逃げきれた夢の作品情報・感想・評価・動画配信

『逃げきれた夢』に投稿された感想・評価

succi

succiの感想・評価

3.2

舞台のような。
光石研ひとり芝居みたいな感じだった。
もちろん妻子や友人、教え子なんかも
出てくるけど、光石研の出ないシーンがない。
59歳とかだと若年性認知症って設定だと思うけど、本人割としっかり…

>>続きを読む
takeru

takeruの感想・評価

4.1

認知症ってのはひとつの要素に過ぎなくて、それによって今までの人生をえぐられていく、なかなか重い映画だった。
良かれと思って取ってきた言動が、時間が経ってからすごく無責任でおざなりなものだった、と気付…

>>続きを読む
ラストの末永教頭とその元教え子の平賀との対話が圧巻。シンプルな内容だが、互いの強い想いと時間が凝縮されている。

最期までなんらかの希望や夢を持ち続けること。それは何によらず大事だ。
光石さんの作品がみたくって。
なんだか寂しい感じとあったかい感じが共存してた。
最後のセリフ。染みたな〜

光石研が喋れば喋るほどその発言の意味性が失われて対話は成立せず動けば動く程空回りして虚しさが立ち昇る。この圧倒的な人生の何も無さのリアリティ。夢にまんまと逃げ切られて期待なしの現実を光石研と観客にに…

>>続きを読む
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

2.9

怖い映画だ
ただのおっさんの空回りではないんだよね
今迄の自分ではいられないのか
さむくても思った事を言ってしまう
言ったところで好転する訳でもなく
一方通行、、。
女性達の動じないようにしている様…

>>続きを読む
komori

komoriの感想・評価

3.0

んーっ終わって余韻がモヤモヤしてる…

映画の中で、坂井真紀が「あんたってそんな人だったっけ。」という台詞があったけど、まさに光石研さんこんな人だったっけ?というよりこんな演技する人だったっけ?と思…

>>続きを読む
T

Tの感想・評価

4.0

テキトーに生きていたおじさんが認知症をきっかけに人間関係を見直そうとするも、テキトーを積み重ねて生きてきたのでロクな見直しもできず、さらに周りとずれていることにも気づかない。
最後のカットが彼のどう…

>>続きを読む

あらゆる不可能性の残酷さをどこまでも厳しく丁寧に浮かび上がらせる。安易な深刻さや問題をこれみよがしに提示することなく、安易な救いや希望も描くことなく、ただひたすらに年老いた男に対する世界の残酷さを切…

>>続きを読む

主人公の心情。
一部だが感情移入してしまい
なんだか苦しかった。

やはり人に感謝されたいよね。

そして人に感謝しようと思った。

他人は変えれないが
自分は変われると
ただ、信じたい。

★沈ん…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事