劇場版ポケットモンスター/アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子マナフィの作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 劇場版ポケットモンスター/アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子マナフィの映画情報・感想・評価

劇場版ポケットモンスター/アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子マナフィ2006年製作の映画)

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.1

「劇場版ポケットモンスター/アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子マナフィ」に投稿された感想・評価

今や見る影もないポケモンレンジャーと
ハルカの母性と
スーパーサ◯ヤ人と化したサトシ

ポケモンよりも人間が活躍する作品。

ストーリー上 サトシをピンチにさせる為だけに隅に追いやられたヘイガニが可愛そう。
過去作にレックウザ、グラードンがキーポケモンとして登場したのでカイオーガ出したかったのかな?

海賊ファントム役の藤岡弘、が吹替え上手かったのが印象強い。水上バイク乗ったり、強化スーツ仕込んでるとこは“あぁレッツゴーライダー!”だったwwスーツに風車ついてるとことかね。
maedaあ

maedaあの感想・評価

3.0
ゲストキャラの初めて喋った言葉が「まんま」だった!というシーンを、何故か強烈に覚えている。

ハルカかわいい

このレビューはネタバレを含みます

わ〜懐かしい、ハルカとタケシが居る。私がまだギリギリテレビ放送を見ていた、アドバンスジェネレーション時代の映画ではないか。
ポケモンレンジャーと蒼海の王子というタイトルに、メチャクチャ惹かれた。こんなかっこいいタイトルそうそう無い。
Mo

Moの感想・評価

3.3
おばあちゃんと弟と観に行った思い出があります

ポケモンレンジャーがかっこいい
記憶。

アドバンス世代(あってるかな?)なので懐かしいです。もう一度観たいポケモン映画の1つです。
小学校の青春と思い出に終わりを告げたのは、この作品でした…。初めてポップコーンMサイズを独りで食べきることができたのも、この作品だった。
nobuo

nobuoの感想・評価

3.6
終盤、キャップを逆さに被り決死の潜水に挑むサトシがどう見ても「オーバーザトップ」+「デイライト」というスタローンハイブリッドだった件はさておき。

「他の映画では味わえず、ポケモン映画でしか堪能できない見所とは何か?」としばし考えた。その結果、「ポケモンが出てくること」というクソみたいな結論が導き出された。
その点、本作は数多くのモブ水棲ポケモンの生態が生き生きと描かれていたため、ポケモン映画としてはかなり高水準であったように思う。
ライアンレイノルズがピカチュウを演じる実写版「名探偵ピカチュウ」も、是非とも本筋に関係ないモブポケモン描写に気合を入れて欲しい。


子ども向けアドベンチャー映画として観ると、中盤までが中々楽しめただけに後半の間延びと失速が悔やまれる。途中までヒロイン・ハルカとマナフィの擬似母子関係を丁寧に描けていたのだから、それを途中からおざなりにしたのは失策。

最終盤、スタローンを通り越してサイヤ人化し、空を舞い生身で戦うサトシ...。サトシが人間捨ててる件はアニポケファンには常識らしいが、ここまで来ると笑うしかない。シュール過ぎる笑
うーん、イマイチ!マナフィとハルカの関係もそんなだし、敵もイマイチぱっとしないし、、
しかし、曲は本当にいい!
休日の朝の恒例行事、子供とのポケモン映画鑑賞。

今回の舞台は海。
海のポケモン マナフィとの「フリーウィリー」的な物語を楽しめます。

今作は新たにポケモンレンジャーという職種が登場しました。
密猟者から希少動物を守ると考えれば理解しやすいのですが未だにポケモンバトルという設定が飲み込めておらず感情的に納得できない部分もあります。