灼熱/灼熱の太陽の作品情報・感想・評価

灼熱/灼熱の太陽2015年製作の映画)

ZVIZDAN/The High Sun

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:123分

3.6

あらすじ

バルカン半島の隣り合う村を舞台に展開する3つの愛の物語。1991年のクロアチア紛争の時代を皮切りに、2001年、2011年と10年おきに設定を変え、地域に根深く染み付いた民族間の憎しみの感情と、その先にあるべき希望を描いていく。

「灼熱/灼熱の太陽」に投稿された感想・評価

kiki

kikiの感想・評価

3.6
なるほどね。

同じ俳優さんが3つの話を演じる
3本立て。

1本目のインパクトが大きくて‥。
突然の別れ、心が引き裂かれる。
民族抗争は不幸しか生まない。
カケル

カケルの感想・評価

3.8
ラストにおいて少しの救いを見出せる映画。

1章の後の廃墟のシークエンスがすごく印象的だった。あれは本当に内戦で壊されたのかすごく気になる。
全体においての音楽の使われ方も、人々の生活に必要不可欠と感じさせられて印象深かった。

2章での欲望における性の衝動では埋まらない何かを、ラストのシークエンスでは次世代への希望が大きな隔たりを埋めるなにかかと感じた。
もん

もんの感想・評価

3.8

ユーゴスラビアの独立をめぐって勃発したクロアチア紛争により敵同士となってしまったクロアチア人とセルビア人のカップルを三世代にわたって描いた作品。

オムニバス形式で紛争直前の1991年、紛争直後の2001年、そして平和を取り戻した2011年と、3つの時代の異なるラブストーリーを同じ俳優が演じている。


題材となったクロアチア紛争は夫婦や友達、昨日まで隣にいた人が敵になり得た考えただけで悲しい戦争。
クロアチア人が「内戦」と言われることを酷く嫌うその姿勢からも傷跡の深さが察せられる。



変化する時代背景の中で描かれる普遍的な愛はどんな場所にも愛は生まれることを教えてくれた。
根強く残る民族間の憎しみも、それでも惹かれ合い求め合う男女の姿も、まさに『灼熱』そのものだった。
Toku

Tokuの感想・評価

4.0
気になった音楽たち
Njezne Strune Mandiline/Tereza Kesovija
Amerika/Idoli
クロアチア人とセルビア人の民族闘争の陰で泣きを見た3組のカップルの物語。大戦時、日の丸ボーイとヤンキー娘が愛し合っちゃったみたいな?OH!ウタマ〜ロ!

それぞれの時代の3つのストーリーを同じ男女の役者で描く斬新な手法を駆使する。斬新と言えば聞こえはいいけど、もしかすると適当な役者がいなかったのか。事前情報なしに観たオイラは途中まで気づかずマヌケぶりを発揮した!

なんでコイツがここで登場するの?この人は既に死んだんじゃ?そうか、ゾンビになったというオチか?

などと期待に胸を膨らませたけど、肩透かしを食らっちまったよ、ケッ、カ〜ッ、ペッ!
kabcat

kabcatの感想・評価

3.6
10年のブランクを置いて3つの時代に生きたクロアチアの男とセルビアの女の物語を、同じキャストを使って描く、というのが興味深いが、どの人物もキャラクターが異なっているので、混乱することはない。クロアチアとセルビアの関係をもっとよく知っておくと深い見方ができるだろうが、それをよく知らなくても、美しい自然を背景にしつつ惹かれあいながらも民族紛争に引き裂かれる二人の姿には引き込まれる。最後にわずかな希望が見られることにも救われる。
クロアチア紛争に翻弄される男女
別時代の3つの視点を、同じ俳優を使って描いている
民族間の対立が、時代が変わっても続いてしまっていることを強調している
民族紛争の根深さを感じることができる
その人を知らなくても○○人だからと遠ざけてしまう。
やるせない。
[「ビフォア・ザ・レイン」の後、ユーゴスラビアはどうなったのか] 99点↗

想い出記録。「ビフォア・ザ・レイン」はマケドニア人とアルバニア人だったが、本作品はセルビア人とクロアチア人の話を描いている。1991年(戦時中)、2001年(事実上終結)、2011年(戦争終結後)を同キャスト別人物で演じることで系譜を重ね合わせる。こういう手法は大好きなんだよね。

1991年。これは非常に「ビフォア・ザ・レイン」の第一部に似ているが、ここでは少女の兄の友人(セルビア人)が主人公(クロアチア人)を射殺する。
2001年。ここが一番いい話。セルビア人とクロアチア人の間には上辺だけの平和があり、双方の精神的な距離は依然として遠いままである。
2011年。ここが一番よく分からない。終戦から時間が経ち、新世代は戦争のことを覚えていない。民族入り乱れるディスコや土地の人間以外の人が初めて登場し、改めて戦争が終わったことに現実味が増してくる。しかし、根底には民族自決の発想や復讐の理論が渦巻いていることが見て取れる。

「ビフォア・ザ・レイン」は民族戦争のやるせなさや無意味さを描いていたのに対し、本作品は「ロミオとジュリエット」のような出自によって結ばれない男女を描いている点で視点は民族というより個人なので、「ビフォア・ザ・レイン」より小さな世界の話になっている。

結論を言ってしまえば、「ビフォア・ザ・レイン」には及ばないものの、実験的な手法や海の使い方が気に入ったので、好きな映画の一つである。
Bom

Bomの感想・評価

3.0
民族間の憎しみ系作品は恋愛ものが分かりやすいと思います。広大な大地と犬と虫とか鳥の鳴き声とか、地球は全てを包み込んでるよと語りかけているようにも思えました。

2018年初観作品219本目
>|