マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

miri

miriの感想・評価

3.9
ゆっくりとした暗い映画
いたたまれない、、なあ
タイプではない映画
当時デートで観に行こうとしてたけど、これ観なくて良かった〜と思った笑
4

4の感想・評価

-
過去を抱えながら生きていなければいけないんだな。
暗く淡々と進んでいく。
過去と現在の差に苦しくなる。
のり

のりの感想・評価

4.5
最初から暗いムード
何か訳ありな男
徐々にその理由がわかってくる
人間は一度は必ず死ぬ、それは逃れられない事実、しかし、大きな後悔をして迎える人とそうでない人がいる
何で読んだか、聞いたか忘れたが、そのような言葉を思いだした。あれもしておけば良かったとか、そういうやり残した後悔ではなく、自分のせいで大切な人を傷つけてしまったり、亡くしてしまう
悔やんでも悔やみきれない後悔、その思いは死ぬまで消えることなく抱えて生きていくんだろうな😢

それでも、生き抜いた彼には、最期の時後悔ではなく光をみせてあげたい
ゆっくりとした展開でジワジワとひきこまれる。気がつけば、リーに寄り添ってる自分がいた。
Masachan

Masachanの感想・評価

3.8
リーは飲んだくれでジャンキーでロクでもない奴
自分の失敗で人生をめちゃくちゃにしてしまった
それをずっとひきずっている
一生引きずらなきゃいけない重い過去
予期せぬ兄の死
予期せぬ兄の遺言
でも、立ち直れないんだな
全部が重かったな
でも、その辛さわかる気がする
耐えられる気はしない

このレビューはネタバレを含みます

脚本がとても良い。
途中わりとファッキンティーンネイジャーとイラついたが。。笑
個人の許容の問題でありストーリーどうこうはまったく関係ない。

兄の元嫁を拒絶しきるの何か愛を感じた。
仲が良い家族の姿より身内に迷惑かけた奴を絶対許さないと言う姿勢の方が家族愛と捉えてしまう。

主演の演技が上手い分、過去と現在の生き方の差が引き立ち結構ダメージを食らった。
あんなに悲しい「愛してる」は初めて聞きかなり印象的だが、それに続けられた「死なないで」が彼女の思いの核だったのかなと。伝えられたことで少しでもお互いの心のすれ違いがなくなっていたらと思う。
みみず

みみずの感想・評価

3.9
主人公は労働階級の便利屋で、兄が死んで、過去に辛い経験があって、甥の後見人になって、、、
アメリカンドリームとは真逆の切なく、暗い内容。
自分と重なり「ゔっ」ときたり、辛くて観てられないっていう人もいるかもしれない。

けど、人はみんな強くないっていう現実的な人間像が描かれていて、救いになる内容でもあると思う。
また暗い雰囲気の中で、根底には家族を想っている優しさがあり、温かさも感じられた。

演技が素晴らしく、映画にのめり込んでしまった。
p

pの感想・評価

5.0
ある事件をきっかけに心閉ざしたリーと兄の息子とのお話
そのある事件を徐々に明かすように過去の物語も交互に進む。過去のリーは明るく愛に溢れた人で現在のリーと同一人物だとは思えない程
そんなある日病気の兄が亡くなり、急に兄の息子の後継人となる
心を閉ざしたリーとまだ高校生の息子。微妙な距離感で、でもそこには優しさがあって。素敵な映画でした。
時間が経っても癒えない痛み、傷。
光の無いような目のリー(ケイシー・アフレック)。彼の過去が徐々に明らかになり、自分の経験と重なり辛い。
元妻であるランディと偶然遭遇するシーン。忘れられない人からある意味一番聞きたかったセリフを言われたはずなのに…辛い

一瞬、なんの脈絡もなく挿入されるシーンに、他の映画だとストレスを感じるのだが、一生懸命読み取ろうとする自分がいた。

周囲の人間の優しさ、死んで感じる兄の優しさ、不器用ながらも甥とのつきあい方を考えるリー、そしてまだ続く人生。
派手さは無いが時間が経つほど沁みる良質な映画。
Ayako

Ayakoの感想・評価

3.5
悲しいけどいい映画。
マンチェスターには海がないのにどうしてby the seaなのかと思ったらマサチューセッツのマンチェスターだった。
>|