武士の献立の作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

武士の献立2013年製作の映画)

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:121分

3.3

あらすじ

「武士の献立」に投稿された感想・評価

ハッピーエンドが良かった。
私に問題があるのだけど歴史に疎いので内容がわからなくなった。。。
加賀藩(いまの石川県)で殿様とその家族の食事をつくる侍(台所方)に焦点を当てた作品。刀の代わりに包丁を持つことから包丁侍とも揶揄されるそうな。はじめは料理に身が入らなかった主人公・舟木安信も嫁いできた春との特訓を通して、料理に対して真剣に取り組むようになる、と。
料理の中にも武士道を感じられる点はとても良いと思いました。しかし、包丁侍ならではといった部分に欠け、他の武士道を描いた時代物と同じような印象を受けてしまいます。藩政をめぐる保守派、改革派の闘争の絡みでも、安信の心は(包丁ではなく)刀を持つ武士としての道を向いており、成り行きで饗応の宴に挑んだ格好になっているのがなんとも。主人公の心情の変化、台所方としての覚悟をする過程をもっと濃密に描いてほしかったです。
タイトルの内容にギャップを感じました。内容は面白いですが献立と銘打つ程料理にクローズアップされてないし、いっそ加賀、包丁侍の方がよかったかなw
高良健吾の話し方?演技が抑揚が少なくて棒読みのように感じた。

さざなみのような映画で淡々としていたけど2時間と長いのでのんびり見れるかな、、、、、、日曜の昼にだらだらと流しておきたい感じ。

味噌汁みたいなあたたかさがよかったです。
KJ

KJの感想・評価

4.0
「やっぱり上戸彩だね」と思って良かった!
包丁侍の話、面白かった。
エンディングの歌は、え?って思ったけど、CHARA好きだから、まっいっか(笑
 着物の上戸彩めっちゃかわいい。
侍がお料理するってことを知れた。加賀料理食べたくなった
かつら

かつらの感想・評価

4.1
好いてもない相手と結婚をし紆余曲折の末
本当に自分にとって大切な相手は誰なのかと、よくあるストーリー。

武士は刀だけではない、
では武士とはなんなのか、というその紆余曲折の部分がおもしろくてよくあるストーリーがとっても映えてた。
上戸彩かわいい。
西田敏行は悪い役と病弱な役が多くてちょっとふふってなった。
manaaaax

manaaaaxの感想・評価

3.0
丁寧な料理は見ていて飽きないけど、食べると後戻りできないからちょっと怖い。もちろん食べずにはいられないけど。
大人になり良い意味でも悪い意味でも食に対してわがままになってしまった人→( ´ ▽ ` )ノ私

魚の皮ひきは勉強になった。
あと、上戸彩は和服が似合う👘
こばこ

こばこの感想・評価

3.5
「戦場のコックたち」を読んだ時も思ったけど、もう少し「献立」要素が欲しかったかも
よピ

よピの感想・評価

2.7
なんだろ、ストーリーがとっちらかってる感じやね
誰の何に焦点を当ててるのかちょっとよくわからなかった

あなたにおすすめの記事