マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

私はこの街が好きだった。我が故郷であり、兄と過ごした思い出の街。甥と触れ合っていくことで思い出される楽しかったあの頃の懐かしい記憶。しかし、それと同時に思い起こされる辛い過去の記憶。この街には相反する二つの記憶が結びついてしまっている。
そのような環境の中で主人公は明日への一歩をなんとか踏み出そうとしていくのだが、ちょっとした会話や出会い・再会なんかが哀しみの瀬戸際にいる彼の心を抉ったりするのが、すごくリアルで繊細で素晴らしい。

哀しみを内に秘め、誰にも打ち明けられない苦痛を打ち明けられた時、何かが変わった。過去の辛い記憶を内に秘めつつ、過去の記憶と今の楽しい時間との共存を覚えた彼の未来はきっと明るいことだろう。
そんな予感を感じさせるラストシーン。
海は兄と甥とで3人で釣りをしたという記憶でもあるのだけれども、釣りに行くばかりで自分の子どもにあまり構ってあげられなかった後悔、もういない兄との思い出。過去の色々な記憶へと繋がってしまう故郷の海に、甥と二人で釣りをするという思い出が新たに増えたことは主人公にとっての明日への一歩なのかもしれない。
物語全体的に暗く重いし、超現実的。観てて楽しいとも思わないし感動もない。マンチェスターの薄暗くて寒そうな感じも映画の雰囲気にピッタリ。
アメリカ北東部の小さな港町の町名がそのまま題名になっている無骨さそのままに、ある家族の出来事に固定カメラを据えたかのように静かに寄り添い(物語の主人公同様)無口に近い語り口でその様子を切り取った作品。

時系列をずらしながら主人公の抱えたトラウマを徐々に明らかにしていく前半の編集(および回想シーンにつけられたやや大仰なクラシック曲)を除けば、ドラマに熱を入れることなくひたすら淡々とした描写だけが積み重ねられていくなかで、少しずつ歩みを進めていく主人公たちのさまがリアルな人生の断章としてこちらの胸に響いてくる。

人生の問題が劇的に解決することはないし、わかりやすいハッピーエンディングが待っているわけでもないけれど、そのこと自体がまたこの作品を支えるリアリティとして大きな余韻を残す。
KaiYoshida

KaiYoshidaの感想・評価

3.8
全編通して死という暗いバックグラウンドを背負った映画。マンチェスターの寂れた仄暗い雰囲気が作品全体に一貫して現れている。綺麗な起承転結が明確にある作品ではないが、人の悲しみや一筋縄ではいかない感情を上手く表現している作品だった。
はじめは分からないところだらけで、
観ていくうちにだんだんと過去が浮き彫りになってくる。
重大な事柄が終盤に分かり鳥肌がたつ
そしてどんどんのめり込んでいく。
静かに同じトーンで話は進むが内容のずっしり感はあったまま、しかしどこか明るさがあり観ていられる。

ストーリー構成の丁度いい分かりにくさと理解して繋がってく爽快感が抜群だった。
寒そうな街並みと海のシーンが美しい、ケイシー・アフレックの辛い過去を背負った影のある演技が印象的。

着地点は想像より少し違ったけど、主人公はここからスタートなんだろう。

ただパトリックはリア充すぎやしないか。
普通なら絶対途中で寝てしまうよな映画

のはずなのに…
ずーっと観てしまう映画はなんなんや!!

コレはオッさんになればなるほど身に染みる…
このリーと自分がかぶる人
兄とかぶる人
兄の友人と被る人

このリーをほっとけない二時間になりました

ただ
ただ
この過去は辛すぎる
ほんま辛すぎた
福之助

福之助の感想・評価

5.0
また良い映画を観てしまった!
ケイシー・アフレック最高ですね
このやさぐれ感たまりません

主人公の兄の死をきっかけに人と人が繋がり出します

そうなんですよね
親戚のお葬式って悲しいけれど子供デカくなってる!とかおばちゃん太った!おっちゃん禿げたな!などなどそれまでの時間を繋いでくれるんですよね

この物語の良いところはちょいちょい出てくるシュールで笑える会話
ただ暗いだけの映画で終わらせていないとこがいい

絶対にまた観る映画です
北山

北山の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

リーが結局自分の過去を乗り越えれなかったのが残念

ボールを投げながら歩くシーンは好きだった
ぼそぼそした喋りのケイシー・アフレック、口数が少なく内向的なイメージがこの役所にぴったりでしたね。これで兄貴のベン・アフレックに肩をならべたかな❣️
>|