君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

sota

sotaの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

どのシーンを切り取っても甘美。
なんであの夜、オリバーはエリオに
“Call me by your name. I’ll call you by mine”
なんて言ったのだろう。
なんだかわかるような気がしてわからない。

水辺での駆け引き。桃のマスタベーションとその後のやり取り。エリオのぎこちなさともどかしさのような、複雑な感情が表現されていて美しい。

自転車で走る2人を追いかけないカメラ。
2人の関係がピークにある場面でのキスシーンでアンフォーカス。最高。

悲しみ、痛みは葬らなくていいという父親の言葉。
Kay

Kayの感想・評価

4.2
最後の方のお父さんのセリフ刺さった。
元恋人のこともう忘れようなんてせん。

桃食べたくなって、買いに行った
指で種えぐり出してやったわ🍑
cc

ccの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

僕が どれだけ幸せかわかる?

なにも後悔してほしくない

君を苦しませたと思いたくない

誰も悪くない




わたしも本は好きよ

人に言わないけど


めちゃめちゃ呑気に観てたらこんな映画とはおもってなくて、打ちのめされてしまった、胸に刻みたい。



あと、イタリアのあかるい夏、なにも予定のない日々に平和な両親、陽光の下の食卓、風の通る屋内、そのへんの、「北イタリアのうつくしい夏」と、うつくしい音楽、それだけでもう心が喜んでいた。
また一つ、名作を見た。
レディバードチェックしてたティモシーシャラメの初主演作品。
夏の休暇を過ごす中での風景や描写が淡々と描かれながら物語は進んでいく。
そして、恋。
自分のかつて通り過ぎてきた特別な思い出と心がリンクして、切ない想いが蘇った。
同性に恋をしてしまうという葛藤や、でも抑えられない心と身体、恋のもたらす喜びと悲しみ。
そういう複雑でセンシティブなところを、ティモシーシャラメは見事に演じきっていた。
オリヴァーと別れて家に帰ってきたエリオに語りかける父のセリフが素晴らしかった。
そして、ラストの焚き火に照らされながらのエリオの表情たるや!!
久しぶりに、凄く引き込まれる作品に出会った。
ティモシーシャラメは素晴らしい俳優だ。
shiho

shihoの感想・評価

4.4


真夜中に見たんですけど、ティモシーシャメラがめちゃめちゃエモい、、、
役者としてあの雰囲気というかあの感じだせるの若手だとティモシーシャメラだけだよね、、

最近LGBTに関する作品多いけど、こーゆーのがもっと普及していろんな人の価値観が変わればいいなと思う
yu

yuの感想・評価

4.4
“Call me by your name.
I’ll call me by my name.”

はぁと思わずため息が出てしまった作品。

ひとつひとつのカットが丁寧で、柔らかい。
感情に正直で、言葉を発さなくてもじんわりと伝わってくる気持ちに心が溶かされていくようでした。

そして特筆すべきはまだあって、両親が本当にいい。
息子の恋に気づいて、受け入れて、そして、恋の苦しみは忘れてはいけないけど、それと同じくらい幸せだった気持ちも忘れてはいけないのだと教えてくれたよき理解者でもありました。

美しいという言葉でしか表せないのが悔しいけれど、音楽に、撮影地に、セリフに、すべてが美しい作品でした。
yh

yhの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

愛に性別なんて関係ないという事をひしひしと感じた。オリヴァーは女性と結婚する事を決めた。それを聞いた後のエリオの表情に引き込まれた。
夏の終わりに観れたのがすごく良かったんだと思う。全部夏のせいにしても忘れられないことってたくさんあるよね〜〜エリオ〜〜😭という気持ち。
エンドロールが火が燃える音で終わるのめっちゃ良かった、、現実は音楽なんて聞こえないしね、エリオ〜〜😭
同性愛が美しい🏳️‍🌈

家族がいい人でお父さんの最後の言葉が良き◎

そして、一昔前の海外ファッションが好き◎
ちくわ

ちくわの感想・評価

4.7
人は恋をすると世界が変わって見えるとよく言われるもので、舞台のイタリアの避暑地の美しい原風景はエリオの見る世界だったかもしれない。オリバーがあんなにハンサムなお兄さんに見えるのも、恋をしたエリオにはそう見えただけで、実際にはそこらにいる男子大学生だったかもしれない。
ただ、こういった恋愛の普遍的な喜びと恋の終わりにグッとくることに相手の性別は関係ない。エリオのお父ちゃんの「お前が感じた喜びをその痛みとともに葬ってはいけない」という優しい言葉にどれだけ多くの方が励まされたかをふと思っただけで涙が出そうになる。

一つ苦言を呈するなら、オナホ代わりに使った果物を好きな相手にもしゃもしゃ食べられたら、自分だったらドン引きしてしまうわ…
>|