万引き家族の作品情報・感想・評価

上映館(21館)

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

先行上映で一足早く鑑賞
相変わらず、是枝監督は観客に全てを委ねてくるなー
家族とは血の繋がりか、それとも育んできた絆か
考えても答えなんて出ないんだけど、みんなであーだこーだ話しちゃう
だからやっぱり是枝作品が好きなんだ...
そう再認識させられる映画でした
安藤サクラはホントに素晴らしい女優さん
彼女の涙に胸がギュンンン!ってなって震えた
細野さんの控えめな音楽も素敵!
Chiaki

Chiakiの感想・評価

-
5-6歳の間だけ育ててくれた私の叔母のことを今でもお母さんと呼び間違える時がある
RYOTAFUKAI

RYOTAFUKAIの感想・評価

4.9
ゆりがご飯をたべれてよかった、ゆりがしょうたを心配するなんて、りんの方がいい、わざと捕まったんだ、、
緊張感はあるが重苦しさは思ったほどない。大体のホームドラマは、悲しい部分を悲しく描き過ぎなんだと思う。この映画は、幸せなシーンからふっと過去の悲しみが浮かび上がって来て、なんとも沁みてくる。
クライマックス若干混乱したけど、しょうたが疑問を感じ始めたことを含めて最後に食べたコロッケそばがまた泣ける。何度も見たい。
かみ

かみの感想・評価

4.0
血の繋がりより大切な事がある。
家族それぞれが家族の為を思っての行動に涙が出る。
一人ひとりの演技力がすごい
安藤サクラさんの演技力がすごい。
あや

あやの感想・評価

4.1
安藤サクラの最後の

おばあちゃん(仮)の死体遺棄について
「捨てたんじゃない、誰かが捨てたのを拾ったんです」

とか
「母親になる?それって子どもを産んで母親自身がならなきゃいけない(セリフが違う)って思ってるだけでしょ?」

とか、あの迫真の演技とセリフを言われて正直グサグサとくるものがあった。

家族って何か
絆って何か

そういうものすべてを考えさせられる映画
ゆに

ゆにの感想・評価

2.6
安定して美味しい玉ねぎ・ジャガイモにブロッコリーが加わった!て思いながら観てしまいました。海街ダイアリーも疑似家族が家族化してく話だったよなぁとなんとなく思い返していたら、これの映画化は是枝裕和だったのか😂 次は主人公が能動的に動いてく話が観たい(是枝作品でって意味ではなく単純に次観る映画って事です)
演技!!!
髪切った祥太くん可愛いな
こんな楽しそうな家族に憧れる
あさ

あさの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

樹木希林さんが亡くなったと知り、観に行った。やっぱり存在感とふと心に寄り添ってくるような演技が素晴らしい方だなと改めて感じた。海辺で自分の足に砂をかけているシーンは現実と相まって堪らず泣いてしまった。映画の内容も善悪や家族観など面白く限りなくリアルに描かれていて2時間あっという間に終わってしまった。いい映画でした。
>|