闇動画14の作品情報・感想・評価・動画配信

闇動画142016年製作の映画)

製作国:

上映時間:56分

ジャンル:

3.5

『闇動画14』に投稿された感想・評価

『義母の家』
ありがちな怪奇現象でも、見せ方が巧ければここまで怖く出来るのかと感動する。ひとりでに動く水道、ベランダに転がるカラスの死体、廊下の薄闇を横切る影。これでもかと地味な怪異を積み重ねた果てに、最後は暴力性を剥き出しにして襲い掛かってくる霊が良い。『闇動画』シリーズの霊はいつもバイオレント。カメラが宙づりにされる首締めシーンはインパクト抜群だが、浮き上がる足と腕の合成がショボくてちょいと興醒め。義母の霊が男性みたいに野太い声を発しているのがめっちゃ怖かった。

『友人の結婚』
ちょっと昔の『世にも奇妙な物語』の一話でありそうなプロット。小さい部屋で男二人が酒を飲んでいるだけの超ミニマムなシチュエーションだが、終始不穏な緊張感に満ちていて引き込まれる。ドアの隙間越しに見えるギョロ目と、フタのされた浴槽からしてオチは見え見えなものの、ラストの友人からの告白には「あ、そっち?」という意外な驚きが。あとやっぱ死体よね死体。相変わらず造形にめちゃくちゃ気合が入ってて純粋に素敵だと思う。

『死の円環』
中々の意欲作......だが、展開や伏線が序盤の時点でほとんど予測出来てしまうため、あとは思った通りに進む流れを消化試合的に眺めるしかないのが退屈だった。終盤、嗚咽をもらしながら黒板に正の字を書き入れるシーンが、抗いようのない絶望感に満ちていて素晴らしかった。

今回はいずれも高水準なPOVホラーのオムニバスみたいな内容で面白かった。劇伴もナレーションも無駄な検証映像も一切なく、とことんシンプルにまとまった良作短編集。
shxtpie

shxtpieの感想・評価

3.0
純粋に「幽霊」が現れるのは『義母の家』のみで、『友人の結婚』はサイコホラー/スラッシャー、『死の円環』はタイトルどおりにループもので、一種の SF ホラーといった趣。粒ぞろいの三本だった。

『義母の家』がこわいのなんのって。見事なのは、天井にぐわーっと吊り上げられるところ。 POV だとこうなるのかと感動するし、日本の狭小な住宅の中でもあれほどの恐怖と「アクション」が撮れるのかと感動した。その後はお約束として「幽霊」が現れるのだが、それがまたおそろしい。『霊障』のレビューで指摘されていた、「義母」の声の普通さはちょっとおもしろい(男の声に聞こえる)。「死んでるくせに!」。あと、『闇動画』シリーズは適度なジャンプカットがいいなと思った(浴槽に髪の毛が溜まっているシーンへのジャンプとか)。

『友人の結婚』はありがちな題材ではあるものの、話しの運びがうまい。そして、『闇動画』シリーズの常で、俳優の演技もうますぎる(というか、「トシ」が「ケイコ」にかけた電話はなんだったのか)。

とにかく見事なのが『死の円環』で、あまりにもよくできすぎているので、こわいというよりも感動した。小さな伏線をばらまいておいて、最後にすべて回収するという快感があり、見たあとの感覚はさわやかですらある。『邪教』の変奏でありつつ、まったく別物。また、ループものでありながらも、これはもはや「マルチバース・オブ・マッドネス」でもある。ここでもまた、音のあつかいが見事(左手奥からかすかに聞こえる「氷川」の叫び声よ)。「山田」が殺される際の、首元に刺さった突起は芸が細かくていい。児玉和土、おそるべし。
ヒチ

ヒチの感想・評価

3.5
「死の円環ゲーム」 脚本をそのままなぞっただけという感じの素っ気なさが、次第に始まったら後は筋書きを繰り返すだけという物語の残酷さと一致していることに気付き、最後はその冷たい死の扱いに静かに戦慄する。
えす

えすの感想・評価

3.2
3話ともインタビューシーンが無くて心霊ビデオの中でもかなり見易い。扉の僅かな隙間から顔を覗かせる友人や、窓ガラスに反射する撮影者の顔だったり何気ない瞬間が不気味で良い。『死の円環』はPOVの性質とアイデアが上手く合致してて面白いんだが、『邪教』では石像や霧を使って演出されていた、異空間に囚われてしまった恐怖みたいなものが今一歩な気が。
oooo

ooooの感想・評価

-
・義母の家
死んでるくせに!もっぺん死ね!何度でも死ね!!!
(ゴールドエクスペリエンスレクイエム)

・友達の結婚
登場人物全員糞

・死の円環ゲーム
良質なホラーといった感じ。ギャル字がリアル。
t

tの感想・評価

4.5
3本とも映画的趣向を凝らした傑作だと思う。鏡から始まる『義母の家』、無駄ない編集と妊娠を待つ夫婦で一気に映画の世界に。クレーン、階段は嬉しい。『友達の家』は結末は読めるもののそれを上回る3段構成な脚本・被写体の顔で魅せる。『死の円環』は霊や異物そのものが現れずとも心霊ビデオが成立すると言う点で画期的だと思ったしもはや美しい円環。あそこで自ら手を動かす感動。『邪教』も彷彿とさせる。
G

Gの感想・評価

3.5
「義母の家」いきなりのあれでびっくりした!
「友達の家」撮影者がゲス話を喋ってる時は斉藤Kみたいな喋りだな(内容も)。セクシャリティの扱いが雑過ぎて引く。
「死の円環」岡田さんにこれ見て欲しいって言われて何かと思ったら。戦慄怪奇ファイルシリーズへのオマージュを闇動画から捧げるの輪が狭すぎてうけた。ロケ地もトレイの花子さんの回と同じ学校。低予算・悪条件でここまで色々やってしまうのは面白い。
「義母の家」
2階へ→人体浮遊→ベッドに落下→階段落ちという流れが素晴らしい。義母の声質も凄い。何か最初聞いたとき劇中ではなく俺の部屋の隣から聞こえたような感覚になった。

「友達の結婚」
出た!闇動画名物の浴槽芸。風呂が出てきたらこうでなくちゃ。漫★画太郎作品
における2トントラック並みの安心感。

「死の円環」
異界に立ち入ってしまった、という感覚に持っていくのが本当に上手い。
はい

はいの感想・評価

-
義母の家
死んでるくせに!死んでるくせに!が最高😭
#階段落ち

友人の結婚
洗面器に空の容器が溜まってたりする感じマジで良い…
チェーンから覗く目がぎょろついててキモくてよい…

死の円環
全員のキャラが良すぎる。特に氷川。廃墟に禁煙とかねえだろ。「禁煙だよ!ほんとだよ」声出して笑った。山田もいい「わんちゃんさ、車一回戻る?」服装がヤバい。
車の窓ガラスに撮影者の反射はゴープロだからこそだし素晴らしいです
しを

しをの感想・評価

-
一つ目はただびっくりするだけのやつ/二つ目、心霊ではないよね、電話かけてきた下りも中途半端、美術クオリティはやっぱ高い/円環たしかにすごい!ラストまでしっかり気合入ってるの感動〜
>|

あなたにおすすめの記事