君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(2館)

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

ハル

ハルの感想・評価

4.0
純粋無垢な恋愛が美しく描かれていて、本当に素敵だった。
ただ好きだから愛す、ということは、人間の本質的な部分なのに、それが何故か大多数の人と違うと、白い目で見られてしまう。
愛し方も、普通という概念も、100人いたら100通りあるから、自分の普通を押し付けては駄目だな、と気付くことが出来た。
エリオもオリヴァーも、そんな誰かの普通に引っ張られて、悩んでいたんだとわかった。
エンドロールがとても神秘的で、斬新で、綺麗だった 🎬
君の名前で僕を呼んで
僕の名前で君を呼ぶ

大名作‥

ストーリーだけ読むと、艶っぽくて、鮮烈で瑞々しい感じがして、実際にストーリーだけでいってしまえば全然好みではなかったのですが、それでも引き込まれてしまいました。

まず印象的なのは北イタリアの夏の風景。
映画を通して、ずっと映し出される景色一つ一つがキラキラと眩しく輝く太陽の光がなんとも鮮やかで、カラッとした空気や匂いが感じられそうなほどに魅惑的な空間。
こういった風景に縁がない身からすると、ちょっとした非日常の世界。
一夏の恋映画の舞台としてこんなに眩しいロケーションはなかなかない!
一つ一つのシーンが、写真集のように鮮やか。画作りから引き込まれました。

この映画で一番好きな部分は、迷いどころですが、役者陣です。
僭越ながらアーミーハマープチブーム中で、コードネーム、白雪姫と来て3作目だったので楽しみにしていたのですが、もう、アーミーハマー祭り。
直接的な性描写とか、露骨な肉体描写は作中全然ないんですよ。夏が舞台ということもあり半裸とかは多いですけど、全然健康的な画面。それにも関わらずあの色気はどこから????
物語が全てエリオ視点で描かれているからこそ、エリオに感情移入しすぎてやばかったです。
エリオ視点だからこその、オリバーの何考えてるか掴みきれない感じ
オリバーは自分のことどう思っているんだろうというくすぶり
見れば見るほど魅力的にうつるオリバー、、、
マジでエッチなお兄さん
バーミーハマー好きな人はまじで見てほしい

そしてびっくりしたのがティモシー・シャメラ
全く知らない俳優さんだったのですが、彼の演技とルックスに釘付けにされた。エリオにふさわしすぎる。
彼じゃなきゃエリオは成り立たなかった、、、とさえ思います。
若くて鮮烈で瑞々しいんですよね
すごくキラキラしてて、若い

同性愛がテーマですし、時代的にも、ストーリー的にも、ブロークバックマウンテン然りな鬱展開になってもおかしくない重々しい主題なんですよねーこの映画。

しかし、この映画には重さ、複雑さ、暗さ、全てありません。
蓋を開けてみれば、そこにあるのはキラキラした一夏の恋。眩しくて、みずみずしくて、フレッシュでキラキラしたもぎたての恋の映画に仕上がってるんです。
オリバーが主役ならこうはならなかった。
エリオが主人公だから成り立つ奇跡のバランスとでもいうべきでしょうか。
本当に甘酸っぱいんですよね。

この二人の演技の、全てがいい。
言葉にしない演出が非常に多い。目線、ちょっとした仕草や動作、間や、行動の一つ一つが、生々しいというか、リアルというか、リアルよりもさらに生々しい。。。めちゃくちゃ釘付けになりました。見てて全く飽きるシーンがありません。全然淡々と進んで、展開は早い方ではないんですけど、それでも見入ってしまう。一つ一つのシーン全てが映画の重要な構成要素になっている感じです!何回見ても新たな発見ができるタイプの映画でもあるんじゃないかな。

正解が明確に提示されているわけではないけど、それでもキャラクターの心情が行動から推し量れるのがすごい。
あー、エリオはオリバーのこと気になってるんだなー、、、とか、そういうレベルじゃなくて、もっと言葉にできないような、繊細で複雑な感情をお互い抱えているのが、画面から伝わってくる、、、
こればかりは、ぜひ皆さんにも実際に見ていただきたいです。

あとは先ほども言いましたが、度直球にエロくないんですよね。丸出しのエロはないのに、びっくりするほどエロい。言い逃れできる(実際にはできない)レベルで遠回しにエロい。そういう演出が鬼のようにある。いちいち性的。考えすぎですよー!って言えるシーンだけで構成されている感じ、、、そしたらもうそれは考えすぎではないですよね、、、そこも含めはまりました…

音楽も象徴的。
先ほども述べたとおり、言葉で直接感情を表すシーンが少ない分、音楽がかなりその表現の手助けしていたみたいですね。私も、何箇所か印象に残っています
ほぼ耳そっちのけで画面に釘付けでしたが、、、笑

