ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

シャロンを助けようとした男の人役の俳優さんがめっちゃかっこよかったことしか
記憶にない😑
ちょり

ちょりの感想・評価

4.5
見る前にはじめてのチュウ口笛で冒頭から吹いてたから、ジュークで流れるか期待してしまった
yohey

yoheyの感想・評価

3.5
なかなか考え深い物はあるが、予告で宣伝してた衝撃の映画というほどのものではなかった。
Zuidou

Zuidouの感想・評価

3.4
甘々。マクガフィンってやつ。幼い日の初恋が時を経て再び燃え上がるっていうありきたりな筋立てを男同士で、しかも黒人でやっていることによる面白さ、だけ。ジャネール・モネイが綺麗。あと何かあったっけ・・・。
音の大きさがポイントなのかな?
シャロンのこころの変化に合わせて、音楽や生活音の大きさが変わってる気がする
satsuki

satsukiの感想・評価

3.9
アカデミー賞を、ララランドじゃなくてこの作品がとったことに、すごく意味を感じた。(ララランドが劣るという意味ではなく)

性的マイノリティかつ黒人差別という環境、「デトロイト」とは違う観点から黒人社会が映し出されている。
由紀子

由紀子の感想・評価

4.0
さすがアカデミー賞受賞作品。
素晴らしい。何も言えない。

と思っていたら、こちらでの評価は思ったほど良くないようですね。

黒人のかたが生きる世界ってわたしたちが知ることのできないどこか黒と青の混ざった混沌さがあるのかな。想像も出来ない。
売人だからと言って悪い人ではない。
麻薬をするからといって子どもを愛していないわけではない。
皆、生きるために。
ただそれだけのために手段を選べない人々が世界には沢山居るんですよね。

いつかわたしの先生が言った、
「素敵な大人のひとに出会って、あなたの中でこんなひとになりたいって、そう思えるような大人に出会えているなら、あなたはもう大丈夫よ」

フアンとシャロンを見ているとその言葉を思い出しました。
切なく光る月の下、それぞれの道にそっと光が灯りますように、そんなことを思ってしまいました。

このレビューはネタバレを含みます

主人公は麻薬中毒の母に虐待され育ち、不幸な日々を過ごしていた。そんな中、あるおじさんが主人公のもとに現れ、心を軽くしてくれ、唯一信頼できる人となった。しかし、そのおじさんは麻薬の売人で、自分の母に薬を売っているという矛盾。そうでもしないと生計を立てられないスラムの実状に悲しくなった。
snackmana

snackmanaの感想・評価

3.0
光が綺麗。肌が綺麗。(月が出た時に走りまわる)
見た目や環境が変わってしまって大人になっても、同じ表情をする時、好きな人を思って考えごとをしている時、とてもキュート(って言葉が適切かどうか…)
良かった。
>|