ムーンライトの作品情報・感想・評価

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

す

すの感想・評価

4.5
主人公3人が凄い良かった。題名も好き。チョコレートドーナツの時くらい苦しくなった。
淡々としてたからか長く感じたけど、とってもよかった。
主人公は3人とも全然似てないのに、雰囲気に全く違和感なくてすごいなとおもった。
むゆ

むゆの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

普通の映画だったら、重要な場面になりそうな出来事が省かれているのが衝撃的。
ディーラーのおじさんが亡くなったとか、刑務所での生活とか。
表情から感情を読み取ることが要求される、映画の中の映画。

ドラッグ中毒のお母さんにお金を無心される場面は、本当に心が痛む。
あげちゃいけないんだけど、自分でもあげてしまうだろうな。
灰音

灰音の感想・評価

3.2
月夜の海辺がまさしく似合うような、静かな雰囲気の作品。
ラストシーン、綺麗だったな。

観終わって初めてジャケットのデザインに気づいた!
よくできてるなぁ…。

でも単純なLGBTの話じゃないような内容。
シャロンは本当にゲイだったの?
テレサとも結局何もなかったの?
そもそもフアンはなぜ死んだの?

諸々疑問が残って消化不良です。
うーん。
mmm

mmmの感想・評価

-
見終わった後にジャケットの仕組みが理解できた!!
同じ人が演じてるのかと思うくらい3人の癖とか空気とか目つき姿勢がそのまま成長して不可のようで、人生をのぞいてる気分になる…
大人になった主人公が外見は強そうでも中身はそのまま繊細さが現れてるところが👍🏾
善臣

善臣の感想・評価

-
人種差別の話だとばかり思ってたからそういう意味で衝撃。ジャネール・モネイが可愛かった。

このレビューはネタバレを含みます

「同性愛を描いた映画」という予備知識のみで鑑賞したが、同性愛だけでなく想像以上に多くの注目すべき要素が散りばめられていた。それらの要素のバランスが本当に見事だった

特に黒人文化(コミュニティ)の描写や、家族や愛、ドラッグの取り上げられ方が素晴らしい

いじめっ子を椅子で殴り飛ばしたシャロンは少年院に入り、そこから薬の売人の取締役のようなポストにまで登り詰め、ナヨナヨとした昔の面影は一見するとないのだが、ケヴィンと再開すると彼の繊細さがしばしば垣間見える。この演技も特筆すべきだ

ラストは、シャロンがケヴィンの肩にもたれかかっているシーンの後に、海を背景に少年時代のシャロンが月夜に照らされているシーンが挿入されて終了するわけだが、この終幕・・・渋い。基本私は映画における「渋さ」は好かないけど、本作のラストや全体を通して本作が抱える渋さは気に入った
緑青

緑青の感想・評価

3.9
何も言えん。
美しい映像と音楽が、どうしようもなく人生の苦しみと歓びを際立たせる。「そう呼ばせるな」と言ったフアンの根の真っ当さと涙に衝撃を受ける。今後シャロンは「愛された自信のなさ」をどうにか背負って生きるのだろう。何故こうなってしまうの。何故それでも時折人生は甘いの。100本記念
MOTO

MOTOの感想・評価

4.0
とにかくパッケージングが秀逸な映画。
色合いなど統一感のある美しい映像。長文台詞が一切無く言葉単位まで削ぎ落とされた台詞。それでも過不足なく伝えるべきことを伝える脚本。短い言葉はテンポを生み110分間があっという間に過ぎる。
同性愛というアメリカの保守層には受け入れがたいテーマを扱うに際して、出来るだけ広い層に受け入れられるための戦略が商業映画のフォーマットに完璧にパッケージングして誂えることだったんだと思う。そういう戦い方を選んだ作品でそしてそれは大成功している。リスペクト。
405

405の感想・評価

4.0
少年期、思春期、青年期と3部構成で話は進んでいきます。
LGBTだけの問題ではなく、他にも色々と考えさせられた作品。
>|