宇宙怪獣ガメラの作品情報・感想・評価

「宇宙怪獣ガメラ」に投稿された感想・評価

hulu にて鑑賞。平成ガメラシリーズまで15年の長い眠りに入る前の作品。
ガメラというキャラが力を失い、この後バブル期へと向かう。80年代のサブカルチャーの勢いになんとか乗りたかったのだろう、ジャンプで人気のキンニクマン、こち亀、マガジンの銀河鉄道、宇宙戦艦ヤマトまで繰り出したけど復活することができなかった。ガメラシリーズを楽しみにしていた子供たちが大人になっちゃった。新しい子供たちは宇宙怪獣よりも、日ごろ家に居なかったお父さんの方が怖かったのだろう。ガンダムやエバに流れてしまう。

まだパソコンが一般的で無い時代。インターフェースがエレクトーンの情報機器が描かれる。主人公はエレクトーン教室に通っている。音楽教室がある主のステータスだったのだろう。

ちなみに子供の家にあるエレクトーンがC-35、正義の宇宙人の家にあるのがステージモデルのEX-2ですね。めちゃ高級!
総集編…ではなく使い回し。

全く新しいストーリーを入れて過去の戦闘シーンを切り貼りして作った、公式MADな映画。
最初30分はフルイにかけてるようなもんなので、それを越えればたぶん最後まで観れるんじゃないかな。

この映画、ガメラはむしろ横槍入れてきたような立ち位置で、なんか「勝手に戦ってる」感がスゴイ……(-_-;)
いままでは人間側も試行錯誤して攻撃してるし、(主に子供が)ガメラを応援してるから「戦友」みたいな感覚があったんだけど、今回は人間の登場が少ないのでガメラがひとりで頑張って、最後がアレ……('A`)
主要な登場人物があらかた宇宙人だしね……。

そう思うと、平成ガメラの三作目の終わりはある意味有情だったのかなぁ……
ガメラ4観たい(′・ω・`)
子供心に「スターウォーズ」のパクリだぁ。って引いたのを憶えてる。
カマ

カマの感想・評価

2.0
どの辺が宇宙怪獣なのか?とタイトルからしてな内容だった気がする。今で言う午後ロード的テレビ枠で観た記憶だけど、少年が飼ってた亀が行方不明になるだか捨てざるを得ないだかしたら宇宙海賊が怪獣(使い回し)を使って侵略、ガメラ=少年の飼ってた亀みたいな事になり侵略者に対抗みたいな話だった気がする。

それでもわくわくしながら観たし、面白かった記憶があります。
チェケ

チェケの感想・評価

1.5
ガメラ映画の低予算化ここに極まれり。総集編に低レベルなサイドストーリーを加えたつまらない作品。個々の作品を見たほうが楽しい。宇宙人三人衆の一人は後に「夜霧のハウスマヌカン」で若干ブレイクする歌手の「やや」である。
hideharu

hideharuの感想・評価

2.5
2017.11.25 DVDを鑑賞。

昭和ガメラで唯一未見だった作品でやっと見れたという感じ。
テレビ放送もタイミングが悪かったのか一度も見るチャンスが無かったと言うより放映されたことあるのかな?

映画の出来は珍品と言ったところでしょうか。悪ノリが過ぎるとも言えるし、手抜きとも思う。

まず脚本がメチャクチャ。全てが少年の夢なのか、そうでないのか適当すぎる。そしてドラマパート以外のガメラ対怪獣のシーンがすべて過去作品からの映像の流用でこの辺は新作を期待してたからガッカリだった。

宇宙海賊の戦艦のデザインが「スターウォーズ」からの丸パクリだし、あと予告編でも言及されてるけどパロディ多め。「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」とガメラの共演、少年ジャンプとのコラボもあるし、当時の流行り物を闇鍋的に放り込んでる。
公開当時の映画館の客の反応が気になるところ。ちなみに自分は愕然としました。

こんな変ちくりんな映画ですがマッハ文朱はじめ出演者は真剣に演じているのでそちらの方で笑えます。
KazukiIto

KazukiItoの感想・評価

2.2
迷作を作ろうという意気込みが感じられる。大映怪獣はどいつもこいつも可愛いぜ。
キよ4

キよ4の感想・評価

-
何回も繰り返される変身シーンが
病みつきになって笑える
ゴジラの看板ひっくり返して
大丈夫か?
ガメラが主役なのにマッハ文珠のアイドル映画なのかよ……と10分で挫折 (苦笑)。
最早マッハ文朱のスーパージャイアント的レオタードしか記憶にない。
>|