ラストキング・オブ・スコットランドの作品情報・感想・評価・動画配信

「ラストキング・オブ・スコットランド」に投稿された感想・評価

Yotta

Yottaの感想・評価

4.1
英雄が独裁者になっていく過程を若い主治医の目線から描いた作品

軽い気持ちで地球儀回して指差した国に医師として行く、若手医師のマカヴォイが独裁者に気に入られて大変な事に巻き込まれる話なんだけど、すっごい面白かった…

実在した人物の話を元にして、架空の人物目線でお話が進んでいく脚本がとてもいい…
独裁者の気持ちなんてわからなかったけど、不安や怒りなどその人物を側近の立場から見るとその異常さがわかって恐ろしかった

あと、主演のフォレスト・ウィテカーは迫力のある演技で圧倒された…
常にニコニコしてるんだけど、なんか怖い…それに本心が見えない…凄いね…語彙力が追いつかないや…😇

ちなみに、最初の1時間は可愛くて、ちょっとチャラくて、無邪気に現地の子たちとサッカーするマカヴォイ青年が見れるので非常におすすめ…
にこっとハニカムマカヴォイ見て🥺

後半はグロ注意ですが是非
p

pの感想・評価

3.2
マカボ美しい…せっかく架空の人物が主人公なのでもう少しアミン大統領にフォーカスしてほしかった
sT416

sT416の感想・評価

3.0
マカヴォイにイライラする映画かな。
自業自得って、こういう人をいうのね。
ぱぷぽ

ぱぷぽの感想・評価

3.5
『ホテルルワンダ』や『ホテルムンバイ』何かを観る度に、所謂先進国以外の事件や出来事に、自分がどれだけ疎くて無関心なんだと毎回嫌になります。
アフリカのウガンダにこんな大統領がいて、大量虐殺が行われていた事なんて全く知らなかったです。
無知は罪ですね。

知ったところで「テレビを観ながら『こわいね』って言うだけだ」になってしまうのも情けないです。

ジェームズ・マカヴォイ目当てで観ましたが、浅はかで考えなしのクソ野郎過ぎ困った。
このキャラは創作らしいのですが、何故ここまでくそ人間にした!?アミン大統領霞むじゃん。
進撃の巨人のロッドレイス巨人くらい地面に顔擦り付けて大統領夫人に謝罪して欲しい。
少し考えれば分かるだろう。

実際にいた人の話なので内容をザックリ確認して観始めたのですが「これは感動する方の話しか??辛い方の話しか??」って考えて観始めたら明らかに不穏な空気を纏ったフォレスト・ウィテカーが凄かった。
こちらもマカヴォイに負けず劣らず浅はかで身勝手、その上小心者と言うのが事故のシーンまでで手に取るように分かる素晴らしい演技!!
『スモーク』の片手の人か。いい役者さんって感じであっぱれ。
一人旅

一人旅の感想・評価

5.0
フォレスト・ウィテカーって個人的には名脇役というイメージが強かったけど、この作品での彼の演技は凄まじく、アカデミー賞主演男優賞を受賞した。割と優しい顔立ちだけど、今作では完璧に独裁者アミンになりきっていて恐怖すら感じた。独裁者は所詮独裁者。保身のためなら邪魔な人間は抹殺する。アミンの在任中、実に30万もの国民が殺されたそうだ。スコットランドから訪れた青年医師(ジェームズ・マカヴォイ)への優しい態度も最初だけ。徐々に本性を表し、彼の逃げ場をなくし追い詰めていく。一人の人間に権力が集中すると碌なことが起きないし、結局、そういった体制は長続きしない。未だ独裁体制を敷いている国々はいずれ崩壊してしまうに違いない。
2022-168

クーデターで政権が変わった時の盛り上がりに対して前も同じだったとサラが言った時に信じていなかったニコラスもその中心で人の変わり様を見れば怖くもなる
アミンが独裁者になっていくまでの変化に恐怖を感じる
グロいばかりの作品ではないからこそ、R15の振り切りが結構やばいなって感じた
フォレスト・ウィテカーがとにかく凄い、この年の総なめに納得
tnn

tnnの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

映画をたくさん見る週末の〆。

エンデべ空港事件の裏であんな事態が起きていてもおかしくないと思わせるよくできた映画。
早く早く可能な限り早く直ちに今すぐ離陸せんかいっ!!と画面に向かって大声出しそうになる映画第2位でもあります。(1位は依然として「アルゴ」かなあ…)

アミン政権の異常さはさておき、こう言ってはなんだけど、青年医師の意志薄弱さと性癖(人妻好き?)がすべての元凶じゃないかと思ってしまった。

アミンの演説を見に行かずに村の診療所で実直に働いていれば…。
いやそれはそれで別の男女問題が起きるに違いないのだけど、胸筋にあんな痛いよ痛いよ痛いよな傷は負わずに済んだだろうし、ウガンダ人の医師も殺されず、アミン夫人もご存命かと。

はー。ぐったりサンデー。
saruwatari

saruwatariの感想・評価

4.0
アミン大統領の名前や怖い人だったというのも少しは知ってましたがこれほどとは。
フォレスト・ウィテカーさん好きな俳優さんですが本作ではもう怖い怖い。オスカーとるのも納得の演技でした。
本作は架空のスコットランド人医師の青年が体験した話として描かれてますが、実際もこんな感じだったかそれ以上の事をしていたのでは?と思います。
でも切なくもなりました。元々は臆病で誰も信じられないから狂気に走る感じが強くて、大統領になって権力を持っても心休まる時がなかったのではと・・
ラストの飛行機を見つめている顔がなんとも言えない哀愁を漂わせていて良かった。彼はあの時何を思ってたんでしょうね・・
それでも亡命して結構長生きしていた事にびっくりしました。

また主人公のマカヴォイ君も良い演技でした。
人妻大好きすぎて寝取って妊娠させたり本当にクズすぎましたが、自分の身が危ないと分かるまで何も考えず適当に生きてる感じがとても良かった。
また彼は本当に目が綺麗でクズな役でも素敵でした。
怖かったけどとても見応えのある作品で満足出来ました。
ばく

ばくの感想・評価

4.1
アミンの明るさとその裏にある残虐さを表現したフォレスト・ウィテカーのオスカーには納得。

映画見て、ウガンダではスワヒリ語が軍の公用語やったなあと。
カンパラはあんまりいい思い出ない。
torakkichi

torakkichiの感想・評価

3.8
アミン大統領、怖すぎる。

みんなに歓迎されての登場だったし良いこと言いまくってたけど、権力に固執する独裁者って最初はそんなもんよね。

ニコラスも…途中まで不勉強でいけすかない勘違い野郎だなと思っていたけど、そんなこと忘れるほどに痛い目に遭うので許してやる。

えげつないシーンは二ヶ所で、それも結構なレベル…そうかだからR-15なのか…。

歴史モノっぽいのにこのレーティング…アミン大統領を扱っているからかな、なんて思ってたけど納得してしまった。

しかし、ま、フォレスト・ウィテカーの凄さを改めて堪能できただけでなく、久しぶりにジリアン見れて嬉しかった。
>|

あなたにおすすめの記事