隊(SS)将校アドルフ・アイヒマンの裁判が開廷された。ナチス戦犯を前に生存者たちが語る証言は、ホロコーストの実態を明らかにする又とない機会だった。“ナチスが、ユダヤ人に何をしたのか”TVプロデューサーのミルトン・フルックマンとドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツはこの真実を全世界に知らせるため、≪世紀の裁判≫を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトを計画…

1961年、元ナチス親衛隊(SS)将校アドルフ・アイヒマンの裁判が開廷された。ナチス戦犯を前に生存者たちが語る証言は、ホロコーストの実態を明らかにする又とない機会だった。“ナチスが、ユダヤ人に何をしたのか”TVプロデューサーのミルトン・フルックマンとドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツはこの真実を全世界に知らせるため、≪世紀の裁判≫を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトを計画する。様々な困難が立ちはだかる中、撮影の準備は進められ、ついに裁判の日を迎える…。世界初となるTVイベントの実現のために奔走した制作チームの想いとは…。

「アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち」に投稿された感想・評価

bb

bbの感想・評価

3.5
当時の映像を盛り込むのは大抵ドキュメンタリーで、生き残りの人たちが当時のことを語っている最中で歴史として流れる。
というのが通常だと思っていましたが、凄く自然な流れで悲惨な当時の状況が映像として流れ、自分もテレビを見ている気分になります。

言葉で語られるだけでも悲惨すぎて信じてもらえなかった証言。それを目にした時人々は絶句し、真実を目の当たりにする。
映像の力を感じられる作品です。
平和を守るために知らなきゃいけないことはたくさんある。
スペシャリストも、もう一度きちんと見よう。
miholy

miholyの感想・評価

1.5
当時の悲劇的な映像には心が痛いが、それにしてもディレクターがクズすぎてしらけてしまった。周囲のクルーもとにかく感情をコントロールできない人が多く、まあ仕方ないとはいえ「裁判なんだからもうちょっと冷静にならなきゃ」と思った。
ラストの勝利宣言は謎である。
まよ

まよの感想・評価

4.0
まだ二次大戦の記憶が色濃く残っている人々、そしてホロコーストの実際の被害者達。その人たちが当時どんな心境でこのアイヒマンの裁判映像を見ていたのか考えると苦しくなる。
Yektnzw

Yektnzwの感想・評価

-
目をそらしてはいけないとわかってるのに、見ていられなかった。目をそらした瞬間に、自分の顔が赤くなったのがわかった。
たくさん本や他の映画で、ホロコーストの出来事は多少なりとも理解していたつもりだったけれども。恥ずかしいくらいになにもわかってなかった。
kaicho

kaichoの感想・評価

3.7
1980-90
なぜホロコーストのような事が起こったのか。その1点が知りたくて、しかし起こった現実はあまりにも残酷であり、息苦しくなってしまう。
短いながらもなかなかの野心作。自分はこのテーマには身構える方なのだが、切り口の巧さとキャスティングに乗っけられた形に。この監督ベタなんだけどねー、首根っこ捕まえてくるんだよね。収容所にいた女性が「身の上を聞かせてと言われ、話すと嘘でしょと言われた。ありがとう」これはねー。『ハンナアーレント』はよりシビアで冷静なので併せて。
他にもアイヒマン裁判の映画いっぱいあるけど個人的に1番わかりやすい
実際の映像を混ぜて
興味深い。
被害者の話がしんどい。
凹む。
アイヒマンの映像は前から何度か見てきたけど、なんか怖いんだよな。顔色ひとつ変えないし。

最後の誰でもアイヒマンになる可能性あるよ的な発言も印象的だったよ。
>|