ラストのお父さんとの対談シーンは映画史に残る名シーン。掛け値なしにいろんな人に見てほしい。
そしてラストのクレジットシークエンスは、これまた映画史に残る名エンドロール。
誰しもがみんなそれぞれの想いを抱えて…
参加型映画というか、なんというか、あのシーンを見た人はみんな、観客でありつつ、でも傍観者だけじゃいられなくなると思います。めちゃくちゃ印象的ですよね。

入野自由さんと津田健次郎さんの掛け合いが見たくて、吹き替えで見たのですが、あまりにも好きすぎて言語版も見てしまいました。。。わ
私は声優さんの演技も大好きなので、個人的にはエリオは入野自由さんのほうが感覚に合ってて好みでした。
オリバーは、もちろん津田さんもいいのですが、アーミーハマーが、本当にエロい。それにつきる。
それにつきる映画

気になってる人はぜひ!!!!!
ori

oriの感想・評価

4.8
一生ティモシーィィィィエリオォォォォって心で叫んでました

美しすぎてはかなくて切なくて
10代ならではの葛藤を絶妙に演じてるティモシー本当すんばらしいな

アーミーが演じるオリヴァーも大人ぶってるだけかと思いきや少年の心を持った愛らしい人間性を持った瞬間を見たときの尊さといい、、

尊すぎて眩しくて切なくて苦しくなりました

エリオみたいなストライプのシャツにLevis501はいて、ビーチサンダル履いて、サングラスかけて夏のイタリア行きたい🇮🇹🍋
Me

Meの感想・評価

3.8
私には難しかったのでこのスコアだけど、切ない同性のラブストーリー


・なぜお互いの好意を気づけたのか
・タイトルである、君の名前で僕を呼んで はどういうことなのか

などなど、私の理解力が乏しいせいかところどころ疑問な点が多く、セリフの意図も分からないことが多かったので、鑑賞後に解説してあるサイトを見た。
この映画を真に楽しむには、その時代のオリヴァーの住むアメリカの背景や育った環境、彼の専攻してる分野について詳しく知る必要がある。
解説を読んだ後、この映画の奥深さと、一筋縄ではいかない同棲愛の難しさをしみじみ感じた

いつか、誰もが望んだ恋愛が出来る世界になってほしいと切に思う


かなり明確に🔞なシーンがあるから
見る相手は選んだ方がいい
いき

いきの感想・評価

3.0

もっと感想長く感情的に書いていたのですが、色々思うところがありすぎて。
だいぶ消して完結に。

ティモシー・シャラメ
出演作、自分は初見だったのですが
とても良かったです。
本当は⭐︎5付けたい。

でもカメラワークに感じた違和感や、
アイヴォリー脚本の言葉の繋がらなさ、難しさに少しもやもやと。
鑑賞後、映画が撮られた経緯や監督のインタビューなどに目を通してみて、
合わない、と感じた部分があったのと
余計な挿入歌があって興醒めしたので
作品として⭐︎4や5は付けられないかな…
y

yの感想・評価

-
やっとやっと観れました。
目に映るもの、耳に聴くもの全てが"美"すぎる。
特に、北イタリアの明るい街並みが綺麗すぎて住みたいし、ティモシー・シャラメの瞳が好きすぎて本当に本当に目から目を離せない……

いずれ来る別れの日について話題にする時の二人のあの感じとか、駅で引き止めることすら出来ないのが切なくて切なくて、、

言葉に現すことが出来ないほど他とは比べられないくらい大切な、何一つとして忘れられない、一夏の思い出☼
ayu

ayuの感想・評価

3.5
美しい街並みと見た目も心も美しい登場人物による美しい映画。

オリヴァーへの行き場のない想いを女の子で消化しちゃうところはさすがにウーンって感じだけど。
そういうところも含めて葛藤とかがよく描かれてると思った。何よりも両親が素晴らしい。
ちくわ

ちくわの感想・評価

4.8
「痛みを葬るな」
「君の名前で僕を呼んで」

透明感
本質に触れない
夜に向かう感覚
音と感情の動き
景色
終わり方


映画館で泣いたのはじめてすぎて焦ってた…笑
お父さんのセリフの痛みを感じないように生きること、無感情に生きてはいけないって言葉が刺さり過ぎた…
(個人的にぐっさり突き刺さった…)

クリスマスのエリオの服が好き

言葉にできない気持ちが多い
ayaka

ayakaの感想・評価

-
最後の
美しく
炎に溶ける
少年の瞳

追伸
アデル、ブルーは熱い色
を思い出した
好きな人に、自分の名前を呼んでもらいたいと言う気持ちはまだ分からないけれど
後半のお父さんの話はとても良かった。
>|