ホワイトアウトの作品情報・感想・評価

「ホワイトアウト」に投稿された感想・評価

django

djangoの感想・評価

3.5
いいところもあるが、悪いところが目立つ映画。
よって、なかなか評価されない気がする。

ストーリーは、ダムをテロリストに占拠されたので織田裕二がダイハードする。

それって滅茶苦茶楽しくないか?
そう思っていた時代が僕にもありました。

松嶋菜々子の演技がゴミ過ぎる。
出てくるだけで映画のレベルを下げている。松嶋菜々子は、他のドラマとかで見たことあるけど、そんなに酷い女優じゃないと思う。この映画を観たら自信無くしたけどね。

テンポの悪さと、粗の多さ、ダイハードのパクりなのも悪いと言えば悪い。
それに、アクション映画の割にはテンションの上がるようなシーンは少ない。
無駄な感動路線。そう、無駄な。

和製ダイハードを目指しておきながら、感動路線はいかがなものか?
客層違うような?馬鹿でいいじゃないか。爆発と銃声と血風でいこうぜ。
と思ったが、答えは感動路線。
しかも、何故か松嶋菜々子は、僕の知る限り最低の演技でした。

この映画が合う人はいると思う。
ちょうどいい温度という意味で。
しかも、俳優それぞれのファンも好きになれると思う。特に、最近名前も売れて大活躍の高橋一生のファンなんか観たらいいと思う。
また、佐藤浩市の悪役も良かった。

だが、僕には全てがぬるいし、織田裕二はアクション俳優じゃない。
迫力がない。(映画上映当時は踊るの影響もあり滅茶苦茶満足していた人物の発言です)
これが若さか…。
佐藤浩市がテロリスト?レゲエのおじさんにしか見えなくて。。。
織田裕二が色々と勢いとかで解決する感じが好き
見終わった後に、あぁあれ佐藤浩市だったんだっていう驚きもあるし
pier

pierの感想・評価

3.2
風貌から変えてきた佐藤浩市。
織田裕二との対比のためかもしれないけど、個人的にはイマイチでした。

このレビューはネタバレを含みます

なんだろう。俳優さん達は素敵だったし、ロケ大変だったと思う。
なんとか世界観に入りたかったんだけど、中々色々ベタだし、俺結婚するんだフラグの後から回収みたいなんかでもう駄目だった。。。笑っちゃ駄目なのに笑っちゃうよー。駄目だよー。
ストーリーも悪くない。
舞台設定も面白い。
脇のキャスト、佐藤浩市なんてイイ仕事してる。

けど、「ダイハード」と決定的な違いを感じるのは、
やはり、織田裕二にブルースウィリスの持つ雰囲気が無い所なんでしょうね。

似たような作品だけに、主役の重要性を感じさせる作品でした。

ある意味、非常に勿体ない作品でもあります。
ソミス

ソミスの感想・評価

2.0
劇場で見た記憶。

「ダムでもCDMA1は電波届きます!」
「YAMAHAのスノーモービル!」

このイメージが一番残ってる。
ステマ。

あと織田裕二が余計なこと言って人質が一人殺されたりして「バカなんじゃねぇかなぁ」と思いながら見てた記憶。
とにかく迂闊。
Shizka

Shizkaの感想・評価

2.2
小説のほうが緊迫感と迫力があってすき。やっぱり俳優さんたちが綺麗すぎるのが原因なんだよね、舞台はいいんだけれど
【湘南爆走族】でデビューした「織田裕二」ですが、演技力・存在感を発揮しだした頃の作品。
舞台設定は一般人には馴染みのないダム作業員。
どこか山岳ドラマ然とした中に、テロリズムを混入させる。
ボス役の「佐藤浩市」は計算高く狡猾なタイプ。
かつて大切な友を不幸にも失ってしまったトラウマをかかえつつ、使命感だけを武器にテロリストに立ち向かっていく冨樫。
雪に縁遠い土地に住む私には、雪の厳しさ激しさはわかりませんが、飛行機や列車・船舶・ビル以外でも、乗っ取りジャックと言う設定はあり得るんだなと思う映画です。
現地の警察署署長
本来であれば雪かきするぐらいしか仕事がなさそうな穏やかな街の署長なのに、意外な洞察力を見せてくれます。

このレビューはネタバレを含みます

単独で雪山を走破し、
ダムの放水からも生還してしまう主演織田裕二のスタミナには脱帽である。
>|