ブリキの太鼓の作品情報・感想・評価

「ブリキの太鼓」に投稿された感想・評価

めだか

めだかの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

オスカル役の子が凄まじいです…!終始、目を塞ぎたくなるようなシーンの連続。自ら成長を止めたオスカルが、大人にならなくては…!とまた成長していくところは何ともいえない気持ちになりました。
子役がすごい!ものすごい!
今まで一番すごい子役です!

1979年カンヌ国際映画祭パルムドール。
1979年アカデミー賞外国語映画賞。


醜い大人たちの姿を見て、
3歳で成長することをやめ、
悲鳴をあげると
ガラスを割ることができる能力を
身に付けた少年オスカルの視点から
第二次世界大戦へ突入していく、
ドイツ、ポーランドを追った作品。


オスカルを演じた
当時11歳の子役、ダーヴィット・ベネントの演技が
凄くて驚きました。

3歳で成長を止め、その後は姿は変わらず
年齢だけを重ねていくので、
心は少しずつ大人になっていきます。
こんな難しい役を
違和感なく演じたこの少年は、
私が今まで見た子役の中では、
一番すごいです。

キスシーンや、ベッドシーンもあります。
裸の女性の陰部に顔を埋めるシーンもあります。

家の手伝いにやってきたマリアと交わる時の
あの妖艶な目つきは
とても11歳の演技には思えません。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下ネタバレ含みます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー



オスカルの
母親は従兄と不倫し、自責の念から自殺。
自分の父親かもしれぬその従兄は、
ポーランド郵便局襲撃事件で、射殺される。

ブリキの太鼓を叩くオスカル。


その後息子・クルトが生まれるが、
マリアは自分の父親とも関係していた。
失望したオスカルは家出し、
ベプラのサーカス団で前線を慰問。

サーカス団で恋をし、
幸せな日々を送るが、
そこへ連合軍の侵攻があり、
恋人は死んでしまう。


“君の年齢すらきけなかった”


またしても死の臭いが漂い始める。
オスカルは太鼓を叩き続ける。

ダンツィヒへ戻るが、
ドイツ敗戦前夜に父親が殺される。

父親の墓で
再び成長することを決意したオスカルは
ブリキの太鼓を捨てる。
そこへクルトが投げた石がぶつかり、
オスカルは意識不明に。

意識不明のまま成長を再開し、
オスカルはじゃがいも畑を運ばれていく。



見事なストーリーです。
激動の時代を生きた、
奇妙で純粋な少年の戦争。


製作:1979年(西独、仏、ポーランド)
監督:フォルカー・シュレンドルフ
出演:ダーヴィット・ベネント
ゆかし

ゆかしの感想・評価

3.3
映画の中に何度も出てくる「アーーーーーーーーーーーーー!!」というオスカルの甲高い叫び声の衝撃波が強すぎて、いつの間にか親に部屋の窓を全て閉められていた……気持ちはわかる。
観ていて何とも言えない気持ちになった。
原作を読んだことがあるが、かなり忠実に映画化されている。
ただ、映像の力はものすごく、相当な衝撃を受けた。しばらくオスカルが夢に出てきたほどに。
今だったら、コンプライアンス的に映画化は難しいだろうが、当時はぎりぎりセーフだったのだろうか。問題作であると同時に傑作だと思う。
昔同じタイトルのレコードが姉のレコードコレクションにあった。イギリスのJAPANという短命バンドのアルバムで調べてみるとどうやらこの映画からインスパイアされて付けたタイトルらしい。知らなかった。少年に太鼓を叩けという歌詞がラストナンバーに使われているとのことで確認するとホントにそう歌っていた。このアルバムが一風変わってるのはこの映画の影響なのか…

とにかく変テコな映画。ギュンター・グラスというノーベル文学賞受賞作家の原作。彼はこの映画の舞台ダンツィヒ(現ポーランド)で商売をしているドイツ人の父とカシュバイ人の母との間に生まれドイツとポーランドなど様々な民族の間で育った。この事は映画でも重なる要所であり、特異な能力を持つ主人公オスカル少年(顔が怖い…)のクレイジーで常軌を逸した成長過程の礎になる。加えて大人の負の側面や男にだらしない母の女の部分を知ったオスカルは3歳にして自ら策略し階段から落ちて成長を止めてしまう…。

大人に対する抵抗として、肌身離さず太鼓を抱え3歳の身体のまま成長するオスカルだけれど成長を止めた策略は果たして彼にとって正解だったのか。少なくとも恋愛については通常の成長のままで良かったのではと思うほど不気味で公開当時物議を醸したのも納得。オスカル自身や弟クルトの出生の不確実さ、ナチス台頭による社会の不安定さは物語に引き込む格好のスパイスにも感じられた。インパクト大の異色作品で生涯忘れる事はないでしょうね。
他の子供の中に混じってても一人だけ目がなんか違うし怖いって思ってたら本当に成長止まってた子役使ってるらしい。
叫び声とか言動とかがほんと神経にさわる感じでよくあんな演技できるな…。
観終わった後、なんとも言えない後味。
雪ん子

雪ん子の感想・評価

2.4
映画全体に漂う暗い雰囲気。
設定は独特で嫌いじゃけど、
個人的には魚の生臭さを感じてしまう。
TAXSEA

TAXSEAの感想・評価

4.0
長さが全く気にならず、サラッと観られるのに印象強いシーンがたくさん。
ラストもなんとも言えないあの感じ、嫌いじゃない。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.0
個人敵に思い出がある作品です。なぜか自分の兄貴とこの映画を一緒に見て、あるセリフが凄い印象に残ってた。1979年アカデミー賞外国語受賞の作品。今観ても不思議と思うこの作品。ギュンター・グラス原作の小説で映画化された。主人公のオスカルは生まれから成人の知能を持ち3歳の時自分はそれ以上成長しないということに成功して、人生を3歳の体で歩む。本当に不思議で癖ある映画と思いますが、今観ても面白く感じる。現在ならミニシアター系とも言われるこの作品、見る価値あるよ。
たけ

たけの感想・評価

3.7
自らの意思で成長を止めたオスカル。
奇怪な言動に巻き込まれる周囲。きつい。性的シーンもきっつい。
>|