劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空への作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空への映画情報・感想・評価

劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ2009年製作の映画)

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

2.9

「劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ」に投稿された感想・評価

サメ型ポケモン登場のため、サメ映画として視聴しました。
かつて人類を救ったアルセウスは、人間の裏切りにより封印されていましたが、ついに復活!復讐に燃えるアルセウスを止めなくては!頑張れサトシ!頑張れピカチュウ!というお話。
3部作の最終作ですが、ストーリーとしては独立している部分が多いので、本作だけを視聴してもあまり問題はありません。ディアルガの力でタイムスリップをし、歴史を改変するという筋立ては良かったですね。ただ人間の為に力を貸したアルセウスが、人間の汚さに絶望する展開も、ありがちとは言えメッセージ性があって良いと思います。いつもポケモンは人間を信頼しているのに、結局他者を信頼出来ない人間が一番の問題なんですよね。何より美輪明宏のアルセウスが神々しくて素晴らしい。
肝心のサメ型ポケモン、ガブリアスはプロローグにシロナの手持ちポケモンとして一瞬だけ登場。カッコいい!!でも欲を言えば本編で活躍して欲しかった!!
ピエロ

ピエロの感想・評価

3.8
美輪さんの声でピカチュウって言うの可愛くて笑ってしまうwシェイミの続き物って感じでした!
ラドン、モスラときたからキングギドラ出るかな?と思ってたら、まさかの美輪明宏!

もー、悪いことするのはいつも人間。
困ったものだ。
3部作のラスト。因みに3部作であることは最近ダークライ見てから知りました。。

タイムリープというテーマ、話のスケール、ポケ映画初の3部作、この3つの要素をいかに子供向けに落とし込むかはめっちゃ難しいと思うんやけど、本作はうまくやってると思う。

大人が見たら粗が目立つやろうが、子供が見てなんとなくカタルシス感じれたらいいんだよ…。
というか、「昨日の敵は今日の友」展開、シンプルにめっちゃワクワクしません!?

あと、過去作にも触れるエンディングが大好き。
FuKu

FuKuの感想・評価

3.0
ながらで観たからあんまりだけど

伝説系のポケモンだけ喋れるの未だに謎
あかね

あかねの感想・評価

2.2
やばいくらい面白くない。辛い。前作と繋がってるの知らなかったけど、普通あるはずの物語を展開する街や登場人物の紹介が端折られすぎててわくわくが皆無。なんかいつものスペクタクルに欠ける地味なストーリーだし、サトシもほぼ何にもしてないやん。笑 あと美輪さんアルセウスの演技うますぎて逆に笑える。
R

Rの感想・評価

3.6
伝説の3体でも敵わないアルセウス無敵すぎ!って映画館で思った
新シリーズが始まってからの3作は連作だったようで今作が完結編。

全ては創世神的なポケモン アルセウスの人間への怒りから始まったという事が明らかにされます。
アルセウスのデザインやCVが美輪明宏な事から「もののけ姫」のシシ神とモロの君を思い出します。

過去に戻ってアルセウスの怒りの原因を取り除くタイムワープ物なのですが時間旅行物のパラドクスに思い切り触れているので納得できない事が甚だしい。

劇中アルセウスが死ぬ展開で主人公サトシ達が過去に戻ってくる理由が無くなる為に消えそうになるのに今三部作の根本原因であるアルセウスの怒りが無くなるエンディングで大団円はおかしい。

皆の記憶は無いがアルセウスだけが見守るという流れでよかったのでは。
3部作ラスト
一応3つ繋がってるんだよな…全部出てくるけど!
見直そう…
ゲーム内のアルセウスがあんまり使えない問題について議論したいと思う
>|