50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

eetee

eeteeの感想・評価

3.8
目新しさはないけどいい作品だった。マイクの青臭さ、チックの笑顔、イザの瞳が美しい。子どもたちの移民の事情をあえて詳しく描いていないところがよかったのに、エンディングの歌詞が説教くさいのと、そこで流れる説明的なアニメは要らなかったかな。
この監督の映画は結構ヘビーな内容が多いけど、これは原作もののティーンムービーだったので、そういった苦しむような部分は少なかった。
青春ものの苦い部分はあったけど🤭
変人扱いされてるマイクを学校の日常から楽しい夏休みに一変させてくれたアジア系ロシア人の転校生は、常識を打ち破ってくれるキャラとしてすごく良かったし、
そのお陰でマイクが親のどうしようもない事情について「どうだっていい」と思えるようになって何かスッキリ出来た。

これはパンク映画なのかも
若さは強さで罪だ。
突然のゲイ告白が好きじゃないけど全体の空気感は好き😀
ジェイ

ジェイの感想・評価

3.3
王道のロードムービーなんですが、清々しい!
こういう映画を撮る人は学生時代どういう感じだったのか気になっちゃう、
寡黙にそっと過ごしていたのか、キラキラすることを夢想しながらそうであろうとしたのか
風車の下で持ってきた冷凍ピザをライターで温めようとするも無駄足だとわかり、トウモロコシ畑に向かっておもいっきり蹴り上げるシーンが最高!分別とかそんなことこの際どうでもいいんです、そのあとリュックから更に2枚落っこちるところも含めてツボでした

このレビューはネタバレを含みます

secret base 〜君がくれたもの〜 的思春期映画。孤独で素朴で、みんなとなかよくなれない少年たちの旅。とにかく主人公の男の子がかわいい。顔が、かわいい。一緒に暮らしたい。今からドイツ語を猛勉強したらなんとかなるかな…

主人公ふたりは14歳。
で、エンドロールに流れるドイツのパンクロックがまた、これがすげえ14歳っぽい曲なんだ。本編ではリチャードグレーダーマンやステッピンウルフなんかの渋ーいとこ触っておきながら、まあ、聴いてるだけで(バッチリ歌詞和訳字幕あり)胸が疼くような中学生パンクロックなんだよなあ

お話自体のフレームは王道ですから、説明するようになぞることは意味がなく、また文句もない。細かな味付けや、どう物語るか? を安心してみていられる。ギャグやセリフ、色味やつながりの音、、

や、安心してみてられる、は嘘。運転できない車に乗ってパニクる悪夢をみるような自分としては、車にのってふらふらして、アウトバーンを攻め、視界のきかないトウモロコシ畑をめちゃくちゃに走り、っていうか映画の大半が無軌道な暴走なんだけど、こわかった。事故って安心するようなところがある。走ってんのがこわい。そういう危なっかしい激走が14歳やなあ。ふたりともかわいい。チューしたのかな、寝てるあいだに。チューしたのかな。

印象にのこった よいシーン

やさしくてたのしくてアル中なママと過ごす時間のおもしろさの作文を、モラルに反する、親を敬愛していないってカドで先生が怒ってくるってことのリアリティ

パパとモナを撃ち殺すシーン(ヒューヒュー)




ムーライズキングダムからやってきたかのような色合いの自転車貴族たち。自転車貴族ってなんだよ

イザ、何者
どこにいて、なぜとどまっていたのか。
自分でも切れる髪をわざわざマイクに切らせるのは、マイクとなかよくしたいからなんだよね。それはかわいい。
良かった!!オンザ・ミルキー・ロード先に見て良かった〜とまで言えてしまうほど好きです。

渚のアデリーヌかけながら運転したくなった。久しぶりにハンドル切りたい。チックはロシア系なんですね、すごいそこ印象に残った。自分の親にも言えるけど、子供の悪さをもみ消そうとするのは、子供のためではなく自分の面子のためなんだろうなって感じてしまった。
や

やの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

青春ロードムービー

途中からドンドン引き込まれていった

主役3人が味がドンドンでてきてよかった

日本じゃすぐつかまって終わり

パーティーやる中学生もいない

だからこそ、観ていて楽しい

カメラアングルや色合いなどだけは、ミルキーロードの後だと、下に感じてしまう
名画座ではこういう特集組んでくれるからたまんねえよなぁ…。

タイトルは正直どうかと思う、邦題。

学校では変人扱いのマイク。母親がアルコール依存症。父親は会社の女と不倫。片思い相手のクラスのマドンナの誕生日には自分だけ呼ばれなかった。


そこに変拍子として入るのが転校生のチック!だれが見ても変なやつ。マイクなんて霞むくらい。ロシアから引っ越してきたユダヤ系ロマらしいけど、この話の舞台のドイツで完全に浮いてる。アジア系にも見えるし。髪型変だし。妙に勉強できるし態度わるいし服装も変だし臭いし。

当然そのチックもクラスのマドンナの誕生日パーティには呼ばれてない。




マイクくんはこのチックと同じカテゴリわけされてしまってるだね。ところがチックがひょんなことからマイクに接近して、意気投合してしまい、盗んだ車で「行こうぜ!遠くへ!!」とやってしまう映画なんです。



いやぁたまんねぇよ。たまんねえよなぁ。


ワラキアに行こうぜ!
ワラキアってどこの田舎だよ

とか

とにかく南に行けばいいんだ!
どっちが南?
とりあえず右に行こう!

スマホないと道がわかんないだろ!
位置特定されちゃうだろ!


もう無軌道、本当に無軌道。ただこれこそ旅だろう。少年の旅。


途中で加わる見た目ホームレスのウンコ臭い少女、イザ。

チック、マイク、イザ。彼らの14歳の夏の物語。再会は50年後になるのか。



しかしマイクだよ、この映画は。前日に見た映画は成熟した優しい愛を知る男の映画。こちらはその前。愛を知る前の、恋に恋して、破れて、そして見た目に惑わされないで手に入れた相棒と自分の足で踏み出す映画なんよな。


旅の終わりのマイクの表情を見てほしい。
2017.1.19@早稲田松竹
《ボーダーラインを超えていけ》
ramu

ramuの感想・評価

4.0
早稲田松竹で今日までだったのでギリギリセーフでの鑑賞!

車でクルクルクルーって回って猛スピードでゴーするシーンから一気に掴まれました!
不良少年、地味キャラ少年(とは言ってもイケメン)、ミステリアスでちょっとおませな女の子のロードムービーっていう時点で既に私のツボです。

チックがまたかっこいいんですよね!
大人な部分と無邪気な子供の部分を兼ね備えていて良いキャラしています。
そして彼の詳細が謎なのも良い。

今の年齢で観ても、青春だなーと楽しめたけど、10代の時に観ていたらもっと響いていただろうなぁ。
あと、音楽にこだわりがある監督だそうなのですがサントラ(エンディング曲除く)も良いです。