マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

猫背

猫背の感想・評価

3.6
他人から、共感してるような言葉が欲しいわけじゃない。理解してもらいたいわけでもない。
悲劇に乗っかる周りの言葉がしんどい。

ぼーっと海で釣りしたいなー。
Maki

Makiの感想・評価

3.6
マンチェスターバイザシーの美しさと侘しさが混合する街並みと、悲しくもじんわりと暖かさが滲み出るストーリーが上手く合わさっている作品だった。

次々と明かされるリーの過去を知るにつれ、何気ないシーンの見方もガラッと変わる。また、淡々としたストーリーだけれど、日常のユーモラスな部分を上手く映すことで最後まで引き付けられた。

そして主演のケイシーアフレックの演技力が凄い。マット・デイモンが役を譲ったらしいけど、この役はケイシーにしか出来ないと思った。感情の些細な揺れや、孤独、喪失、悔恨といった様々な気持ちがよく表れていた。

消して過去は変わらないし痛みも癒えることはないけど、それでも甥と歩み寄る姿には心打たれる。御都合主義ではない、これが現実。冷凍庫のシーンと三枚の写真立ての演出が好き。
ninja

ninjaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

淡々と進んでいくストーリー、僕の苦手なジャンルの映画かも。

ただ心の痛みは、自己消化しかない、それぞれの登場人物がもがきながらも、乗り越えようと努力してるのは感じたし、それぞれSOSも出すし手も差し伸べる。で、最後は自分の責任で前進。人生ってみなこんな感じだよなってのを再認識。




この感情のトライアングルでした

鬱蒼とした雰囲気の中で
自分の心がザワザワ

よく言えばすごくリアル
こういう人はいるだろうし、現実はそんなにうまくいかない

何かを失うことは辛い
でも、息をしてるから
生きるんだ
少し長めの作品だから観るのを後回しにしていましたが、ようやく観れました。
これはずっと観入ってしまいましたね。
「動揺」みたいなのを抑えよう落ち着かせようとする気持ちから、やはり些細なことで「感情」あらわにしてしまう。
これは誰でも在ることだし、これから起こり得ること。
ストーリーに大きな展開こそないけれど135分最後まで集中して観れた作品でした。
喧嘩や口喧嘩のシーンはかなり多いが、主人公と共に居る甥の存在、二人の会話のやり取りはお互いの言い分がよく理解できる。
二人が感情的になって話し合うシーンも見所の一つ。
街並みと風景と季節が計算しつくされているし、
脚本と演出の完成度が素晴らしいと思った。
脇で出てくる役者もほぼ全て。
リアリティ有り過ぎてドキュメントのよう。
主人公たちが本当の感情をあえて押し殺した演技をしていて、観ているのが結構しんどい。
たぶん子育て中は辛くてもう観れない。
想像していたよりも結構重たい話だったり
捉え方次第で色々ある。

ケイシーアフラックもそうだけどミシェルの感情の作り方どうなってんの?

ミシェルはん。あんたは
ノミネートされたけど受賞されてもおかしないで。

ケイシーに想いを告白する所マジで泣いた。
うわー切ねーて。

あーもう!!リーの気持ちも分かるからやるせなさ半端ない。

報われない事だってあるよな。
けど伝えた方は今まで抱えてた鎖みたいなものが外れた様な、伝えて良かったのかとかもーそんな、葛藤がヤッバいここ
su

suの感想・評価

3.9
見終えてから、もう一度一番最初のシーンに戻ると、グッとくるものがありました。

ただただ静かに、胸を打つ優しさがあるなと。。。良い作品。

でも、ただ、ただ!
なんであの人らあんなモテるんだ??🤔
赤足

赤足の感想・評価

3.0
アカデミー賞の注目作として話題となった作品で、ストーリーがちょうど自分の境遇と重なるところもありひかれた作品でもある。

兄の死を機に故郷に帰って来たリーは、兄の遺言で16歳の甥・パトリックの後見人となる。リーは過去の悲劇と向き合い、パトリックと共に新たな一歩を踏み出そうとする。

兄の死を機に過去を引きずり戻りたくなかった田舎に戻り、残された甥っ子と過ごす中で自らを見つめ直し再生していくかのような希望ある展開なのかと思いきや!?...ストーリーが進んでいくにつれ。主人公リーが多々、無気力でちょっとした事で言動が粗野になったり過去の悲劇から苦悩するのも向き合おうともせずに、最後まで背を向ける姿勢と自己中心な性格に感情移入は出来なく、個人的に人間としてもかなり嫌いなタイプで感情移入もくそもなかった(汗)

リーの心象風景を表すかのような田舎町の景観シーンはなかなか良かったが、長々と続く回想シーンは間延びしてテンポがかなり悪くなっていた感じもした。そして他の登場人物がみんなどこか影を持っているかのように全体的に暗く、この作品はまさに主人公(リー)の目線で映された世界観という感覚で描いているかのようにも感じたのもあってか、甥のパトリックに関してや他を含むラストのまあ~安易に正解を描かなかった点としては評価できるポイントでリアルであるように思えたが

見終わった後の何ともいえないお葬式の後のような、みんながみんな不幸でいたたまれい、自分的にはかなりフラストレーションがたまる作品であった。どこかに救いがあるかと期待をすると、足元をすくわれかねないパターンの内容で、かなり好みがハッキリと分かれる映画で自分は見事に足元をすくわれてしまった(笑)
rika

rikaの感想・評価

3.4
終始みんなfuckばかり言ってた気がする。
兄が亡くなる前に、全て根回しして準備してくれていて良かった。
>|