英国王のスピーチの作品情報・感想・評価・動画配信

英国王のスピーチ2010年製作の映画)

The King's Speech

上映日:2011年02月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「英国王のスピーチ」に投稿された感想・評価

世界観

世界観の感想・評価

2.5
観てよかった作品
色々なことを感じたけど、幼少期の生活の仕方って絶対大人になってからの性格とかその他諸々へ繋がっていくから本当に大事だなと思う
王族という会社ってすごい表現
日本では絶対に考えられない作風だよね、眞子さまと小室さんの話とかかなりセンセーショナルだけど映画になることは絶対ないだろうし

にしても癇癪起こしすぎでは?
ゆー

ゆーの感想・評価

3.5
誰かにとって当たり前にできることも
別の誰かにとってはとても難しいこと。

今回は吃音症の英国王のお話だったけれど

他の色んなことにも当てはまるよなと感じた。



そしてトラウマだったり、
不安だったり、

色んな心の不安定なマイナスなものは

より自身を苦しめる症状にも繋がってしまう。



誰かを信頼できること、安心できること、

全てを払拭できることは難しいけど


そういったプラス因子で人は安定した生活、心の平穏を保つことができるんだよねと思った。
ふふふと笑えながらも最後はぐっと感動させられた〜ほっこり映画( ◠‿◠ )
Victoria and Abdulを見てから、英国王室ものに興味が出て、鑑賞。
英国自らこういったテーマを扱うのがすごいというか…もし日本の宮家について扱う邦画が出たりしたら、ビビっちゃうなあ。笑
「家族ではなく、英国王室という会社だろ」という台詞。生まれながらに王族というクジを引き当てるのは、恵まれているのかどうなのか。「なぜ僕は普通の恋愛結婚を出来ないのか」眞子さまの境遇等も重ねてしまいました。


VandAと同じ、英国の属国出身の人と分け隔てなく接して、友人となり、彼らの助けを得て上手く国を統治した、という話。
絶対的な存在”王族”の弱みを効果的に映画で描くことで、親近感を持たせるねらい?と思いながら見ましたが、王族らしくあるための様々な”矯正”は弱みというか、虐待に近く。台詞にもあった通り”隷属”に近い。複雑な気持ちになりました。

ジョージ6世が言っていたように、彼らには実権がない、けれども、国を代表しないといけない。自分ではuncontrolableなことに対し、コメントしたりケツを拭いたりないといけない。
国をまとめるためには必要な立場、実権と分けることは効率の良いやり方なのだと理解できますが、なんとも言えない気持ちに…心が大きく平らでない限り、すごくストレスになると思います。

なんというか、偉そうなことを言うと、
皆さん幸せだといいなあと思ってしまいました。。
     

※この映画、本当は高校の校外学習の日に学年全員で映画館貸切という贅沢な状態で見る予定でした。が、当日寝坊して見られなかった笑。そのリベンジを9年越しに果たした
(奇しくも、3.11震災の日で、寝坊したおかげで帰宅難民にならずに済んだ…)
ichigo

ichigoの感想・評価

3.6
史実の中の人物は、人間味がないように思ってしまうが、王も人間。葛藤する姿に揺さぶられた。

映像としては、壁の使い方が素敵。
コリン・ファースの役作りの徹底具合が凄い。惜しむべくは自分がイギリス英語に馴染みが無いこと。
ガス

ガスの感想・評価

3.8
王室も大変だな〜

最後のスピーチまでの流れなんてカメラワークがすごくて英国王室の威厳が画面越しに伝わってくる
mimicot

mimicotの感想・評価

3.3
英国王にも悩みやコンプレックスがあって、人間なんだなって思った。華やかな面ではなく裏の面を描いていたのが印象的。

吃音を治すには、トレーニングと共に、信頼することや支えが大切なことなのかなって思った。ライオネル先生と奥様はとても大切な存在。

ラストのスピーチ 緊張したー
Hope3000

Hope3000の感想・評価

5.0
過去鑑賞

コリン・ファースの名演技!
『ハリー・ポッター』、『アリス・イン・ワンダーランド』などのヘレナ・ボナム=カーター、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジェフリー・ラッシュも出演(^^)
カー

カーの感想・評価

4.1
ザ・良い映画。悪役が出てこないとこんなにもスッキリと映画って観れるんだな〜。
>|

似ている作品