アイヒマン・ショー/歴史を写した男たちの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち2015年製作の映画)

The Eichmann Show

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:96分

3.6

あらすじ

1961年、元ナチス親衛隊(SS)将校アドルフ・アイヒマンの裁判が開廷された。ナチス戦犯を前に生存者たちが語る証言は、ホロコーストの実態を明らかにする又とない機会だった。“ナチスが、ユダヤ人に何をしたのか”TVプロデューサーのミルトン・フルックマンとドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツはこの真実を全世界に知らせるため、≪世紀の裁判≫を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトを計画…

1961年、元ナチス親衛隊(SS)将校アドルフ・アイヒマンの裁判が開廷された。ナチス戦犯を前に生存者たちが語る証言は、ホロコーストの実態を明らかにする又とない機会だった。“ナチスが、ユダヤ人に何をしたのか”TVプロデューサーのミルトン・フルックマンとドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツはこの真実を全世界に知らせるため、≪世紀の裁判≫を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトを計画する。様々な困難が立ちはだかる中、撮影の準備は進められ、ついに裁判の日を迎える…。世界初となるTVイベントの実現のために奔走した制作チームの想いとは…。

「アイヒマン・ショー/歴史を写した男たち」に投稿された感想・評価

ゆき

ゆきの感想・評価

3.4
当時の映像を巧みに使い、引き込まれる。
ストーリーのメリハリが少なかった
水のま

水のまの感想・評価

4.2
実際の映像を見るだけで資料的に意義がある映画
アイヒマンと、テレビマンたち・傍聴者たち・視聴者たちのカットバックが効いてくる
まつこ

まつこの感想・評価

3.1
本当にショーだなぁと編集の様子の再現を見て感じた。

思ったよりサラッと感じてしまったのは何故だろう。マーティンの困り顔は私的に愛すべき眉間の皺部門2位だったりします。
う

うの感想・評価

3.7
ドキュメンタリーに近く絵面は限りなく地味だがテンポが良く、シンプルな台詞は聞こえやすく、ぐいぐい引き込まれていく。
物語の山場はラストにあり、そこへと登っていく最後から20分ほどは強烈な記録映像もあり目が離せない。
文字通り骨と皮しかない男性の映像、大量に折り重なった、真っ白で痩せ細った遺体がブルドーザーによってまるで土塊を扱うように寄せられている映像、あまりにも非人道的過ぎて理解が追いつかなかった。「これはもしかして人なのか?」

ホロコーストは、“戦時中にヨーロッパでおこったおぞましい虐殺事件”という表面に、人権問題も内包している。
それは世界的に現在も続く問題であり、わたしたちもまた当事者なのだ。
映画的な盛り上がりや緊張感には正直欠けると思うけど、事実に触れるという意味では面白い作品。これを機にもっと知っていきたい。
RED

REDの感想・評価

2.8
映画としてはそれほど面白いものではないが、改めて勉強する機会を作ってくれました。
emi

emiの感想・評価

3.5
「世紀の裁判」のテレビ放映の制作サイドのストーリーで、プロデューサー役と監督役の二人の俳優の熱演と、当時の本物の映像の迫力で、リアルで緊迫感のある作品だ。色んな立場の人達の考えを提示することで、この放映の持つ意味やホロコーストの教訓を観る人に考えさせる。
史実に基づくドキュメンタリー映画

真実を、隠された闇を人類に見せつけるべく奔走したTVマン達の熱いドキュメンタリー。

ホロコースト(ユダヤ人絶滅計画)は以前から知っており、人類史上最悪の虐殺行為ということは知っていたが、それを裁判で裁き、処罰する行為は初めて見ました。
ただ単にナチスだからと殺したり、処刑しては、殺人の連鎖は終わらない。
法のもと、人道的に法的に裁くことにより、犯罪の始まり、内容、結果を全ての人に見てもらうことにより、同じ過ちを繰り返させない意図があると考える。
また、ファシズムは全ての人の心の中に潜んでいるもので、暴走する可能性を秘めているとも謳っている。

当時の被害者でもない彼等が、問題の重み、大きさを捉え、人類に知らせなければならない、と奔走する姿は、まさにジャーナリズムの塊!
例え自分達に命の危険が迫ろうとも…

信じるも信じないも
事実です☝️
ユダヤ人問題の最終的解決いわゆるホロコーストを指揮したとされるアイヒマンの裁判をテレビ放送した人達の話。
アイヒマンは戦後の混乱に乗じて逃れたから、ニュルンベルク裁判にかけられることはなかった。
その後、アルゼンチンでイスラエル政府に捕まえられる。それがアルゼンチンとの合意の上で行われたわけじゃなかったから揉めるんだけど、、、
ユダヤ人の国イスラエルにおいて、ユダヤ人の大量虐殺をしたアイヒマンをユダヤ人判事たちは公平に裁けるのか。
そして、アイヒマンとは何者なのか。本姓から大量虐殺を行う怪物なのか。それとも、当時の狂気に犯されたファシズムの犠牲者の1人なのか。
ファシズム関連は歴史をみても最悪なものの1つであり、それなこと2度と起こさないためにも考えるべきこと。ファシズムは狂気によって誰にでも起こりうることなのか、一部の狂気的な人にのみ起こりうることなのか。今作はそんなことを考えさせてくれる作品だとおもう。
マーティンフリーマンのために見に行った作品だが、内容が衝撃的でインパクトがあった。
史実を学ぶために見た方がいい勉強になる作品。マーティンフリーマンは変わらずいい。
>|