灼熱/灼熱の太陽の作品情報・感想・評価

灼熱/灼熱の太陽2015年製作の映画)

ZVIZDAN/The High Sun

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

バルカン半島の隣り合う村を舞台に展開する3つの愛の物語。1991年のクロアチア紛争の時代を皮切りに、2001年、2011年と10年おきに設定を変え、地域に根深く染み付いた民族間の憎しみの感情と、その先にあるべき希望を描いていく。

「灼熱/灼熱の太陽」に投稿された感想・評価

MegmiTanak

MegmiTanakの感想・評価

3.7
3つの物語でひとつのテーマ、素晴らしい。物事を多面的に捉えることで、そのものの実態がより明確になるのだろう。その爪痕が視覚的に見えなくなった現代でも、戦争という史実の及ぼした暗い影は決して拭えない。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.8
同じ人間なのに!って泣き叫ぶお父さん、もどかしすぎて涙。

民族紛争は、島国日本には理解し難い問題だけど、こういう作品を通して知ることが大事。

お互いに父や兄を失ったけど、相手を憎み続けるか、責めるのをやめて前を向くか、それぞれの選択がある。
最近でも、今だにわだかまりが残ってて、根深いものがあるんだなぁ。

町の風景や草花、陽射し、海など、暗い内容とは対照的に映像がとても綺麗だった。
kotoe

kotoeの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

エンターザボイドのようなグルングルン感とラースフォントリアーのような美しく静かな映像美。3つにチャプターをわけて、同じ役者が3役演じる。最初戦争の話かなって思ってたら、時代がとんだり違う役になったりで、ただの戦争の話じゃなかった。時は流れるけど傷は簡単には癒えない。ラストの扉が開いて終わるシーン、静かなのになんて力強いんだ。人間って複雑で素晴らしいなって思った。

クロアチアのユーゴスラビアからの独立をめぐり、クロアチア人とセルビア人との間で起こった民族紛争を背景。本作は紛争ぼっ発時に一夜にして敵同士となってしまう1991年編、紛争終結後に互いの民族を憎しみながらも激しく惹かれあう2001年編、平和が戻り過去の憎しみを乗り越えようとする2011年編と、3つの時代を舞台に、セルビア人女性とクロアチア人男性の2人の若者を主人公にした異なる登場人物による3つの物語が展開。
KKMX

KKMXの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

決して観やすい映画ではないです。
3話構成で、1話は比較的セリフも多くわかりやすいですが、2話〜3話と進むにつれ、集中力や想像力を全開にして観ないと置いていかれてしまう。油断できません。
特に第3話はテーマ的に最も強い話ですが、ストーリーよりも音楽や映像の表現が優勢なので、全身を使って映画と向かい合うことを強いられます。

この映画のわかりづらさの最大の原因は、クロアチアの歴史を踏まえた作品だからでしょう。日本に生きる我々の多くはクロアチアについてほとんど知識がないので、どうしてもハードルが高くなってしまう。

とはいえ、気合い入れて観ると、実に胸に迫る映画です。
隣人同士が戦争によって憎み合い、戦争が終わってもそれぞれ殺し合った過去があるから基本憎しみを乗り越えられない。そんな中でも乗り越えるための一筋の光を求めていこうとする物語には、人間のしんどさと素晴らしさがバチっと詰まっているように感じました。
第3話のラスト、ヒロインの家の扉が開いたまま静かにエンディングに突入するのですが、受容や寛容の象徴のように感じられ、力強かったですね。

第1話ではそれなりに活気があった村が、第2話で完璧な廃墟になってしまい、これは普通にショックでしたね。
あと第1話でイヴァンが射殺された後の、射殺した側のセルビア人たちのビビった表情が印象的。「俺たちがこれからする戦争ってやつ、ヤバいな…」って気持ちが伝わってくる。
N

Nの感想・評価

4.5
もし自分が映画を撮るなら、こういう映像を撮りたい。
あらすじを読んでから見た方が理解できた映画だねこりゃ。
SON

SONの感想・評価

3.8
淡々とすぎていく日常。その中で起きる巡り合わせ。これは構成勝ち映画。映像も綺麗。
Aki

Akiの感想・評価

3.9
やりきれなかった。
ポスタービジュアルも良いですね。
3つの時代、同じ国で、全く違うカップルのお話を同じキャストでお送りする今作。

①1991年クロアチア紛争間近のカップルのお話。隣町に住んでいる2人が敵国同士になるという状況で2人が選んだ道とは。

※クロアチア紛争勃発

②2001年。紛争後、その爪痕が色濃く残りボロボロの廃墟と成りかけている実家に帰る母と娘。そこに家の修復にやって来た1人の男。娘と男の関係はどこに行き着くのか。

③2011年。とある理由で故郷を離れていた男。自分の中にあった葛藤と決着を付けるために久々の帰省する彼。迷いもあるが、それ以上に固い意思を持っていたことに気づく。

ざっとこんな感じです(笑)
この手の作品で長尺なものは自分にとって途中で「だれてしまう」という現象が起こりがちなのですが、別のお話が3つあるという構成のお陰で、最後まで新鮮な気持ちで観ることができました!

冒頭でも述べたのですが、同じ役者さんで違う人物を演じているという点で、やはり彼ら演技力の高さを実感させられました。演技力素晴らしいです。

個人的に①②が良くて③がイマイチだなぁ、と思ってたんですが後々考えれば考えるほど、どの話が好みかという事ではないんじゃないかと思えてきました。
どんな時代に生まれても、その時代特有の悩みは尽きないものであって、そのことを①②③から証明しているように感じました。

自分でも何言ってるかわからなくなってきたので、このへんで。笑
駄文長文失礼しました。
リズムに緩急があり、自然と映画の世界に引き込まれる。登場人物の心の動きがとても繊細に描かれている。
>|