劇場版ポケットモンスター/幻のポケモン ルギア爆誕(ばくたん)の作品情報・感想・評価

劇場版ポケットモンスター/幻のポケモン ルギア爆誕(ばくたん)1999年製作の映画)

POCKET MONSTER: REVELATION LUGIA

製作国:

上映時間:81分

3.3

「劇場版ポケットモンスター/幻のポケモン ルギア爆誕(ばくたん)」に投稿された感想・評価

miduki

midukiの感想・評価

3.0
爆誕ってすごい言葉だよね…爆誕…。この映画が初めて映画館で観た映画だったかもしれない。
kirito

kiritoの感想・評価

4.0
【バランス】

世界の運命は、サトシに託される…
いつものことだけどサトシ10歳なんだよなぁ…

ポケモンのアニメが誕生した時こそサトシより年下でしたが、とっくに抜かしてしまい、今では大きなお友達と成り果てました。

ポケモンの映画は全て映画館に観に行ってるし、全てのバージョンプレイしてるし、流行りのすぎたPokémon GOも未だにプレイしてます。あと少しで第3世代が登場するということでこちらも楽しみ。
完全に大きなお友達。


ポケモンはこちらとミュウツー、次の作品のエンテイまで須藤さんが脚本を書かれている。エンテイは共同脚本。

須藤さんは2010年に若くして亡くなられたが、ファンの間ではやはりこの初期の三作品の評価が高い。
というのも、最近のポケモン映画のように伝説や幻のポケモンをだしとけばいいだろというように簡単に作られておらず、脚本が大人が見ると考えさせられるテーマになっているからだ。

今作は、伝説のポケモンをコレクトしようとする輩のせいで世界のバランスが崩れていく話。

表面的なテーマは変わっても、基本的には勇気、友情、信じる心という根底に流れるプロットは変わらない。

とまあ、そんなことは置いといて、ルギアがクソかっこいいんですわ(小並感)
シンプルなデザインだけどね〜
海の中から登場するシーンがまた乙なんです(´;ω;`)


ただ、ヤドキングが喋るというのが当時とにかく衝撃だった…山ちゃん…

過去鑑賞
TOKIO顔負け、サバイバルの匠ことロケット団パイセン。色恋沙汰には5年は遅いけど、世界の平和は守っちゃう。こんな大人になりたかったな。
というわけで、佐賀県まで足を運び、入ってきましたロケット団!
さあ、悪いことしようか!

アイアム懐古厨。キャラクター臭よりも生き物臭が強い、このころのポケモンが好きです。ルギアさんのネッシー感に童心を揺り起こされ、え…サンダーってこんなにかわいかったの?ってキュン死寸前。
れむ

れむの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ポケモンの映画まあまあ観てるのにルギア爆誕観たことなかったので観てみた。

今観ても普通に面白い!
「俺が世界を…?」って戸惑ってるサトシをポケモン達が後押しするとこ、ウルっとしてしまった

今回ロケット団もめっちゃいいヤツだったしよかったな〜

とりあえず……タケシの出番ほとんどなくて悲しい!
作業用動画として。
ロケット団がサトシらと手を組む場面が良かった。

このレビューはネタバレを含みます

「ミュウツーの逆襲」よりは退屈

ホウオウ派の私としては、ホウオウが干されている不当な扱いに憤りを覚えながら鑑賞。
しかし、ルギアのデザインはカッコイイ。鋭敏なフォルムがなお神秘さを醸し出しているのがルギア派が多い要因となっているのも納得がいく話である。

【疑問点①】
ニャースとかミュウツーとかが喋るのには納得がいくが、ルギアとかも喋れることに違和感を感じずにはいられない。しかも一般ポケモンのヤドキングが喋るって……。
ポケモンの世界ではポケモンが喋ること自体、珍しいことなのにスルーするサトシ一行。払拭しきれないモヤモヤ感。

【疑問点②】
なぜファイヤーとサンダーとフリーザーとルギアは戦っているのか。お前は一体誰と戦っているんだ状態。置いてけぼりを食らってしまう鑑賞側。

【疑問点③(ポケモンゲームユーザー的意見)】
ルギアのタイプは〔エスパー・ひこう〕なのに「海の神様」とは……では、カイオーガは………


本作に対する疑問点を挙げたらキリがないので割愛しますが、全体的に弱い印象でした。ルギアも案外弱い…(伝説ポケモン3匹相手じゃ流石に堪えるでしょうけど、とはいえ2回も倒れるとは)

いつもサトシの前に立ちはだかっては「ヤな感じーッ」と吹き飛ばされるロケット団が今回はカッコいい!敵ながら憎い!敵ながら天晴れ!

ところで……私のホウオウはいつ映画化されますか???
いとこと観賞。
やっぱりポケモンはこの時期が一番好きだったなあ。
予告オリジナルのセリフ、「命を懸けて、かかってこい」がとても痺れた。

伝説の鳥ポケモンが集結する豪華さ。ポケモン金のプレイヤーからすれば「ホウオウも出してくれよ」と思ったけど、まさか2017年までお預けだとは当時は予想だにしてなかった。
takywalker

takywalkerの感想・評価

2.5
昔観た時はすごく荘厳な雰囲気の映画だと思っていたが今観るとそうでも無かった。ヤドキングが印象的。この頃はオレンジ諸島編だったんだな。
火、雷、氷、水。
それぞれを宿す神のポケモンを召喚する、という展開が厨二心をこれでもかとくすぐってくる。
シリーズの中でも、そういった所々のシーンは印象に残りやすい。
一番の見所はヤドキング。
>|