三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

shin

shinの感想・評価

2.5
期待し過ぎました。
世間の評価、高すぎでは?
司法のことが言いたいのでしょうか?
時間があるときにまたちゃんと観たい
三隅の心の中身が分からないまま器という言葉だけ意味深に残されて困惑した
かな

かなの感想・評価

3.2
この観終わった時のモヤモヤ感!
映画の結末としてはモヤモヤが残るけれど、監督の伝えたい事はひしひしと重たく心に残った。

このレビューはネタバレを含みます

邦画ほとんど見ないけどこれはいい映画だった
最後の役所広司の演技、無言の演技だけど、それだけで全てが伝わってくるのがとてもよい
のろ

のろの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

「三度目の殺人」とはどういう意味なのか、と考えてみた。
・二度の殺人を犯した三隅が、咲江を守るために自らが死刑となることを選んだこと
・三隅を裁き、死刑判決をした司法の人間も命の選別を行っているということ
など、様々な受け取り方ができると思った。真相は明らかにされず、スッキリはしないけれど完成度の高い作品だと思う。
観終わってモヤモヤする作品。

日本の司法制度では本当の事なんて…どうでもいいのかな?って感じました。
何が動機?、誰が本当の犯人?。
真実なんて本人しか知り得ない事。

退屈はしなかったが、最後まで納得出来ないストーリーに少し残念な感じがします。
ちょこ

ちょこの感想・評価

3.6
もう一度見返して解釈を深めたいけれど、もう一度見返すには体力がいる。
全ての人の感情が、深いところにある。
その深さを覗こうとするからだろう。
はるな

はるなの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

犯人分からずじまい
色々推理しながら見てたから
疲れるしモヤっと

意味わからん
Y子

Y子の感想・評価

3.3
一回観て意味分からなくて解説をググる、なるほど。
いろんな意味でモヤモヤする作品です。悶々としたい人は是非!
ひよ

ひよの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

犯人がはっきりしないモヤモヤや、日本の司法の在り方だったり、色々と考えさせられる映画。


私の予想は↓↓

【事件の真相】
真相を知っているであろう咲江の「ここでは誰も本当のことを話さない」的発言から、三隅の無罪の訴えはやはり嘘。
咲江を娘と重ね、咲江を救うため、咲江の殺意が入った器である三隅が父親を殺害。
でも父を呼び出したのは咲江。
レイプのことを法廷で話そうとする咲江を知り、共犯のことまで話してしまうのではないかと恐れた三隅は、無罪の嘘をつくことで咲江を守る。

【三度目の殺人】
三隅は、咲江を守るために無罪の証言をすることで、自分自身を殺害(死刑)した。

【その他】
・汚れた大人と子供の対比
(自分の損得勘定に囚われた大人達と、損得勘定抜きに法廷で証言しようとした咲江)
・若い検事や若い弁護士(汚れた大人達と咲江の中間層)も初めは、生まれてこない方がよかった人はいない発言・裁判のやり直しなど、現状に抗おうとしたが、結局は皆と同じ船に乗り、目を瞑ってしまう。


役所広司や福山雅治まで、真犯人を知らされずに演技していたらしい。
深くて広くておもしろい。でも個人的には、答え(犯人)が決まっているストーリーがすっきりして好きだなあ…
>|