万引き家族の作品情報・感想・評価・動画配信

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

-
後半にかけてずっと涙が止まらなかった。家族の温もりは嘘ではなくたしかにあったように感じた。
パラサイト好きなら好きかも。
凄い良いとは思わないけど、一度くらいは
見といても良いと思う。
樹木希林がやはり別格。
弘道

弘道の感想・評価

4.4
していることはもちろん良くないですが、温もりと絆のある万引き家族に惹かれました。色んなシーンがありますが、呼ばれ方を聞かれたときに、思わず涙が溢れる信代のシーンが特に印象的です。万引きが見つかってからの崩れ方がとても早く、ギリギリのところでこの家族は成り立ってきてたんだなと強く思いました。
碧夏

碧夏の感想・評価

4.2
人と人とを繋ぐ理由なんてなんでもいい。
不器用すぎる生き方がリアルで、苦しい
まゆち

まゆちの感想・評価

4.1
正解=幸せ なのか。
幸せ=正解 なのか。

そんなふうに思いました。

ただ、わたしは自分たちが幸せであればそれで良いと思う。
周りにとってのよりも、自分自身がどうなのかが大切。
その選択をできるようになるためには、ある程度歳を重ねないといけないから、小さな子には難しい選択だけど、それをうまく導ける大人になりたい。

大前提に万引きは絶対良くないけどね!笑
レトロ

レトロの感想・評価

3.8
治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀は、ボロ家の家主である初枝の家で一緒に生活している。生活費は、初枝の年金と治と信代が働いた金。それでも足りない分は、万引きで補う。そんな状況にも関わらず、互いに口は悪いがみんな仲良く暮らしていた。しかし冬のある日、外に傷だらけの女の子を見つけて連れて帰る事にしたのだが…
家族の形は、人それぞれにある事だろう
しかし、そもそも普通の家族ってなんですか?
DVやネグレクトなどが横行している家族でも血が繋がっていれば普通の家族なのか?
それならば、生活困窮ながらも1日1日を精一杯生き、つまらない会話で笑い合いながら団欒をする、彼等の方がよっぽど家族という温かさを感じました
しかし、家族ではない集団である彼等は…脆かったな😢
Meixiao

Meixiaoの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

記録
犯罪をしながらギリギリの生活をおくる人々。犯罪は悪だがそうする事でしか生きられない。彼らの貧困を助ける手立て、制度が確立されていない
貧困=可哀想、不幸などのイメージがあるが決して全ての人に当てはまるものではない。彼らの心は比較的豊かなのでは?また家族とは血のつながりではなく心の繋がりだと感じる
俳優が豪華で演技がよすぎた。
みてる最中に特別ハラハラしたり
ドキドキしたりする展開はないのに
ずっと観てられる感じがした
しゅん

しゅんの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

ひとつの家に集まった6人の家族

・不器用な性格ながらにも子ども
を楽しませ、可愛がる父
・自分が受けたかった愛情を
そのまま子どもたちに注ぐ、
優しい母
・ずる賢いおばあちゃん
・虐待され、愛情を受けてない女の子
・車の中にいた男の子
・家が息苦しく、おばあちゃんにより連れられてきた女の子

この家族は誰1人として
血がつながっていない。

血は繋がってなくても、
本物の家族じゃなくても、
絆や愛は確かにあったと思う。

最後はみんなバラバラになってしまった けど、子どもたちがすくすくと育ち、
またみんなが集まって明るく暮らしているところを想像して、この映画をハッピーエンドとしたい。
これも『パラサイト 半地下の家族』の様に、週刊誌に載ってそうなストーリー。

英語タイトルは『Shoplifters』。”Family"と入ってない。家族というのが重要な要素なのに。

家族とは?という疑問を投げかけてる映画。万引き犯罪を犯しながらも、人助けっぽい事もする。子供が欲しいからとか、虐待児が可哀想だからとかどちらの理由にしても、誘拐罪とか深く考えないで行動する所が歯がゆい。警察や児相に連れて行っても、また元の虐待親に戻されるだろうから、難しいね。だけど、万引きは正当化できないね。
>|