三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

655321

655321の感想・評価

3.1
是枝監督は凄く好きな監督です。
特に好きなのは アレ を多用する所。
「あー、アレどうなったっけ」「市役所にアレしといたわよ」みたいな会話。

だけど今作はちょっと語りすぎな気がする。
焼死体の写真を見て「当分焼肉は無理」と言った女性が焼肉をバクバク食べながら福山雅治さんらと共に、司法システムの醜さを丁寧にイチから論じ合う。
是枝監督の事が好きだからこそ、あまりにも露悪的で稚拙に感じた。

洗練されている『万引き家族』と比べると、観客にどう思って欲しいかが先走ってしまっているように思う。
喜ばれるのが前提でプレゼントを渡されている感じと言いますか、『万引き家族』の時には一段ステップアップして喜ぶ間を与えてくれたように感じた。

勿論決して駄作とかじゃないし、接見室のシーンは毎回見せ方を工夫しててやっぱり凄い監督だと思った。

このレビューはネタバレを含みます

無実の人を殺すかもしれんし、殺人鬼を野に放つかもしれん。
真実は分かりません。でも悩め。
って言う是枝監督のドS具合が見れました。
ともも

とももの感想・評価

1.0
期待しすぎた。
役者陣は悪くない。
サスペンスで結末がモヤモヤはどうなん?
予告動画は凄くおもしろそう!
世界が絶賛した心理サスペンス?
どこが?
いま私が抱いている殺意こそが『三度目の殺人』ですか?
弁護士は勝ち負けが大事で真実はどうでもいいのか?

『万引き家族』や『そして父になる』が良かっただけに残念。
meri

meriの感想・評価

3.3
メタファーとか一貫性のあるモチーフとかそういうのが散りばめられた映画って疲れちゃう

このレビューはネタバレを含みます

何がおもろいのこれ。
俺は俺を殺す。
それが三度目の殺人やドヤァ
って知らんわボケ。だからなんなん感が凄い。
福山の無能感と役所広司のキモさは伝わった。
カカオ

カカオの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

惹き込まれるけど、じゃーん種明かし!はない。が、そこが名作なのかな。みんな演技が上手いってとこに惹き込まれたのかな。
人が人を裁く時点で正しい裁かれ方なんて存在しなくなるのかも。
あんな茶番で人の死が選別されるなんて。
生まれてこなければよかった人間もいると思う。

このレビューはネタバレを含みます

いやぁー、見終わっていろいろ考えさせられ、推理したくなる作品。今が旬の是枝監督です。終わってからモヤモヤ感残り、ネットで結末の意味を調べてしまいました。見た人それぞれの解釈があるから答えは見た人に委ねられるって事なのかな。とにもかくにも面白かったです。
見終わった後にこんな余韻を残すなんて。もう1回見てみよっと。
39

39の感想・評価

3.6
すずちゃん演技上手い
あっという間に時間すぎた
ちょっと理解しずらかった
また見ないとってゆう使命感
うーーーん。。。

何が正義で何が悪なのか

正誤なんてまた人それぞれで環境も変わってくるわけで。

この映画のように、どう思うよ?と投げかけてくるものが多い中。

主役の3人の演技が良くて、もうわからなくなったのは確かにあります。

誰がなんの目的で殺したのかも分かりにくい。

ぬーん。
>|