灼熱/灼熱の太陽の作品情報・感想・評価・動画配信

「灼熱/灼熱の太陽」に投稿された感想・評価

1991、2001、2011年と3つのチャプターで同じ俳優が別々の人物を演じるというかなり変わった構造。
前情報なしで見たから途中までそれになかなか気がつかなった。
3つとも扱っている題材は共通していて紛争前、紛争直後、平和になってからの物語。
面白い!と胸を張って言えないが只者じゃない監督な感じがする。

3部で出てくるAlen Sinkausの音楽がカッコいい。
あなたになら言える秘密のことをみたときもクロアチアとセルビアの紛争のこと調べて、これみた後もまた調べた。
戦争が起こったのが1991年なのも驚くし、戦争はそのときだけじゃなくて、終わってからも憎しみは続いて、2011年になっても民族間での問題がずっとあるのが辛いし悲しい。
マヒロ

マヒロの感想・評価

3.5
かつてクロアチアにて起きていた民族間同士の争いの中で出会う二人の男女の物語を、紛争が巻き起こっている1991年、紛争が終結した2001年、そしてそんなことも忘れさられかけている2011年の三つの時代に分けて描いた作品。

これは頭に入れておいた方が良かったなと思ったのが、今作はそれぞれ違う時代の違う人物であるセルビア人の女性とクロアチア人の男性を同じ人が演じているというところで、例えば前の時代で恋人同士だった二人が同じ役者なのに次の時代では赤の他人だったりする。この手法に気づくまでしばらくかかったので、91年から01年に移行してからしばらく混乱してしまった。
何故あえて違う人物を同じ役者に演じさせる必要があったのか気になるところだけど、「セルビア人の女性」と「クロアチア人の男性」という同じ境遇を持つ二人でも、戦争によって分断された国の間では時と場合によりここまで運命が変わってしまうものかもしれない……ということを強調したかったのかも。もしくはこの二人の役者にお互いの国自体を象徴させていて、それぞれの時代の関係性を二人の間に起きる出来事で示唆しているとか。何にせよ色々と考えさせられる設定だった。

各時代で印象的に描かれる水中のシーンを始め、戦火でボロボロになった民家やレイブパーティーの場面など、強烈で印象深い画面が多かった。現在進行形で続く民族間の諍いを描くにあたって、生半可な覚悟では制作していない凄みというか、画面の強度の強さが感じられる。

具体的に紛争で何が起こったのかは画面上には出てこず、その余波で人々に何が起こったのかを示唆的に描くことで、実際に戦闘が起きた時だけでなくその後もそこに住む人々や国そのものに延々傷が残り続けるのだということを物語っているように思えた。

(2020.89)
shiho

shihoの感想・評価

3.9
なかなか気軽に観れない物語の映画だった。
たまに見返そうと思うけど、ひるむ。

でも今日思い出したのも何かのきっかけだから、また観ようかなと思う。
普通に近所で暮らしてた違う民族が争いはじめる。随所に太陽の光線を感じる。朝日、夕日、窓辺の差し込む光、水中の光線。
rumrum

rumrumの感想・評価

3.0
面白かったけど戦争とかの説明がないから調べないとわかりにくかった。
Megumi

Megumiの感想・評価

3.9
HPで本筋には触れずに、この映画の歴史的背景を説明してくれているので読んでから観るのをオススメします。
https://www.magichour.co.jp/syakunetsu/background/

三部が無駄だったって意見を散見するけど、わたしは違うと思う。
紛争が植え付けた民族間の憎しみ・傷は、そう簡単には消えないし分かっていても乗り越えられない人だっている。そして、それを理由に拒絶された傷もまた深い。
20年経ってもまだ「民族」という壁に抑圧されている、その苦しさが伝わる。

三部構成にすることによって、他の紛争映画とは違った視点で組み立てられていると思う。
きよ

きよの感想・評価

5.0
最高だった。

1990年代のクロアチア紛争の話なんだけど、内戦初期、内戦直後、現代の3つの時代でクロアチア人とセルビア人の男女の愛に焦点をあてているのだが、三部全てで同じ俳優を起用しているというのが、なんとも奥深さを感じさせる。

時代が過ぎても1度壊れてしまった民族間のなかも、相手に抱く偏見も変わらない。

でもその中で人は愛を紡ぐのだろうと、その営みも、愛情も何も変わらないと。

胸を焦がすような愛に打たれた、いい作品だった。
migi

migiの感想・評価

3.7
Ово је филм о љубав.

1991〜95年にかけてのクロアチア紛争と愛がテーマになった3部構成の作品。10年ごとに3つのカップルを取り上げて、紛争の傷跡がどう影響するのか検証するような内容に仕上がっている。3部ともに同じ役者を使っていることが非常に面白かった。1部はまさに紛争の始まり、2部は紛争後傷跡が深く残る頃、3部は紛争の記憶が失われつつある現代が舞台。3部は主題と離れてる側面があるので、蛇足だった。

2部が最初から最後まであまりにもエロくてビビった。マジでエロい。性描写以前に二人の纏う「認められない愛」の感じがもうすでにエロい。このようなことを言うべきじゃないかもしれないけど…。2部がこの作品の肝になっていることは言うまでもない。憎しみの感情は壁に残った銃痕とともに残り続ける。分断される愛の模様が官能的に描かれていて凄まじくよかった。
Juni

Juniの感想・評価

3.7
タイトルに惹かれて借りた作品。
クロアチアとセルビア間に起きた内戦を背景に物語が成り立っている。だから、内戦の背景を知って観るのと、知らないで観るのとでは、感じ方が全く違うのかも。
>|