ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

nozzo

nozzoの感想・評価

3.8
Hello strangerが流れた時の2人の表情が、忘れがたい。美しい映像と、シンプルながら力強い物語構成。悲惨な状況の中にもささやかな救いがある。ひそやかな叙情と共に。こういう物語があることはやはり救いになるなぁ、と思った。
友達から映像が美しいから見てみてと言われて鑑賞

家の小さいテレビじゃ映像美を完全に感じ取れなかったのが残念、

再上映あったら絶対見に行く。
映画館で見たかった。。
寂しさはあっても孤独でなければ良いのですがね。子ども時代の話は切なく悲しいです。
Tamo

Tamoの感想・評価

3.5
なんだか面白くはないけど退屈でもなかった。深夜にしっとり観るのがちょうどいい感じ。ズーンとなるわけでもなく、スッキリとするわけでもなく、、、ひたすらヤク中の母の元に生まれ歪んだ愛情の感覚を抱き、ゲイであることもうまく処理しきれず…なんだか、最後までやりきれなかった…でもきっとこうやって、強く逞しく見えても、心の中は儚く脆い人は多くいるんだろうな、と考えさせられた。なんか、そういう考えさせられる作品だった。
Hitu

Hituの感想・評価

3.7
2018.6.23 DVD

静かな映画だった。
なんだか何とも言えずジーンとくる映画でした。
レストランで流れる曲がまた切ない…

大きな孤独をずーっと抱え込んでじっと我慢し続ける姿は見てて苦しかった。
少しでも彼の孤独が癒されて欲しい…と思わずにはいられない。
Sayas

Sayasの感想・評価

4.0
ウォン カーウァイ作品好きならさらに良し


音楽、映像のところどころがウォン カーウァイ監督作品のオマージュのようなところがあり、どこか懐かしくも、ほろ苦いキュンとした.....良い意味の感情、人間愛、良い作品でした。
突っ込みどころは少年時代の細い体型から大人になるとゴリゴリのマッチョになってるところは、ちょっと笑ってしまいました。
いい意味で裏切られた。
まさかのラブストーリー

このタイミングで見れて本当に良かった。
なこ

なこの感想・評価

3.7
目がすごく綺麗でした
メロウな音楽がたくさん流れてていいなと思いました
Aya

Ayaの感想・評価

4.5
これは裏切られた。良い意味で。
こんなにも美しい愛の物語だなんて全く想像してなかった。

俳優たちのとても繊細な表情の演技と、色彩豊かでキラキラときれいな映像。
2つが相まって本当に美しい映画になってる。

セリフもなかなかニクくて、心にじわっと残る言葉が多かった。

“自分の道は自分で決めろ。周りには決して決めさせるな”
“ここでは愛とプライドだけよ”
“わたしのことは愛さなくていい、でもあなたのことは愛してるわ”
me

meの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ひとつの役を3人が演じていたけど、同じ目をしていたのが素晴らしかった。つねにシャロンだと思えた。
シャロンの、ケヴィンに殴られるときの顔つき、ケヴィンと再会して「触れたのは1人」と訴えるときの表情が好きだな。

リトル→シャロン→ブラックで役者が変わるから、時間の流れがすこし急で、お母さんとの和解があっさり終わった感じ。
フアンは亡くなり、テレサは最後には登場しなくなるけど、つねに存在感があるのはすごい。

うーん、あと何年かして、もう一回見たら、また考えが変わる気がするなあ。
>|